◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  ネガイ:First Step  ○●○
    支援会ここ数日、ブログ巡りをする余裕がなく、皆さまのところにお邪魔することもできずにいました。
    更新も気まぐれな、こんなブログに来て下さる皆さん、本当にありがとうございます。
    それなのに、今日は、皆さまにお願いまでしてしまう私を、どうぞお許しください。


    ご存じのように、私は、慢性骨髄性白血病を発症し、その治療過程で肝硬変を併発しながらも、どうにか、まだ今は楽しく生きている人間です。

    でも、これは生きとし生けるもの誰しも同じなのですが、「死」というものは、いつ迫ってくるかわからない。
    時には不安で、今日1日生きるエネルギーも感じられないほど、へこんでしまうこともあります。そんな時、このブログにコメントを残して下さる皆様や、同じように病気で悩みつつ、それでも生きていっている仲間たちに、たくさんのエネルギーをいただいています。

    minoさんは、そんな、病気を抱えつつ、生きておられる方の1人です。
    急性骨髄性白血病を発症するも、寛解状態に持ち込まれ、これまで、ご主人と2人で(いや、正確にはお子様も含めたご家族全員で)、各地を演奏や講演で訪れながら、骨髄バンクへの登録を呼びかけてこられました。
    そのminoさんが、再発してしまい、今は、無菌室の中で、骨髄移植をすべく、白血球の型が適合するドナーさんの出現を待っておられます。

    そんな中、かねてから新潟を拠点に、白血病など血液疾患の患者および家族を支援しながら音楽活動を続けてくださっているCLOUDY LABELが、骨髄バンク登録を呼びかけるための普及活動の一環として、所属アーティストのオムニバスCDを、無料配布する企画を発表しました。

    私も、minoさんや、CLOUDYの方々に、いつも励まされているものとして、何か出来ないかと思い、図々しくも、ここで、皆さまにお願いしようと決めました。

    もし、ご自分の大切な方が、治す方法があるのに自分では治せなくて、大切な方が弱っていってしまうのを見るとしたら、それでも、医療費を得るためにも仕事を続け、学生なら学校へ行って勉強しなくてはいけないとしたら、
    あなたが、その立場だったら、どうでしょうか…?

    どうか、まずは、minoさんの歌を聴いてみてください。 → 

    そして、CLOUDY LABEL のHPをご覧になってください! → 

    骨髄移植は、白血球の型が適合する場合にのみ、実施できます。
    移植しても、必ずその患者が助かるとは限りません。拒絶反応や、治療経過での感染症など、さまざまな困難があるうえに、再発ということもあり得ます。
    ドナーの方は、50歳未満で、健康な方(登録時に簡単な血液検査と血圧測定などがあります)でないと登録できず、実際にドナーになる場合には、最低3〜4日は念のため入院していただき、万が一にもドナーの方の健康を損なうことがないよう、心電図検査などの検査をし、骨髄液採取後も、1〜2日、経過を観察します。ですから、お仕事を休んでいただかないといけません。

    それでも、もし、自分の大切な人が、助かる方法があるのに助からずに弱って行くのはつらい、という気持ちを理解していただける方、どうか、骨髄バンクにご登録お願いいたします。

    このブログに訪れてくださる方は、年齢的に難しい方も多いと思いますが、近くにおられましたら…。

    茶犬は、私が発病したときに、登録してくれました。
    ただ、まだ1度も、ドナー依頼がありません。


    いつも、励ましていただいているのに、まだ足りずにお願いする、
    こんな我儘をお許しください。



    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます!
     よろしければクリックお願いします!






    JUGEMテーマ:音楽
     
    0
      | CLOUDY COMPANY | 17:32 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark