◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< October 2016 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  よぴちは亡くなりました。  ○●○
     よぴちの夫、茶戌です。

    よぴちは、12月14日午前2時3分、永眠いたしました。
    私と娘のちん、よぴちの母の3人で最期を看取りました。
    苦しい表情は見せず、眠るように静かに息を引き取りました。

    今日、荼毘に付されました。
    棺には、大好きなギターを入れました。
    普通のギターは入らないのでギタレレを、燃え残る弦と糸巻きの金属部分を外して入れました。
    だから、あっちでもギター弾いて歌ってくれることと思います。

    これまでよぴちのブログをご覧いただき、励ましのメッセージを送っていただいた皆さま、
    皆さまのメッセージは、よぴちの大きな力になっていたと思います。
    これまで、本当にありがとうございました。

    0
      | - | 22:36 | comments(23) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  明日檜(あすなろ):さだまさし  ○●○
      うつろひいつの間にか 各地 紅葉の便り
      私も 近場でいいから 紅葉狩りに行きたいですが…
      遠くから見る紅葉も、近くで1枚1枚のグラデーションを見るのも、どちらも好きです
      桜のあとなど 香りまで 落ち着きます


      このブログ、あまりに更新をしないために
      広告が出るようになってしまってました
      分かってはいましたが
      最低限の家事で精一杯で その他の時間は ほとんど横になっていないと 自宅での療養が難しくなってきていることや
      病状について書くならば
      ものすごく長くなりそうなこと
      当然 いい話には なりそうもないこと
      このブログは、病気ではない方、私を直接 ご存知の方も閲覧下さっているので
      ネット上で公開するには はばかられるようなこともあること などから
      ついつい 更新しそびれていました

      でも、前の記事にも書かせていただきましたが
      このブログの更新で 私の安否を確認下さっている お心ある方々に
      なんとか 生きていることを伝えたい気持ちもあって…

      今は、2週間ごとのCART(腹水を抜いて、抜いた腹水を濃縮ろ過して静脈に戻す)を継続中ですが
      病状は少しずつ悪化していて
      いよいよ腎機能も かなり悪くなって来ました
      保険適用の都合上、CARTは2週間毎にしか出来ないので
      昨日は 急きょ 1日入院して 腹水を抜いて 他人様のアルブミンを頂いて来ました
      (これなら保険適用するのです)
      それでも 腹水の増加が著しくなっているので 追い付きませんが、少しは楽になります

      吐き気や だるさ などは、インターフェロン時代からあるので もう慣れてますが
      今、1番困っているのは 筋肉の攣りが 酷いことです
      痛みだけは 耐えられません
      1日に延べ何時間も悶絶していると
      本当に 疲れきってしまうし
      毎夜のように 一晩中続いて 眠れないのもキツイです
      最近は トラウマになっていて 夜、寝ること自体、怖くなってしまいました
      やはり、日中の 筋肉の疲労が影響するので、最近は車椅子を買いましたが
      車椅子は15kgあって、自分で 外に出したり 始末することが出来ず(そんなことをしている間にも 攣ってしまうのです)
      結果的に 茶戌がいる休日にしか 使えないのが現状です
      調理や 洗濯も 手の攣りと闘いながら…
      しばらく立っているだけで 身体が固まってしまうので これまでの何倍もの体力と時間が かかります

      春頃から 急激に 病状が悪化して
      正直、毎日 「必死で駆け抜けた」感があって
      本当に 今年は あっという間に ここまで来た感じがします
      「こんな毎日なら 続くのも それなりの苦しみに過ぎないなあ」と、何度も思いますが
      でも やっぱり 例えば 来年、また この時季を迎えることが出来ていたなら おそらく その時、「去年の今頃は まだマシだったのにな」って思うんだろうな、と…


      今日 チョイスしたのは さださんの曲の中でも 特に暗い曲
      だけど、私は これまでの人生で
      つらいときに 所謂「元気ソング」や「説教ソング」を聞いて 元気になれたこともないし
      そういう習慣もない人間です
      こんな発言をすると いろんな方から お叱りの声をいただくでしょうね
      でも
      もう あと 私の人生、どれだけ残されているのか分からないのに
      今さら 世間様に 媚びへつらうなんて もう やめた!
      私は、悲しいときは 悲しいうたで
      自分の気持ちを昇華させてきた人間です
      悲しいうたに 自分の こころを乗せて
      泣きたければ泣きながら
      そうして 「悲しさを忘れながら」時間を積み上げていくうち
      楽しいこともある毎日に なって
      それが、人生の形になってきたと思う

      最近は 悲しいうたが あまり歓迎されないみたいだし
      ヘタすると 悲しむこと自体 悪のような雰囲気を 世の中から感じるけれど…
      だから 私も
      人前では あまりに悲しいうたや 暗いと言われるうたは 歌わないようにしていますが
      私が こころから うたを必要とするとき
      …それは 悲しい時が多いです
      別に 人に聞いてほしい訳ではないし
      だから私は リビングで ひとりでうたう時間が1番幸せなのかもしれないですね
      これは 前々から思っていたことなのですが
      今、ストンと 腹に落ちました(笑)


      若い頃は むしろ「あすなろ」という木に憧れた私ですが
      今は やっぱり 「あすなろ」がつらいです
      おそらく もう 私は 檜にはなれないと
      答えが見えてしまっているからでしょう


      ご心配を おかけして申し訳ありません
      そして
      祈っていて下さる、気にかけて下さっているだけでも こころから 感謝します
      けれど
      もし コメントなどに すぐに お返事出来なかったら ごめんなさい





      今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…


      ←いつもありがとうございます
       よろしければクリックお願いいたします


                               明日檜 → 



      JUGEMテーマ:音楽
      JUGEMテーマ:70年代・80年代
      JUGEMテーマ:がん全般








      0
        | さだまさし | 02:50 | comments(18) | trackbacks(0) |- pookmark
        ○●○  嵐の季節:甲斐バンド  ○●○
        誘惑梅雨らしい梅雨も感じないまま迎えた今年の夏でしたが
        その夏も いつの間に 通りすぎて行くようです
        お盆の頃、いわし雲を見て 「まさか」という気持ちでしたが、それから確かに暑さが和らいで来ました
        少しは過ごしやすくなるというのに
        やっぱり 止められない この さみしさは なんなんでしょうね…

        どうしても 更新が滞ってしまう
        1番は PCに向かう時間自体が減ったこと
        でも それと同じくらい、いや もしかすると それ以上に
        気持ちが塞ぎがちで、病状の先行きのことばかり気になって
        …それも 大抵 明るい材料は見えて来ず
        同じような愚痴ばかり ここに書き並べるのが 憚られるからです

        ここを覗いて下さる方には
        私の更新で なんとか元気にやってることを確認下さってる方もあって
        そんな ありがたい方々に 本当に申し訳なく思います


        正直、1日のうちの5分の4くらいは 暗い気持ちで過ごしてる気がしますが
        時には ネガティブなことから離れて 楽しく過ごすことが出来る時間もあります
        先日は、どうにも出勤せねばならない仕事も入り、2回、久しぶりに出勤もしました
        (やっぱり かなり疲れたので、正直、もう あんまり行きたくないですが…(^^;))
        そういう、少しはポジティブになれる時をねらって、お盆休みに、Takamineの弦と、昨年の金沢・ばんけん でのクリスマスパーティーで 茶戌がビンゴで当てて マスターのばんけんさんから 戴いた、Headwayのエレガットに、新しい弦を張り替えました
        Takamineは昨年の入院以降、1度も交換してなかったし、ばんけんさんに戴いたHeadwayは、戴いた時のままだったのです
        結局、どちらのギターも それ以降、1〜2回しか弾くことが出来ていませんが、
        そうやって 少しでも 楽しく過ごすことを投げ出さないようにしたいと思います

        それにしても、冬にHeadwayがもらえると分かっていたら、秋にYAMAHAのエレガットは買わなかったのにな…(^^;)
        ばんけんさんは「こんなの、おもちゃだから」と おっしゃるけれど、なかなかいい音なのです
        もちろん、YAMAHAの私のやつの方が、総じて上だと思いますが、私程度の腕、使用頻度を考えると、YAMAHA、高かった(>_<)
        「今後、何回ステージの日の目を見ることが出来るか、もしかしたら、もう なかったりして」…なんて
        ほらまた、ネガティブな思考をしてる…


        治療は、相変わらず隔週、日曜日に入院して、月曜日にCART、ひと晩 経過を見て、火曜日に退院、その翌週は、火曜日に血液内科や、必要に応じて口腔外科や胃カメラなどを受診、そして その時に、アルブミンを点滴する、というルーチンになっています
        CARTをやり始めた当初は、「まずは強制的にでも腹水を抜けば、食べられるようになって栄養状態も改善するだろうし、圧迫が解けて腎機能も回復するのではないか、そうすれば、そのうち、また利尿剤だけで腹水をコントロール出来るようになるかもしれない」と、期待していました
        これで6回のCARTを経て、現状維持がやっと、今のところ、このルーチンからの脱出は見えて来ていません

        腎機能も思うほど回復せず、一時期、クレアチニン値が1.5前後になって喜んだのも束の間、今はまた、2以上に戻ってしまっています(正常値は0.8以下)
        それでは腹水の貯留に より拍車がかかるし、その腹水の貯留によって 腎機能がますます悪化する、という悪循環…
        栄養状態の指標となる血中アルブミン値も、相変わらず2.7〜2.8から上がりません(正常値は3.6以上)
        毎回、腹水は5リットル抜き、700〜800mlくらいに濃縮した自分の腹水を戻していますが、2週間後には、しっかり元に戻っているんですよね…

        でも、なんとか こうして家で生きていけるなら、それでもいい
        願わくば、このCART治療さえ出来なくなる日が来ないこと…
        こうして 生きていけるなら、なんとか その中で楽しみを見つけてやっていけるから
        せめて 今日と同じ明日を 明日も迎えたいのです


        そして 先日、ちんが24歳の誕生日を迎え、私は今年も、会えないまでも お祝いの言葉を言えたことも ありがたかった
        前日の23:50あたりから 何やら モソモソしていた茶戌、
        茶戌はスマホを打つのが そんなに得意ではないので、ちょっと前から準備していたようです
        0:00になった瞬間、送信してました(LINEの3人の会話上でのことなので、私のところにも届くのです)
        普段、良くも悪くも細かいことには気が付かない茶戌なのに、ちんのことになると…と思って、笑ってしまいました(^m^)


        お腹が大きいことで(正直、ちんが入っていた時より大きいです(笑))、いろいろ不便や キツさはありますが、それと同じくらい、自分のその姿を他人様に見られるのが嫌でした
        どう見ても異様だし、いちいち言い訳するわけにもいかないし、外に出ている時は 一応 普通のフリをしているだけに、お腹が気になって仕方なかった
        でも、とうとう マタニティ用のズボンを買い、なるべく お腹が目立たない格好しかしないことに慣れて来ました
        他にも いろんなことで、最近は 自分を甘やかしています
        どうしても 家族や周りの方々に ご迷惑をおかけすることはあってしまうけれど
        なんとか赦してもらえる範囲の中で
        「正しい生き方」や、「自分の中では理想の生き方」なんてものから離れて
        …それは私の場合、実際、ただの変なこだわりの場合も多かったし
        もう、そういう 自分が無駄に苦しいことをするのはやめよう、と思っています
        たとえば 人間関係においても…
        たとえば 家事や、社会の中での自分の在り様についても…
        以前の私は、苦手な人や物にこそ、ぶつかっていかなければならない気がしてた
        そういうの、もう やめよう、そんな体力ないし、って
        …それは、私が 私の中の理想をあきらめたり、譲ったりすることに他ならず、
        そういう感情との闘いではあるけれど、
        少しずつ、割り切るのが上手になって来てる気がします
        理想の自分と、本来の自分がかけ離れすぎてるから(本来は、ホントに並外れたダメダメ・グータラ・性悪人間なんですよね(^^;))

        …そうして 少しずつ 楽になって来ています(^^)v



        神さまは、私のダメダメっぷりの言い訳を作って下さって
        やっぱり、これは お恵みなんだなあ…



        さて、今日 チョイスしたのは 再掲になりますが 甲斐バンド「嵐の季節」

        向かうだけが能ではない、
        じっとコートの襟を立てて この風をやり過ごして行きたいです

        応援下さる 皆さま、家族、友達、
        …すべての方々に感謝しながら…





        今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…


        ←いつもありがとうございます
         よろしければクリックお願いいたします


                                 嵐の季節 → 

        JUGEMテーマ:70年代・80年代
        JUGEMテーマ:音楽
        JUGEMテーマ:がん全般
        0
          | 甲斐バンド | 20:38 | comments(15) | trackbacks(0) |- pookmark
          ○●○  カウント10:竹原ピストル(再掲)  ○●○
          SKIP ON THE POEMなかなか梅雨入り宣言が なかった福井、梅雨に入って 少しは雨降りの日もありましたが、ほとんどは 曇り程度、ここ数日は 梅雨も明けたかと思うほどの暑さです
          なかなか外に出れない状況ですが、家の中にも夏の匂いを感じて、今年も 迎えられたことに どこか不思議な気持ちさえ抱いています


          また 更新が滞ってしまいました
          当然、病状の経過報告になってしまいますが、それさえ
          一体 どこまで綴って どこからが新しいことなのかも 分からなくなって来ています

          更新しなきゃ、と思いながら
          最近、同病の仲間が 相次いで逝ってしまい
          正直 次は私のような気がして 力が湧かない日々を過ごすことが多くなっています


          あれから
          勇気を出して 血液内科主治医に「CARTを受けることを考えたいので、消化器科主治医に回して欲しい」と告げました
          消化器科主治医は、「正直、CART以外の方法で 何か、と言われても悩むほどの状態」だと おっしゃって、即、「CART、やってみるか!」と 引き受けて下さいました

          2週間に1度しか保険適用しないので、2週間ごとに これで3回、CARTを受けました
          他に障害がない人なら、腹水全部 抜くことも可能なのですが、私は静脈瘤を抱えているため、破裂のおそれがあり、1度にたくさん抜くのは危険とのこと、腹水は10リットル以上あると見なされていますが、1回目は3リットル、2回目は4リットル、そして昨日3回目は5リットル近く抜きました

          まあ、それでも2週間後には9割近く戻ってしまいます
          …が、体重にして わずか1kg分でも やるたびに目減りしてはいるので、可能な限り 積み上げて行きたいと思っています

          最初のCARTの直前には、腹水による圧迫のためか 腎不全状態に陥ってしまい、腎臓内科を受診、腎臓内科主治医からは 腹膜透析を勧められたりもしました
          この時点で、腎機能検査値のクレアチニン値は2.99、腎不全かどうかの目安にするGFR値は14でした
          私も 精神的に追いつめられていたので、腹膜透析で生き延びる方法がある、という話は 大いに希望の素になりましたが、まずはCARTで 様子を見て、最後の手段として腹膜透析を考えたい、と言いました

          また、この時の腎臓内科受診によって、私も ずっと気になっていた 降圧剤を、腎臓内科主治医が止めて下さったので(もともと血圧が高くなった時点で、血液内科主治医が降圧剤を出していた、その後、静脈瘤破裂を予防するため、消化器科主治医がβブロッカーを出していた、しかしβブロッカーにも強力な降圧作用があるので、この時点で 以前から使っていた降圧剤は要らないんじゃないか、と思っていたのです、最近では血圧の 上が80を切る状態で、腎臓内科主治医が見かねて止めてくれたのです)、それも いい方向に作用したと思います

          結果、少しずつですが 腎機能は回復して来ています
          やはり、腹水による圧迫が 腎機能低下の ほぼ 全ての原因だったのだと思います

          それでも まだ正常値には ほど遠いし(現在 クレアチニン値は1.4前後、正常値は0.8以下です)
          CARTしても 2週間後には お腹はパンパン、もっと言うと、数リットル抜いたくらいでは そもそもの お腹の大きさも あまり変化はなく、
          CARTは 2泊3日の入院で 実施していますが、退院時に 次回の入院予約のために窓口へ行くと 相変わらず「産科ですね」と言われてしまう始末…

          栄養状態をみる、血中のアルブミン値(現在 2.7前後、正常値は3.6以上)や 総タンパクの値(現在 5.3前後、正常値は6.7以上)も どんどん低くなり、コレステロールは100を切っています
          確かに お腹が張りすぎて 食べれない、ということは あるのですが
          それにしても 栄養状態が悪すぎる
          実際、お腹以外はガリガリになってしまいました

          …そんなことを考えていくと、「やっぱり これは 肝硬変末期症状なのかなあ」と
          先に 希望を持つことが出来なくなってしまうのですが
          そう考え始めると この1分、1秒を生きるのもつらくなるので
          「きっと どうにかなる」と 出来るだけ自分に言い聞かせ、
          やっぱり そんなふうには考えられない時は 何も考えないように しています


          私は この曲の ピストルさんのように強くは 今は なれてないけれど
          …カウント10さえも 神さまに お任せするしかない気持ちだったりするけれど
          だけど
          投げ出すことだけは しないように頑張ります
          出来るだけ高カロリーの物を食べるようにしているし
          最低限の家事の他は 出来るだけ 横になって 血液を内蔵に送りやすいようにしています
          甘い物は あまり好きではないけれど
          今は スニッカーズなんかを食べたり、シリアルを利用したり、時にはバターをかじったりもしています
          なにせ、量を わずかしか食べられないので、僅かな量でも栄養分のとれるものを選ばないと…
          今の私に出来ることは それくらいだけれど
          それでも それを続けるしかない

          消化器科主治医も そろそろ CARTに限界を感じているのか、今回も 2週間後の予約に あまり積極的ではなかったけれど
          どんな患者だと思われてもいい、私は 自分が信じた治療を、効果や 経済的事情によって 自分で「止めよう」と納得するまでは続けたいと思っています


          こんな中、救いは 白血病自体は落ち着いているということ、
          なので、少しでも肝臓の負担を減らすべく、抗ガン剤の減量をお願いしたら、今回は 血液内科主治医もOKして下さいました
          現在、抗ガン剤グリベックは、1日6錠から4錠に減量しています
          血液内科主治医の中にも、インターフェロンの時のことが 多少は 苦い思いとして あるのかもしれません


          また、舌ガンも、月に1度の検診は、今のところ 異常なしで 終わっています


          すべては 賭け、そして
          まだまだ 時間がかかると思うけれど
          きっと すべてが
          いい方向に 向かい始めてる、と信じて…


          なかなか更新もしない こんなブログを覗いて下さる皆さま
          本当に ほんとうに 感謝しています
          いつも「がんばる」とか、そんな前向きな言葉ばかりは 並べられないかもしれないけれど
          皆さまの お気持ちだけは 受け止めています
          ありがとうございます(T_T)




          今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…


          ←いつもありがとうございます
           よろしければクリックお願いいたします


                                   カウント10 → 



          JUGEMテーマ:音楽
          JUGEMテーマ:がん全般
          0
            | 竹原ピストル | 16:36 | comments(12) | trackbacks(0) |- pookmark
            ○●○  帰り道:泉谷しげる  ○●○
            帰り道各地で梅雨入りの声が聞かれるようになりました
            福井も 梅雨入り宣言は まだのように思うのですが(相変わらず世間の情報に疎い(>_<))、5月のように晴れの日は少なくなって来ました
            洗濯物の乾きが悪くて困ります
            でも、ちんが京都にいた頃、ちんとお揃いで買った変わり紫陽花が今年も花を咲かせてくれたし、入院で枯らしてしまわないか不安の中、思い切って買ったクチナシの蕾も膨らんできました(^^)

            もう少し元気が あった頃は
            朝 さわやかに晴れていると それだけでテンションが上がったものでしたが
            最近は 天気が良くても どうせ抗ガン剤を飲んだら 外出する気にもなれない毎日、
            朝、シトシトと 静かな雨音が聞こえたりすると なんとなく落ち着いたりするようになりました

            今日も 病状報告が中心になると思います
            すみません


            状況は相変わらずです
            アルブミンの点滴を 週2回に増やしましたが 一向に体重は下がらず
            お腹と脚はパンパンのままです
            立ったり座ったりも大変ですが 1番厄介なのは 下に落ちた物を拾ったり 床を拭いたりすること
            10年くらい前、徐々に肝硬変の症状が出て来た頃から しゃがめなくなっていましたが
            今は 身体を折ることもキツくなっています

            抗ガン剤や利尿剤、その他 いろんなことが重なって 腎機能が低下してきていますが
            そのためか 貧血に拍車がかかって
            今 また ヘモグロビン値が7.5前後になってしまいました
            退院後は 今までどおり2階で寝るのは諦めて、1階で寝ていますが、ベランダに洗濯物を干すために2階へ上がると、たどり着いた頃には 1度 腰掛けて休まないと作業をする気になれないほど(>_<)
            …情けないです

            また、あまりに お腹だけが大きいので
            着る物にも困っています
            正直 マタニティしかないのですが
            ただでさえ 高額な医療費を使う中
            マタニティも 結構な お値段がするし
            今は ゆっくり買い物には歩けないし
            それより なにより
            いい齢をして マタニティ姿、というのが どうにも 妙ちくりんで
            そんなこともあって 外出が本当にイヤになってきています

            明後日は また受診ですが
            このまま 点滴を続けていても おそらく 埒はあかないでしょう
            今 使っている抗ガン剤は 副作用に胸水が見られることも少なくないので、主治医は それを恐れて、明後日は また胸部レントゲン写真も撮る予定です
            舌ガンの経過観察、点滴、すべて終えると帰りは何時になるやら…(>_<)

            いずれは 穿刺して腹水を抜き、濃縮して戻す、CARTをやるしかないんだろうな、と思います
            最近は 「やるなら早い方が 身体の負担を減らせるのかな」という思いもあって
            毎回 主治医に そのことを申し出ようか どうしようか迷います
            CARTは 1度始めると やり続けなければならなくなる可能性は大です
            でも 幸い、最近 同じ福井(といっても越前市という、福井市から少し離れた所ですが)に出来た 肝硬変仲間の女性が、私とは肝硬変に至る経緯は違えど、週に1回のCARTで、なんとか自宅で 少しは趣味なども楽しみながら過ごしておられるので、私も、腎臓病の方が透析をしながら生きていくように、CARTで やっていけたらいいなあ、と希望を持っています


            あまりにも つらいと
            何もかも 投げ出してしまいたくなったりしますが
            このブログに来て下さる皆さまや
            音楽仲間の方々が
            本当に 温かい言葉をかけて下さって
            改めて 自分の幸運さを 実感する毎日でもあります
            先日も 大阪の音楽仲間の方々が金沢に来られて、久しぶりにご一緒させて戴きましたが
            「もし よぴちが金沢に来れない状況だったら 帰りに福井に寄ってでも よぴちに会おう、って話してたんや」と言って下さったり
            他にも いろんな方が 励ましのメールなど、本当に チカラを戴いています


            今日 お届けする曲は
            病院からの 帰り道に ふと頭に浮かんで来た曲
            …正直 やるせない気持ちで帰ることが多い最近なのです

            でも!
            腐りそうになったら
            冷静に 自分の この 恵まれた状況を思い出して
            やっぱり 今日、この刹那を
            幸せな気持ちで過ごせるよう、心がけますねo(^o^)o
            本当に いつも ありがとうございます(T_T)



            今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…


            ←いつもありがとうございます
             よろしければクリックお願いいたします


                                     帰り道 → 

            JUGEMテーマ:がん全般 
            JUGEMテーマ:音楽
            JUGEMテーマ:70年代・80年代
            0
              | 泉谷しげる | 22:58 | comments(16) | trackbacks(0) |- pookmark
              ○●○  近況  ○●○
              無沙汰の お詫びを申し上げます
              もう少し落ち着いたら更新しよう、と思いながらの毎日、
              待っていても 落ち着いて来ず
              とりあえず更新することにしました
              私も、病気仲間のブログが あまり滞ると心配になるので…

              今の状況だけ記しておきます
              長々と 病状や愚痴ばかりになるので
              どうぞ スルーして戴ければと思います
              すみません<(_ _)>


              尿酸値が高かったのは 薬を増やして正常値になりました
              尿酸値を下げる薬は とりあえずは よく効くのです
              ただ、尿酸値が高くなる原因を治す薬ではないので 減薬すると また上がるのも常です
              今は 少し減らしましたが 次回受診時に どうなっているか分かりません
              クレアチニン値は 少しずつですが 上昇を続けていて、やはり腎機能が低下しているのは間違いないと思います
              …が、これに関しては なすすべがなく…
              あるとすれば 抗ガン剤を減らすか止めるかですが、それは まだ今は無理な状況です

              そのためか 腹水・むくみが相当な量になってしまい、今は それに苦しんでいます
              もともと 肝硬変になってきてからは 水分を血液中に引き込んで腎臓まで持って行くための アルブミンが低くなって、腹水や むくみが出ていたのですが、まだ、利尿剤で なんとか歩くことは出来たのです
              そこへ 抗ガン剤の投与、この抗ガン剤が 副作用に むくみが出る薬で、中には胸水が溜まって 薬を切り替えざるを得ない人もいるような薬なのです
              私の場合、すでに利尿剤は複数使ってのことなので 最早 効かなくなっていて
              前回受診時から アルブミンを点滴で入れていますが それも効いてきていません
              それでも今は 悲観血的に解決したくて
              そうなるとアルブミン投与くらいしか策がなく
              とりあえず しばらくは週に1回、受診の際に点滴することになりました
              最終的には 穿刺(お腹に針を刺す)で腹水を抜くしかなく、この方法は 有効成分を含んだ貴重な腹水を抜くことで 身体が衰弱していくし、抜いても すぐにまた溜まり、仕方なく また抜いて…の悪循環になります
              これを改善するため、最近は 抜いた腹水を 有効成分だけ濃縮させて また血液中に戻す方法が開発されましたが
              その治療法(頭文字をとってCARTと呼ばれています)は、保険適用は あらゆる利尿剤などの治療を全てやって、それでも改善されない場合のみ、という、高額な治療なのです
              出来たら それをやらなくても なんとかなるといいのですが…

              また、転倒してヒビが入った肋骨は もう1ヶ月以上になるのに 未だに痛みが残っていて
              腹水で圧迫されるのか 疼いて仕方ないことも しばしば(T_T)

              おかげさまで 舌ガンだけが 今のところ 再発・転移が見つからずにいます
              また、白血病自体も、今のところは 落ち着いているようです
              少し 白血球数が高くなってきているのが気になりますが…
              これは、身体の中に炎症などがあっての 正常な反応かもしれないので 余計な気苦労は しないようにします(^^;)


              主治医には 安静にしているように言われています
              実際、お腹の圧迫感と、むくみで脚が曲がらなくて、歩くのはキツイのですが、入院中に衰えた筋力が まだ完全には戻ってないのに、また歩けなくなるのが怖くて…
              そのことを主治医に告げ、少しは動きたい、と言いましたが 主治医は あまり いい顔はしませんでした
              どうしても 座位・立位は 水分がお腹や脚に落ちてキツくなるので、このブログも、横になって スマホから更新しています


              ここに来て 本当に 精神的に弱くなっているというか、我儘が加速しているのを感じています
              家事が つらくて仕方ないし
              ギターを弾く気にもなれず
              …要するに 毎日の生活が ただ、つらいだけになってきています
              気持ちの持ちようだということは 明らかで、つまりは今、切り替えることが出来ないほど我儘になっているんですね
              何かやると不自由を感じることばかりで、 そのたび、「もうイヤ」って そんな言葉が 頭をよぎることが増えました(*´>д<)


              そんな中、いいことも☆
              GWには 休みなど とれるはずもない ちんでしたが
              GW明けて 次の日曜に 1泊だけ帰って来てくれました
              今回は 友だちとの飲み会は断って 家でゆっくり 飲み会(^^)
              たくさん話せて 幸せでした
              奇跡的に 帰って来る朝から、少し身体も楽になって 予定していた料理も 全部出すことが出来たし ホントに楽しい ひと時でした


              ♪人生は 潮の満ち引き
              来たかと思えば また逃げて行く
              失くしたかと思えば また
              いつの間にか 戻る…

              さださんの「転宅」
              暗い曲ですが 今の私には 慰めになったりする
              流れに あらがうから つらいんだ
              任せていれば また岸に流れ着くのでしょう


              次回は 曲とともに
              もっと 明るいニュースを お届け出来たら、と思いますp(^-^)q

              いつも 本当に ありがとうございます(;_;)
              皆さまの 温かい お気持ちひとつとっても どれだけ自分が恵まれているかを 思い知ります
              これだけ 恵まれた私なのだから
              きっと 悪いようには ならないでしょう(^^;)

              がんばりますね!


              今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…


              ←いつもありがとうございます
               よろしければクリックお願いいたします


                                        
              JUGEMテーマ:がん全般
              JUGEMテーマ:70年代・80年代
              JUGEMテーマ:音楽
              0
                | - | 10:20 | comments(24) | trackbacks(0) |- pookmark
                ○●○  S:吉田拓郎  ○●○
                王様達のハイキング福井の桜は ほぼ終わり、あとは山あいで少し遅れて咲く「しだれ桜」くらいになりました
                我が家の一才桜は今が満開、少し色があせ始めて来ています
                去年、退院後に枝が酷く徒長しているのに驚いて、伸びた枝を切ったのが奏功したのか、花付きも良くなったように思います
                それでも 寒がりになってしまった私は まだまだファンヒーターを仕舞えない…(>_<)

                先週火曜日は胃カメラ、口腔外科、血液内科のトリプル受診でした
                おかげさまで 口腔外科の舌ガン経過観察だけが、何事もなく終わり、胃カメラは、やはり胃からは出血、前回の検査時より出血箇所も増え、もはやスポット的に止血するような状態ではないようでした
                止血するなら、広範囲の胃粘膜を、アルゴンプラズマ(レーザーのようなものです)で焼いて、固めるしかないようで…
                消化器科主治医から、血液内科主治医に、そういう提案メールが来ていましたが、貧血の度合いは横ばいで、特に胃からの出血によって酷くなっているようでもないので、少し このまま様子を見ようということになりました
                ただ
                困ったのは、血液検査の方で、
                抗ガン剤を始めてから 腎機能の低下が急激に進んで来たのが いよいよ深刻になって来ていて、2ヶ月ほど前から尿酸値を下げる薬の量を調整していました
                今回、やはり腎機能を反映するクレアチニン値は高く、尿酸値はもう、いつ痛風発作が起きてもおかしくない値になってしまっていました
                とりあえず 尿酸値を下げる薬を強化して 1週間後にまた調整しよう、ということに…

                インターフェロン時代から、徐々に血尿・タンパク尿が当たり前になって来ていましたが、まだ血液検査の値は正常だったのです
                ところが また抗ガン剤を始めてからは、日に日に腎機能検査値が上昇して、主治医も困った様子でいました

                まだ抗ガン剤を減らせる状況ではないし、でも、そもそもすでに肝臓がダメになっている私には、腎臓にかかる負担も普通の人よりはずいぶん大きいのでしょう

                胃の出血も、肝硬変患者には比較的みられるとのこと、原因ははっきりしていないが、肝硬変によって腸からの血液が 十分に胃粘膜に届かず、胃粘膜の保護機能が低下するからではないか、と言われています
                どちらも、自分では どうしようも出来なくて
                でも、これからいったい、どうなっていくんだろう、と思うと
                正直、何をやる気もしないし、何を食べたらいいのかもわからなくなります


                加えて
                入院中に歩けなくなってしまうほど足腰が弱くなってしまった私は
                退院後も 入院中と そう変わらない生活をしているせいか、未だ入院前の状態に戻ってはおらず、とうとう11日の土曜日に ふとしたことで 家の中で転倒してしまいました
                幸い、家の中だったので、少しでも軽く済んだのだと思いますが、それでも両膝の打撲と、右の肋骨にヒビが入ったようで、肋骨は未だに痛みます


                舌ガンは上皮内ガンで、大丈夫、と思っていたら
                今はすっかり、口腔外科主治医は「舌ガン患者」として扱うようになり、「やっぱり 私は、『舌ガン患者』なんだ」と落ち込んだり
                顔や身体のむくみが酷くて マタニティのような服しか着れないとか
                なかなか髪が伸びて来なくて カツラと帽子が手放せないとか
                マウス操作や調理中に手が攣るどころか、あくびをしただけで顎がつってしまうので、思い切り あくびも出来ないとか
                …そんな、生活の中のことで なんとなく気持ちが上向きになれなかったり

                そのたびに ひとつひとつ、自分に「気にしない、こんなふうに考えればいいんだ」って言い聞かせながら 自分を逃がして来ましたが
                やっぱり これだけ 次から次へと続くと
                少し 疲れてしまうものですね…


                「もう少し待てば、何か明るいことが書けるかもしれない」と思って
                ブログ更新も延ばし延ばしにしていましたが
                いい加減、近況を報告させていただこうと書き始めたら
                やっぱり こんな内容になってしまいました
                すみません


                最近は弾きたい曲や 歌いたい曲がわき出て来なくて、家でギターを弾くことが もっぱら少なくなってしまった私ですが
                今日 このブログを書くにあたって なんとなく浮かんできたのは拓郎さんの曲たちでした
                最初「白夜」が浮かんできましたが
                あんまりかなしいので
                せめて この「S」にします
                もうひとつ、「Y」という曲と同じメロディー、「Y」は松本隆さんの詞、この「S」は拓郎さんの詞です

                  ♪ 人生は いくつもの形に 変わって行く雲のようだ

                …まだ 私の人生は長くあって、それは雲のように変わって行くはず!
                根拠もなしに そう思うのは 私には すごく難しいことだけれど
                だからやっぱり まずは「今」を流れるのが 精一杯だけれど


                ひとつだけ
                私のために、と考えて下さる 家族をはじめ たくさんの方々がいる、と言う事実まで
                見えなくなってはいないことだけ、宣言させていただきますね(^^)


                今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…


                ←いつもありがとうございます
                 よろしければクリックお願いいたします


                                             S → 

                JUGEMテーマ:がん全般
                JUGEMテーマ:70年代・80年代
                JUGEMテーマ:音楽
                0
                  | 吉田拓郎 | 01:00 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark
                  ○●○  Just When I Needed You Most(アメリカン・モーニング):Randy van Warmer  ○●○
                  Warmer今週初めは「たぶん、この冬の雪は これが最後だろう」と思う雪が ひととき 辺りを白く染めて
                  でも 冷え込み方が1月2月と違って 寒さに緩さがありました
                  冬の間 それなりに いろいろあったのか、今回初めて、なごり雪のことが いろいろを拭ってくれる やさしいものに思えました
                  福井の桜も もうすぐです

                  このブログ…
                  当初は 自分の毎日の「ウダウダ」や思うことを綴ったりしながら
                  皆さんにご紹介したいのにYouTubeにアップされてないようなものを
                  自分でアップして 
                  昔 あこがれた 深夜ラジオのDJみたいに 綴って行けたらいいな、と思っていたのです
                  (最近は ラジオパーソナリティとか言うようですが、昔はDJ(ディスクジョッキー)って言いましたよね? 今やDJって、クラブ(昔のディスコ)で曲をミックスする人のことを言うようですが(>_<))
                  ところが まず 曲をアップしていたサイトが有料化になり
                  やむなく YouTubeにアップされているものをリンクしながら続けて来ましたが
                  最近では 著作権の問題が整備されつつあって YouTube上の いわゆる「原曲」は どんどん削除されて行っています
                  著作権の問題は、その曲に関わる方々を思えば当然のことなので 特に強く反論する気持ちはないし まあ、行けるところまで 続けて行きたいなあと思っています
                  でも、そうなると どうしても 監視の目の届きにくい、洋楽が多くなってしまいます…

                  今日 お届けする曲は 何のCMかは忘れましたが、昔、CMで流れていた曲…
                  少し前に、この曲がラジオから聴こえてきたのです
                  私は午前中は 福井市周辺のコミュニティFM局で、ラジオあいらんど という局を聴いていることが多いのですが
                  この放送局は、朝は9:00まで、ローカルの生番組を放送し、9:00からの数時間は、MusicBirdという東京の局の番組を流しています
                  で、9:00からの1時間は 懐かしのJ-POP、10:00からは懐かしの洋楽を、MCなしで ずっと流してくれるのです

                  その日も いつものようにラジオを聴きながら過ごしていました
                  そこで この曲が流れて「うわ〜、懐かしい♪ でも、この曲、誰の、何ていう曲か知らないなあ」と、どうしても知りたくなった私
                  その前に流れたのは Claptonの”I Shot the Sheriff” であることは分かっていたので
                  すぐに 放送局に「お手数ですが、さっき、I Shot the Sheriff の後に流れた曲は、誰の、何という曲か お教えいただけませんか」とメールをしたのです
                  担当のディレクターさんが ほどなく お返事をくださいました

                  昔は 深夜ラジオに せっせとハガキを出して 自分のが読まれるかどうか、ドキドキしていた方が大勢おられたはず
                  私も、ホントは出したかった
                  でも、あの頃は、1枚20円のハガキさえ、そうそう買える状況でなく、
                  1度か2度出しましたが、読まれることはありませんでした

                  そして 今、この年齢になっても、まだラジオ番組にハガキ(今はメールですが)を出すなんて、よっぽど ヒマだと思われるでしょうね…
                  実際、ヒマなんですが(^_^;)
                  でも、「大人買い」という表現がありますが、昔、ハガキも買えなかった私にとって、今、メールを出すのは、ちょっとした「憧れてたことの具現化」なのです(^_^;)

                  前にも、この放送局で、”A Place in the Sun” が流れかけて 止まってしまい、その後は別の曲になってしまったことがあって、その時も、「今、流れかけたのは A Place in the Sun では ないでしょうか? 懐かしい!と嬉しくなったのに、別の曲に変わってしまったので残念でした」とメールを出したら、しばらく後に、私のメールが読まれて、A Place in the Sunを流してくれたことがありました

                  こんな田舎のコミュニティFMでは、メールやハガキも少ないのでしょう、出したら採用率が高いのでしょうね


                  最近は、車の中でしかラジオを聴かない方も多いと思うし、
                  となると、都会で 電車やバスで移動される方は、スマホなどで聴くことが出来るとはいえ、わざわざ それで聴いておられる方は少ないように思います
                  それでも、ラジオを聴いてると、たまに、若い方からのお便りもあるのです(^^)
                  FM局だけでなく、ニッポン放送の松本秀夫さんのショーアップナイターにでさえ…
                  そんな時、おばさんは とても嬉しくなってしまう…
                  理由は分かりませんが、なんだか嬉しい

                  今や、テレビでさえ、デジタルでdボタンを押すことによって 番組に参加できたりする時代、FAXを読み上げる番組もあるし、twitterをテロップで流す番組もあります
                  昔と違って、テレビも随分「ライブ感」があるようになりました
                  それでも、私は やっぱり、ラジオの「ライブ感」が好きです
                  もう7〜8年前になりますが、福井のAMラジオ局で、「スタジオの なぎらさんの前で素人がギターを弾いて、演奏の評価・アドバイスをしてもらう」、という企画がありました
                  生放送です
                  番組で、福井放送のスタジオに来てくれれば観覧できます、と言っている
                  その時も、ちょうど外に出かけていた私は車の中で その番組を聞き、すぐに放送局に駆けつけて、ガラスで中が見えるようになったスタジオでの その番組放送の一部始終を見て、とっても感激したものでした


                  身体のことは 相変わらず 比較的調子がいい時もあれば ダメな時も…
                  ダメな時には ついつい思考が負の連鎖になって行きがちですが
                  少しずつ 気持ちのやり場を学習しつつ過ごしています
                  来月は 食道の静脈瘤の状態と、消化管出血の状態を見るための胃カメラ検査と、白血病の染色体検査、舌ガンの いつもの経過観察
                  頑張って どうなるものでもないですが 少なくとも イヤ〜な胃カメラを頑張って飲んできます


                  今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…


                  ←いつもありがとうございます
                   よろしければクリックお願いいたします


                                Just When I Needed You Most → 

                  JUGEMテーマ:がん全般 
                  JUGEMテーマ:70年代・80年代
                  JUGEMテーマ:音楽
                  0
                    | Randy van Warmer | 01:35 | comments(14) | trackbacks(0) |- pookmark
                    ○●○  あなたのすべて:桜田淳子  ○●○
                    あなたのすべて三寒四温、って、本当に言い得て妙、だなあと思うこの頃です
                    少し暖かい日があると、必ずまだ寒い日が…
                    気付けば あっという間に3月になっていたような気もして、冬の入り口で ずいぶん待たなければいけないようで気が滅入りがちだったことも もう大半忘れてしまってる
                    もう枯れちゃったかな、と諦めていた紫陽花も、葉が出て来ました

                    良くも悪くも 変化のない毎日を過ごす中で
                    少しは「何か」もあって
                    この前、ちんの高校時代のバスケ部の「母の会」へ行って来ました
                    もう、お互いの子供は高校を卒業して5年になるのに、母の会は まだ続いているのです
                    別に みんなで資金を出し合って、母校の支援をするような会ではなくて
                    ただの「ママ友会」(^_^;)
                    寒い時期なので、Aさんが「鍋が食べたい!」とのことで企画したのに
                    当日、Aさんは 実のお母様のご入院で気落ちされて、欠席でした
                    たまたま 私の身近でも 介護疲れによる事件が起きた後だったし
                    話は すっかり「介護」の話に…
                    すでに お姑さんが デイ・ケアを利用されている方もあって、その方が言うには「担当のケアマネさんに、今のうちから施設を予約しておかないと入れないと言われた」、と…
                    母の会のメンバーの中には、介護施設に勤めておられる方もいるので、「そうや、今は、だいたい100人待ちで、優先度の高い人から入所していくようになってるんやけど」と…
                    こんな時はどうしてる?、こんなふうに困ってる、…話は尽きず…
                    これまでは、皆さん 我が家と違って 下のお子さんがまだ就学していたりで 学校の話題が多かったのに
                    今や、下の子も大学に入って、子育ての話題は少なくなって、代わりに介護の話題で盛り上がる、盛り上がる…

                    福井は 都会に比べたら同居も多いし、保育園なんて ほとんど100%入所出来るのに、やっぱり 高齢者施設になると、100人待ちなのか、って
                    なんだか 突然 焦りに似た気持ちが湧いて来てしまいました

                    そんな折、なんとなくついていたTVのNHKで、人工知能に関する番組をやっていて
                    これから 人工知能の開発が進むにつれて 無くなって行く人間の仕事は?というような話をしていました
                    ちょうど、その少し前、金沢へ遊びに行って、久しぶりに朝早く(4時過ぎくらい?)に帰宅した時、新聞配達の人に出会ってしまって、
                    これまでも時々 そういうことがあって、いつも「ああ、また やってしまった」と思っていたのですが 
                    退院してからは もしかすると初めてのことで、その配達員の方が外国の方だったことに多少の驚きがありました
                    私の研究分野が産業に関することなので、外国人労働者が多いことも、どんな職種に多いかも、頭では分かっていたつもりでしたが、実際に 寒い中、合羽を着てバイクに乗っている外国人の方を見たら、とてもインパクトが強かったのです
                    昔、私も、中学・高校の頃、お小遣い稼ぎに新聞配達をしていましたが
                    その当時は、私たち学生でも、学校からお咎めを受けずに出来る、いいアルバイトでした
                    今は、誰もやらなくなってるのか、と…

                    また、今、少しでも気休めになれば、と思い、宅配でR-1ヨーグルトをとっています
                    それは日本人が配達して来ますが、その代わり、週に2回のみ、それも、朝9時ごろです
                    …なんとなく、今に日本人は職を失ってしまうんじゃないか、と不安になりました

                    身体を使う仕事は ロボット(機械)化して減らして来ましたが、今や、「考えないといけない」仕事まで…
                    そして、不安になってしまった1番の背景は、これを綴っている私自身が、つらいことも、めんどくさいことも避けたくて仕方ないからなのです
                    私ほどのダメダメ人間ではなくても、きっと、みんな似たような気持ちなんじゃないか、と…

                    これから 働く場所がモノを作ることよりも
                    人の生活を楽にするサービスに移行していくのでしょうね
                    その中の大きなものに、「介護」に関する仕事があるように思いました


                    3月というのは私の中で ひとつの節目なのか、
                    (なぜか4月より 3月の方が思い出が多い気がするのです)
                    去年の今頃は…と、去年の記事を辿ろうとして 思わず「やめよう」と手を止めました
                    昔のことで憶えていることって 断然 良かったことの方が多い
                    でも 今の私は その「良かった」思い出を 次の力にして行けるだけの余裕がない
                    情けないけれど 甘えている
                    先のことを考えるのは 怖いから逃げたくなるし
                    過去のいい時間を思うと そこには戻れない現実を思い知って
                    …みんな、思い知りながら それなりに辛いことに耐えながら 毎日を生きてるのに
                    それを分かっているけれど 今の私は 「今」が精一杯…
                    こうしてブログで弱音を吐いて 全世界に恥をさらしているな、と思います
                    それでも、季節を迎えたり、何か こころに響くようなことがあったら
                    必ず 何かしらの音楽や歌をインスパイアしてしまう私、
                    今日 お届けする「あなたのすべて」も、3月になると いつも頭に浮かぶ曲の1つです
                    公民館の裏のテニスコートでよく口ずさんでいた、その風景がセットになって出て来るのですが、ちょうど、3月くらいにヒットしていたのではないでしょうか
                    曲調も、どこか白っぽい、透明感を感じていたし、それが私の中では「春っぽくて」、
                    そして、何より「紫の夜に 白い花が咲いて そして季節は春になって行ったのです」という歌詞の、「紫と白」というのが、なんだか私にとっては「春」なのです
                    紫と言っても、私の頭の中の色は ラベンダー色のような淡い色のように思います
                    (↑私の頭の中を、一生懸命 文字にしてみたのですが、およそ、理解に苦しみますね(^_^;))

                    今度の火曜日は 舌ガンの転移がないかの検査
                    きっと きっと 大丈夫(^^)
                    きっと いいご報告が出来ますように☆
                    皆さまも 風邪、インフルエンザ、花粉症などに苦しむことなく
                    どうか おだやかな毎日を過ごせますよう 祈っています


                    今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…


                    ←いつもありがとうございます
                     よろしければクリックお願いいたします


                                           あなたのすべて → 

                    JUGEMテーマ:音楽 
                    JUGEMテーマ:70年代・80年代
                    JUGEMテーマ:がん全般
                    0
                      | 桜田淳子 | 01:13 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark
                      ○●○  雪化粧:松山千春  ○●○
                      歩き続ける時福井の今年の立春は めずらしく おだやかな日和でした
                      たいてい、まるで皮肉のように寒い日になるのが常なのに…
                      その後も おだやかな日が続いたので、このまま春になだれ込めたらいいな、なんて思っていたけれど、やっぱり 寒波がやって来て あっという間に辺り一面 雪化粧…


                      雪の降る夜の静かさは
                      もう このブログで何度も話しましたが
                      その静かさの中にいると どうしても ギターが弾きたくなって来る私
                      最近は 手首が痛いこともあって 家でギターを弾くことがずいぶん減っているのですが
                      それでも 雪の夜には 弾きたくなってしまいます
                      そして そんな時に弾くのは 必ずと言っていいほど 中学時代の曲

                      中学時代の曲って コード進行も単純で
                      今でも 暗譜で弾ける曲が多い
                      それがいけない
                      暗譜で ボーッと弾いていると 余計なことを思いだす
                      考える
                      …なぜか かなしくなってくる…
                      昔に戻ったところで 今日までの日々をもう1度やるのは イヤなんだ
                      あの頃は あの頃で それなりに苦しい毎日で
                      「早く大人になりたい」と思っていたくせに
                      あの頃の何がいいのか よく分からないけれど
                      もし あの頃に留まっていれるなら たぶん その未来の長さが羨ましいのかも…
                      今は あの頃に比べたら 未来にいいことばかりは描けない
                      そんな未来でも 今は 欲しいのかなあ…


                      次回の受診では 舌ガンの再発・転移の確認のため エコー検査と胸部レントゲン検査をすることになりました
                      毎月、視診・触診はしているのですが、念のため これから半年ごとに このチェックをしていきます
                      今は 白血病より、舌ガンの再発の方が怖い毎日
                      白血病も、命に直結する怖い病気だけれど 私の「慢性骨髄性白血病(CML)」は 発症機序が単純で、1つの遺伝子の変異で起こるので、抗ガン剤を開発しやすく、今では 数種類の薬が開発されているのです
                      もちろん、効かない場合もあるし、それぞれ副作用も強いので、継続して使用して行けるかどうかの問題はありますが
                      それに比べて 舌ガンは 一般的に抗ガン剤も放射線も効きにくく 予後があまり良くないガンなのです
                      今回、私は本当に不幸中の幸いで、たまたま白血病で入院していたので もう諦めもついて口腔外科を受診して、早期発見・早期治療できたので、嚥下(飲み込み)にも、発音にも支障は出ていないけれど
                      切除部位や大きさによっては それらに支障が出るし、顔の輪郭も変わってしまう…
                      そうしたら 歌えなくなってしまう…
                      歌は 私の精神的な支えの中で すごくすごく大きなものなのに…


                      なんとしても この検査はクリアし続けなくては…
                      でも、やはり免疫力が落ちているのか、口唇ヘルペスは 未だスッキリしないし
                      そんなところに つけこまれそうで 怖いです
                      かといって、何か努力するのは嫌だし やっぱり神様に お任せするしかないのですが(>_<)


                      どこにいても 何をしていても フッと不安がよぎる毎日の中で
                      このブログを通して知り合った ある方が、先日、大宰府の飛梅が咲いたよ、と写真を送ってくださいました
                      ちょうど その日は雪模様、ほんの少しの暖かさを分けて戴きました
                      そういえば 年末には 石巻から これまで食べたことがないほど 美味しい美味しいイチゴが送られてきたこともありました
                      そして 一昨日、ちんからも「大阪では もう梅が咲いてるよ」と 梅の写真…
                      母の梅好きを覚えていてくれたんだね…
                      その他にも いつも気にかけて下さっている たくさんの方々
                      みんなみんな ありがとうございます


                      今日 お届けする曲は そんな「中学時代の曲」の1つ
                      ギター1本で 雰囲気を出せる曲なので よく弾いたのを思い出します
                      歌詞に そんなに深い意味はなく(といったら千春さんに失礼かな?)、なんとなく淋しい曲ですが 曲の途中から入ってくる エレピアノの音が 私を速攻で70年代に引き戻してくれるのです
                      そして 雪、って やっぱり 少し淋しいものなのかな…
                      曲にすると 淋しい曲が多いような…
                      「♪ 雪や こんこん」の歌は 楽しいけどなあ…
                      「雪やこんこん」となると、やっぱり「♪春よ来い、早く来い」が頭の中に流れて来ます

                      もう じきに春が来るから
                      春が来るまでに 何度でも ここで つぶやきたい…と今は 思っています(^_^;)


                      今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…


                      ←いつもありがとうございます
                       よろしければクリックお願いいたします


                                                雪化粧 → 

                      JUGEMテーマ:音楽
                      JUGEMテーマ:70年代・80年代
                      JUGEMテーマ:がん全般
                      0
                        | 松山千春 | 00:55 | comments(12) | trackbacks(0) |- pookmark