◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  時間よ止まれ:矢沢永吉  ○●○
    時間よ止まれ いよいよ、世の中はお盆休みムード。
     でも、東海道は、先日の静岡の地震で、高速道路は崩れやすくて危ない場所もあるようです。

     あの朝、福井も結構、揺れました。
     揺れの大きさは震度3で大したことはなかったのですが、時間が長かった。私の中で、すぐに、阪神大震災の時の揺れが思い出されて、「これは、どこかで相当大きな地震が起きているな」と思ったのです。
     数年前の、三重の地震の時も、福井は震度4だけれど、長い間揺れていた。

    能登の地震の時はたまたま東京にいて、体験してないのだけれど、妹が言うには、長い時間揺れていたらしい。

    TVのスィッチを入れてNHKを見ると、案の定、静岡・伊豆方面で震度6の地震だという。
    やっぱり…、という気持ちと、まずはブログ仲間の方々の安否が気になりました。

    帰省ラッシュの時でなくて、不幸中の幸いではあったけれど、被害に遭われた方々にとっては、今年はもうお盆休みどころではない。
    改めて、お悔やみ申し上げるとともに、1日も早い復興、お身体のご快復をお祈り申し上げます。

    私はと言えば、情けないことに、まだ心の元気が出ずにいる。
    ブログを更新しようにも、明るい話題が出そうになく、
    皆さんのブログを覗いても、明るいコメントの言葉が出てこなくて、
    結局、何も書けずに帰ってくる始末。

    ダメですね、こんなことでは。
    世の中には、もっともっと大変な状況の中、明るく強く生きて行っている方が大勢おられるのに。

    なんだか、これを書き始める前は、それなりに静かな気持ちだったので書き始めたのに、書いているうちにまた、元気がなくなってきてしまいました。
    要するに、今はまだ、現実から逃げている。怖すぎて、ちゃんと受け止めることができずにいるのです。
    すみません…。

    今日は、「夏」というと私の頭の中に浮かんでくる曲の中の1つ、「時間よ止まれ」をお届けします。
    書いてみて驚いたのですが、なんと、私は永ちゃんの曲、初めてお届けするんですね。
    すごく意外でした…。

    この曲が流行っていた頃の私の夏休み、というと、お盆休みもなく毎日とにかくバレーボール、8月後半からは、9月の福井市の連合体育大会に向けて、部活の後に2時くらいから陸上の練習。
    夕方になって、すべての練習が終わったグランドで、やっとありつけたお水を飲みながら、この曲をよく思い浮かべていました。

    前にも書きましたが、戻りたいと思ったことはない。
    でも、今のままで時間よ止まれ!と思うことは多々あります。
    ず〜っと、今のままならいいのに。

    でも、人には必ず「終わり」が訪れる。
    最近見かけた言葉で、「死」という平等な立場に立てば、すべてのものが愛おしくて仕方ない、というのがあった。余命数か月のある女性の言葉だそうだ。
    すべての生き物は、いつかは死ぬということでは平等だ。確かに「死」というところから逆に見てみれば、みんな平等で、今の小さな違いなんてどうでもいいような気がする。勿論、この方は、「死」ということを、極楽浄土への旅立ちととらえておられるのだけれど…。
    私には、まだまだ、この方の「悟り」には至れない、煩悩の塊なのだけれど(目の前の食べ物ひとつに惑わされてしまう笑)。

    本当に、時間を止めることができたらいいな…。


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます!
     よろしければクリックお願いします!

                           時間よ止まれ → 




    JUGEMテーマ:音楽
     
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | 矢沢永吉 | 11:35 | comments(14) | trackbacks(0) |- pookmark