◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  さよなら:サディスティック・ミカ・バンド  ○●○
    加藤和彦さんが逝きました。
    いよいよ、自分に多大な影響を与えた、
    私にとって身近な人たちの訃報を耳にすることが増えてきました。
    ちょっと前まで、訃報のニュースを見ても、
    「ああ、そうなんだ」
    だったのに。
    最近は、「え〜っ!」と、思わず声が漏れてしまうことが増えた。


    私ごとですが、私の父方の伯母(父の実姉)も、火曜日に亡くなりました。
    先週土曜に、実母が、父の実弟を乗せて、
    伯母のいる新潟まで、車を走らせて見舞に行ったところでした。
    その時は、まだ意識もしっかりあって、会話もしたそうなのに…。

    茶犬が水曜日有休をとって、火曜夜に帰福したので、
    茶犬を駅まで迎えに行った車中で、私は伯母の逝去を知りました。
    それを聞いた茶犬が、
    「会わなければならない人に会うと、逝くんだ」と、
    ボソッと言いました。
    義父も、意識はないまでも、人工呼吸器でも、
    義兄(茶犬の兄)が東京から到着するまでは生きていた、って…。

    それから昨日は、南田洋子さんの訃報。


    何も、流れに逆らっているわけではない。
    加藤和彦さんも、自分で命を絶ったとはいえ、
    そうしなければ、まだ何十年何百年も生きたわけでもなく。
    人の生き死にも摂理、と言ってしまえばそれまでかもしれない。
    それでも、何か、その流れに抗いたくなる…。


    最近、茶犬が帰ってきている時で、私の体調がいい時に、
    芹沢さんのBARに、チョコチョコ顔を出すようになった。
    あそこは音楽好きのたまり場なので、
    決まって誰かが小さなステージでブルースや、ロックや、って、
    演奏を始める。

    この前行った時に来ていた60歳の方で、
    茶犬も仕事で関わったことのある方、
    いわゆる「ギター小僧」だったことがありありとわかる方。
    ギターを弾き出すと止まらない。ジミヘンから入ったとおっしゃっていた。

    その方が、
    「20世紀なんて不毛の時代、皆教えられたことを覚えているだけ。
    教えられたことを忠実に覚えたものがいい大学というところに入って、
    そういう大学を出た者が、世の中の中心になってる。
    お互いこんな時代に生まれてしまって不幸だけど、だからもう、好きなように生きよう!こんな馬鹿げた時代は、きっと何百年も先には、歴史にも残らないんだ、我々の1人1人なんて、クズみたいなものなんだ」
    というようなことをおっしゃっていた。
    そして、満面の笑みを浮かべながらギターを弾いておられた。
    もちろん、酔っ払ってのことだけど…。

    ちんに、そのことを話したら、ちんは、
    「そうや。そんなクズみたいなものだけど、無くなりはしないの!
     やっぱり長い歴史の中で、存在するんや!」
    と、切り捨てるように言い放ってました。
    ちんは、何かと諦め上手になっている気がしているイマドキの若者、
    …そう思っていたけれど、それを聞いて、少し救われた気がしました。
    そうだ、ちん、生きることをあきらめるなよ…!
    若い人は、自分の存在価値を信じて、たくさんのエネルギーを放射してほしい。


    今日、お届けする曲は、加藤和彦さん率いるサディスティック・ミカ・バンドの「黒船」というアルバムのラストの曲。
    このアルバムは、1曲目から、まるで黒船が日本に近づいてきたようなイメージを抱かせ、この、ラストの曲は、その黒船が日本の岸辺から遠ざかっていく感じがする曲です。
    思えば、加藤さんの存在そのものも、この黒船のようだったかもしれない。
    そう思うと、私には、加藤さんは、別の国に今、帰っただけのことで、
    また、呼べばやって来れるところにおられるような気さえする。

    そう思わないと、今すぐには受け入れられないよ。
    清志郎さんのことも、まだ私には、受け入れられてないのに…。

    公に発表する、公に知れ渡る、功績が、
    偉大でも、偉大でなくても、
    人の命は間違いなく存在して、歴史を作っていく。
    きっと私の、このちっぽけな命も。

    だから、やっぱり生きるのを頑張ります。




    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。

    ←いつもありがとうございます!
     よろしければクリックお願いします!


                              さよなら → 




    JUGEMテーマ:音楽
     
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | 加藤和彦・サディスティック・ミカ・バンド | 16:11 | comments(9) | trackbacks(0) |- pookmark