◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  HARBOR FREEWAY:柳ジョージ&レイニーウッド  ○●○
    Woman and I12月。京都に来ています。
    雨が冷たくなってきました。
    少し前まで、「濡れても大丈夫」という感覚で過ごしていたのに、今は、出かける前に、傘を持っていくべきかどうか、すごく気にかけるようになりました。
    今年は私にとって、ここ数年のうちで1番駆け足で過ぎた気がします。
    街の中も、心なしか
    慌ただしい風が流れているよう…。

    以前、mixiで、自分のお友達として登録する、マイミク制度のことで、知らない間にマイミク登録を外されていたことを書きました。
    その時、実際にお会いした際には、おそらく、その方の方が傷ついておられるのではないか、ということを書きました。

    先日また、ご一緒する機会があって、
    その時は、少しお話しすることが出来ました。

    その方の方から、マイミクを切った理由を話してくれました。
    すごく、同感できる理由でした。

    ただ、やはり、私が憂慮していたように、
    その方は、きっと、私に会うたび、つらい思いでおられたのだと思いました。
    それを思うと、私も心が痛みました。
    じゃぁ、その方の痛みをなくすために、私には何が出来たか、というと、
    何も出来なかったと思うのですが…。
    どうして、人と人とが触れ合う時に
    少しでも痛みを伴うことが存在してしまうのか
    つらいけれど、仕方ないと割り切らなければならないことなのか…。
    心が痛みました。

    でもこれから、きっと、その方と素敵な時間を紡ぐことが出来る、
    そう思って、嬉しくなりました。

    傷つくことも、
    傷つけることも怖くて、
    交わること自体、避けようとしてしまう。

    でも、「その先」が存在するのは、
    交わった場合だけ…。
    交わらなければ、今、傷つけたり傷ついたりすることはないけれど、
    その先に、素敵な時間もない…。


    ちんが、高校時代のバスケ部の、「熱さと一体感」を忘れられず
    今のサークルに入ったことを後悔しがちのようです。
    そのたびに、私が言えるのは
    みゆきさんの言葉をお借りして
    「きっと、出会わなかった方がよかった人なんて、いないって思おうよ」ということだけ…。

    私自身、その時には辛くて、
    出会わなければよかった、やらなければよかった、言わなければよかった、
    って思うことも、過去に少なからずあったけれど、
    人には「忘れる」という能力が与えられていて
    いつしか、すべて許せていたりする。
    悪いことばかりじゃない、楽しい、いい思い出もあったり、
    傷つけたり傷ついたりしたことまでもが
    どこか温かい思い出になってる…。

    もしかするとそれは、多分に自分の人生を否定したくない、護身術のような発想からかもしれないけれど、それでもいい、穏やかな気持ちになる時が来るよ、と言ってあげたい…。


    ちんのところに来た時に、いつも運転時のBGMにするのは [FM COCORO]。
    今回も、ラジオのスイッチを入れた途端に、この曲が流れてきて、
    一瞬で時間が高校・大学時代に戻って
    なぜだか鼻がツーンと来た曲…。
    あの頃の私も、傷つけたり傷ついたりしていた。
    1番傷つけ傷ついたかもしれない友達と、
    来週水曜に、2人だけでゆっくり話し込もうと約束しています。
    思えば、そんなことは、出会って以来、初めてだと思う…。
    1度、ひどく傷つけ傷ついた時から、かなり長い間、
    こんな日は絶対に来ない、私は絶対にそんな時を持とうとしないだろうと思っていた。

    今日は、その曲をチョイスしました。
    柳ジョージさん、謹んでご冥福をお祈りいたします…。



    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。



    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                    HARBOR FREEWAY → 



    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    JUGEMテーマ:音楽
    0
      | 柳ジョージ(&レイニーウッド) | 15:57 | comments(14) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  You've Really Got A Hold On Me:柳ジョージ&レイニーウッド  ○●○
      Woman and Iすみません。
      今日は、記事を書き終えて、
      リンクを貼っている時点で、
      記事が全部、吹っ飛んじゃいました、、、。

      もう、書き直すエネルギーがありません。

      曲だけ、お届けします。

      ごめんなさい…。



      …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


      ←いつもありがとうございます。
       よろしければ、クリックお願いします。

                     You've Really Got A Hold On Me   → 

      JUGEMテーマ:70年代・80年代
       
      JUGEMテーマ:音楽
      0
        | 柳ジョージ(&レイニーウッド) | 15:56 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark
        ○●○  For Your Love : 柳ジョージ  ○●○
        For Your Love7月1日付で、茶犬が異動になりました。
        車で1時間半くらいの近い所なのですが、茶犬の勤務先は24時間稼働の工場なので、夜中の呼び出しもないとは限らず、一応、単身赴任することになりました。

        充分日帰りできるところなので、業者は頼まず、茶犬と二人で連日通いで引っ越し作業。6月27日付で賃貸契約をしたアパート、7月1日には出金できる状況にしないといけないので、短期間に根を詰めました。

        まぁ、私は、こんな体なので、出来ることはわずか。
        茶犬は本当に大変だったと思います。
        それでも、日頃、日中2時間程は横になって休んでいる私には、買い物に歩き回ったり、1度も横になれないだけでも疲れてしまって、1日の終わりには、PCを立ち上げる元気も残ってない日が続きました。


        おかげさまで、無事茶犬は新生活をスタートし、ちんと私も、ボチボチやっています。
        …が、前にも書きましたが、私の食道静脈瘤の処置をどうするか、という問題がまたまた浮上してきて、今までは血液内科の主治医にのみ相談していたのですが、やはり1度、消化器の専門医に診てもらわなくてはと、今回思いきって消化器科を受診しました。
        やはり、私の想像通り、消化器科の医師は、かなり肝硬変が進んでいると考えた方がよいという意見でした。
        それは私にはかなりショックでした。私の場合はインターフェロンによる薬剤性の肝炎で、インターフェロンを減らしたり止めたりすることができれば、徐々に回復していくものだと信じてきたので、肝硬変という、不可逆的な所見であることは、できれば認めたくなかった。主治医の「僕は、肝硬変にはなってないと思う」という意見を、心のどこかで信じたい気持ちでいたのです、、、。
        今回も、依然、血液内科の主治医は、肝硬変化に疑問を持っているようで、木曜日に、さらに腹部MRIを撮ることになりました。
        けれど、私自身も、自分の血液データや、自覚症状を見る限り、肝硬変だと考えるのが妥当だと思っています。
        ただ、専門医にハッキリと言われたことで、命の期限切符が切られてしまったようなショックを拭い去ることが出来なかった、、、。


        食道静脈瘤も、いよいよハジけそうなサインが出てきて、私としては、入院治療をするとすれば、この夏休みが最後のチャンス、それ以降は、受験生のちんのことを思うとバタバタしたくなかった。できるだけ、こんな母のもとに生まれたことで、ちんの人生にブレが出てほしくない。
        同じように、茶犬も、私と結婚したばっかりに、自分の人生がブレてしまう(もう、すでにブレてますが)のは、最小限であってほしいと願っています。

        それで、今日、消化器科を受診した際に、自分から、もう、今すぐにでも入院して、お盆のころには退院したい、というのが希望だと伝えました。
        幸いにもベッドが用意できて、14日に入院、16日に1回目の施術、ということになりました。うまくいけば、3週間から1カ月で退院できるので、遅くとも8月第1週には退院できるのではないか、というのが私の皮算用です。

        そんなわけで、とりあえず、お盆明けくらいまで、このブログの更新はお休みさせていただきます。
        暑い時に、グダグダと文章の長い私のブログに付き合うのは、皆さんも大変だと思いますし(笑)。
        …と、いいながら、拓郎さんのツアーのように、「サプライズ」、あるかもよ(笑)。

        今日お届けする曲は、引っ越し作業で車を走らせている時に、何気なく頭の中に流れてきた曲です。
        ベタな曲なのですが、離れての生活をスタートした私たち家族にも、今回のしばしのブログお休みにも、それなりに合う気がして、この曲を選びました。

        それでは、8月下旬にはまた、きっと、復活しますので、
        その時にはぜひ、お付き合いのほどよろしくお願いいたします…。


        …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

        ←いつもありがとうございます。
         よろしければクリックお願いします。

                                  For Your Love → 


        JUGEMテーマ:音楽
         
        JUGEMテーマ:70年代・80年代
        0
          | 柳ジョージ(&レイニーウッド) | 23:24 | comments(18) | trackbacks(0) |- pookmark
          ○●○  プリズナー:柳ジョージ&レイニーウッド  ○●○
          Y.O.K.O.H.A.M.A.年度末・年度初めといえば毎年、自分の契約更新のことで気分が悪い時期です。
          例によって、今年も嫌な気分で交渉中。
          自分に値段をつける、というのがどうにも私は苦痛です。
          じゃ、無料ボランティアをやるかというと、私自身は正直その方が、精神的には「ひけ目」を感じなくていいのでベターなのですが、独身ならともかく、家族がいると、そうもいかない…。多少なりとも、家族も巻き込んで仕事をするわけなので、ボランティア、では、できれば自分たちの世話だけに専念して体を温存してほしいと思っている家族への説得力がない。
          理事長以外の「お偉いさん方」には、ことごとく嫌われている私。だから、ホントに、嫌な時期。でも何とか乗り越えるしかない。
          私は理事長にだけは恩義があるのです。だから理事長が存命の間は、理事長の命にはそむけない。今、理事長のことも何も考えず、「辞めます!」と放ってしまったら、人間として、恩知らずだと自分を責めながら生きて行かなくてはならなくなる。それは、嫌なんだ…。

          どんな人も、ひとりでは生きていけない。
          だから、いろんな人に助けられているけれども、
          それは逆に、自分を縛ることになることもある。
          それでも、自分が信じた通りに生きて行くしかない。
          時には、「こういうのって、よくないよなぁ…」と思う生き方になったりしても。
          どんなふうに生きるか、毎日、毎瞬、自分で選択しているんだ。
          その自分の選択が誤っていることに気付いたとしても、
          自分の人生として受け止めて生きて行くしかない。

          今日は、少し疲れた気分を癒す意味でも、この曲が私の中に響きました。
          大好きな柳ジョージ&レイニーウッドの、アルバム「Y.O.K.O.H.A.M.A.」の1曲目です。武道館での解散ライヴの時は、エンディング曲でした。
          ”踊り続けて”行くしかない…。


          …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

          ←いつもありがとうございます!よろしければクリックお願いします!


                                       プリズナー → 

          JUGEMテーマ:音楽


          JUGEMテーマ:70年代・80年代


          0
            | 柳ジョージ(&レイニーウッド) | 20:30 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark