◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  前略おふくろ様:井上堯之バンド  ○●○
    前略おふくろ様アナログ放送終了まで、あと3日となりました。
    NHKでは、受信料を巡って問い合わせ電話が殺到、スタッフを増員して対応しているそうで。
    我が家はケーブルTVな上に、私はあまりTVを観ないので、どこ吹く風、といった感じですが…。
    入退院のたびに新聞を止めるのが面倒だったり、静脈瘤破裂の恐れがある私は、古新聞の始末にも困るので、新聞もやめてモバイル会員に。浮世離れした私、これで社会人と言えるのか、不安…。

    小松に単身赴任している茶戌は、毎日の食事が外食か、スーパーのお惣菜やインスタント食品ばかり。
    それでは少し、健康管理が心配なので、週に1度くらいは、何か作ったものを持って行っています。
    その時に、ご飯が終わってからがどうせヒマなので、金沢のフォーク酒場へでも行こうか、と、金沢へ向かうことが多くなりました。

    一昨日も、仕事が終わってから、あらかじめ作っておいた料理を持って小松に向かい、その足で金沢へ。
    おりしも、原田芳雄さんが亡くなられた日でした。
    茶戌や私にとって、いつも憧れだった大人のひとり。
    金沢へ向かう車の中で、今日は何の曲を演るか、という話になって、
    私が「今日は、私はホンキートンクを演るつもりでいる。芳雄ちゃんへの追悼の気持ちで」と話すと、初耳だった茶戌は、ホントにショックそうでした。
    私も、そのニュースを知った時もショックだったのですが、
    こうして言葉にして話すと、にわかに悲しくなってきて、
    運転しながら涙が出てきてしまい、こんなことでは「ぷかぷか」で、
    泣かずにホンキートンクを演れるか心配になりました。
    なんとか、ギターを弾くことが出来ましたが…。グダグダ演奏でした。

    TVを観ない私ですが、最近、ケーブルTVで観ることができる日テレのCSで、「前略おふくろ様」の再放送をやっています。
    タイマー録画しておいて、茶戌が帰って来た休日に、ゆっくりできる時間があれば、少しずつ、観ています。

    これが、いいのです。どうにも。ハマっています。

    まず、オープニングがいい。井上堯之さんのテーマ曲が、70年代らしいメロディーでたまらない。
    そこに、滝田ゆうさんの挿絵。最近は、ドラマにオープニング、なんていうのがなくなってきている中、優しい絵とテーマ曲が、何とも言えず、いい。

    そして、脚本・監修は倉本聰さん。もとより「北の国から」フリークの私が、ハマらないはずはなく。

    最近のドラマの若い登場人物の心理や感覚が、今ひとつ理解できなかったり、共感できなかったりする私ですが、この「前略おふくろ様」の中の登場人物の心理状態や感覚は、すごくよくわかる。
    いや、むしろ、私が、感じながらもうまく言葉に出来ない部分を、登場人物たちが代弁してくれているという気にさえ、なります。

    若者が上を立て、先輩は若者をかわいがり、守る。
    軽々しく行動や言葉に出さないけれど、心の中で温めていく恋心。
    言葉や行動には、必ず、それなりの覚悟を込めている。
    何か、自堕落にゆるりと毎日を生きている私に、
    静かな「本気」というものを感じさせる。
    …たまらないです。

    そして、主役の萩原さんが、仕事である板前の白衣はもちろんのこと、
    普段着も、なんてことない作業着風のジャンパーとか、
    シャツにカーディガンなのに、どの着こなしも、なんだかカッコいい。
    マフラーひとつも、決まっている。
    いろんな騒動を起こして、話題に事欠かない方でしたが、
    少し前に、「大研究 悔いなき死」という特集に惹かれて買った文芸春秋に、
    故・梨本勝さんの奥さまが手記を寄せられていました。
    その中に、「最後の仕事は萩原さんとの会談で、その時も萩原さんはいろいろ心配してくださいましたが、亡くなった直後も、いろいろとご配慮いただいて、力になっていただきました」というようなことが書いてあった。
    この前、ちんの所に行った時も、ちんが点けていたTVの番組…あれは、関西ローカルのお昼のワイドショー的な番組だったと思いますが…にも、萩原さんが出演しておられて、なんだか、行きつけのおいしいお店のご紹介をされていたような…。
    若い頃は、若い頃特有の、少し「尖った」生き方をしておられたように思いますが、年齢を重ねて、丸くなったのかなぁ、と、
    今の萩原さんのイメージが、「前略おふくろ様」の片島三郎のキャラにぴったりハマって、尚更、観ていて違和感がありません…。


    ただ、キャストの役者さんたちに、今はもう他界されている方が多いのも事実。
    私が子供のころ憧れた大人たちが、
    皆、他界していく…。
    もちろん、ご存命の方もたくさん、
    私が子供のころ、「こんなにかわいい人が他にいるかなぁ」と、大好きだった、
    坂口良子さんも、あの頃のままのかわいい姿で登場して、
    それもまた、私の心を癒してくれるのです…。


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。



    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                      前略おふくろ様 → 

    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    JUGEMテーマ:音楽
    0
      | 井上尭之 | 19:06 | comments(8) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  DREAMER:井上尭之  ○●○
      戦国自衛隊昨日、夕方、ちょっと用事で外に出たら、
      秋の匂いがしました。

      涼しかった今年の夏も、まるで夏の意地でも見せるかのように、ここにきてほんの少し「残暑」を感じさせる日々。

      それでも朝夕は、着実に過ごしやすくなってきていて、地球は傾いているんだなぁと実感します。

      昨日、感じた「匂い」も、どんな匂いか言葉で表せと言われても困るのですが、私の中では初秋の夕暮れの匂いなのです。

      いつも、この匂いを感じると思いだすのは、小学6年の時の、市の連合体育大会の練習のこと。
      前年度、なんと100mで、2位以下に1秒近くも差をつけて1番になってしまった私は、学校中の期待を背負っていると勝手にプレッシャーを感じていた。
      でも、前年度の大会が終わった冬に、初潮を迎え、今年はどこか去年に比べて体の重さを感じていたのです。
      案の定、練習でタイムを計ってみても、去年より1秒近く遅い。
      それでも、学校の代表選手には問題なく選ばれてしまい、でも、このタイムでは、大会本番での優勝は難しいことを自分でわかっていただけに、毎日練習に明け暮れつつも、本音は、もう代表を降りてしまいたい気持ちでいっぱいだった。

      おりしも、その頃私が好きだった人(結局この人を、小学5年生から高校1年まで、思い続けるのだった)も、男子の100mの選手に選ばれていた。
      私は、毎日練習の最後にタイムを計るが、思うようなタイムが出ず、無駄なのに何度も走りなおしては落ち込んでた。
      そんなある日、その子が「いいんじゃない?成長過程にはいろんなことがあるんだから。ベスト尽くしてたらそれで。」…みたいなことを言って慰めてくれた。
      本当に嬉しかった。ずいぶん重い荷物が軽くなった気がした。

      練習の帰りは、いつも、もう空に月がこうこうと明るく見えるくらいの暗さ。
      その月を見上げながら、暗い気持ちで帰っていたのだけれど、
      その日は、少しさわやかな気持ちで帰れたことを思い出す。
      ちょうど、TVでは「ムー」(TBS系)が放送されてた頃で、
      月を見上げる頭の中にはいつも、郷ひろみさんの「帰郷」や、桂木文さんの(作詞作曲はさだまさしさん)「短編小説」が流れていた。

      あの匂いを感じると、その曲たちとともに、今、44歳の私の頭の中に、あの頃の思い出がよみがえるのです。

      今日は、映画「戦国自衛隊」のサントラ盤から、井上尭之さんの曲をお届けします。
      この映画は中3の時。大体、自分の行きたい高校を決める決め手になる、大きな模試の帰りに見に行きました。
      その際にも、その好きだった子に、度胸があるなぁというようなことを言われた記憶があります。私に言わせれば、「やった〜、終わった〜」の、映画鑑賞でしょう、ということなのですが、みんなは試験の結果が気になって、それどころじゃないそうで。
      だって、もう、終わってしまった試験のことを案じて、せっかく田舎からにぎやかな街中へ出て行ったのに、まっすぐ帰るなんて、愚かしいことのように思ったのですが…。
      秋でした。

      前にも書きましたが、「戦国自衛隊」のサントラは名盤で、名曲がいっぱい入っています。
      この曲も、曲の提供やドラマなどの音楽担当では、よく見かけるものの、なかなかご本人が歌っているものを耳にすることは少ない、井上尭之さんのヴォーカルですから…。



      今は、まだ病状が安定せず、2週間に1度、受診しています。
      この前受診した時に、心配してた検査の値が比較的良くて、
      毎日の食事療法に自信がなかったのが、少し、気持ちが落ち着いた。
      なんとか、やっていけるかな、と。
      やっぱりまだまだ、食事のたびに、これでいいのかなと不安にはなるけれど…。
      いろいろ考えた末、新しい薬も1つ、飲んでみることにし、そのことも主治医に伝えた。
      「後悔しないように、打てる手はすべて打っておきたい」というと主治医は、黙って、「うん」とうなずいてくれた。

      昨日は、母校へ帰って、母校の恩師とともに新しくやる実験の打ち合わせをしてきました。前を向いて行かなくては。
      頑張ります。


      ←いつもありがとうございます!
       よろしければクリックお願いします!

                             DREAMER → 



      JUGEMテーマ:音楽
       
      JUGEMテーマ:70年代・80年代
      0
        | 井上尭之 | 22:17 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark