◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  摩天楼のヒロイン:南 佳孝  ○●○
    摩天楼のヒロインこのところ、前からずっと気になっていた部屋の片づけをしていることは前述の通り。
    無理のないよう、少しずつ、と思いながらも、どうしても直せないのがこの性格。
    やっぱり、「やっつけてしまわないと」ダメなのです。
    特に、好きなことじゃなくて、嫌なこと、したくないこと(つまり仕事などはほとんどこれです)は、やっつけてしまうまではご飯さえ食べたくなくなる。
    この、食いしん坊の私が、です。

    で、例にもれず、片付けも、なんやかんやと毎日やってしまいました。
    身体は筋肉痛、寝ていても引き攣り発作ばかり。
    それでも、やっぱりやってしまうのです…。
    でも、おかげさまで、昨日でほぼ、終了しました。
    あとは、たくさんできた膨大なごみ袋や、リサイクルに持っていく衣料品や本などを処分するだけ。
    スッキリしました。今日からは、少し、体を休めます。

    押入れの中のガラクタを整理していたら、
    付き合って初めての私の誕生日(高3の時の誕生日ですから、かれこれ25年前?)に、茶犬がくれたオブジェが出てきました。
    昔、よくあった「パンチキック」と呼ばれたもののような、
    中に空気を入れて飾る、等身大くらいのバドワイザーのビール瓶をビニールで再現したようなオブジェ。
    もう、今や、空気を入れようにも入るのか、それさえ分からないほどに朽ちてしまってましたが、やっぱり捨てずにいたんだなぁと思った。
    そして、今回思いきっていろんなものを捨てての片づけなのですが、
    やっぱり今回もこれは捨てなかった。
    不思議なほど、大してセンチメンタルな気分はなく、
    どちらかというと、「もし私がいなくなって、何らかの機会にこの押入れを見た時に、"うわっ!"と、懐かしいやら、照れくさいやら、やっぱりよぴちにもっと優しくすればよかったなどという後悔やらと一緒に手にとってくれよ」、
    …などという、いたずら心がほとんどです。

    そして、もうひとつ。
    もう、完全に電気系統がぶっ飛んでいて、音も出ないストラドキャスターと、
    当時使っていた白いシールド(ギターとアンプをつなぐコード)。
    音が出ないんだから、絶対に弾くことはないのに、
    やっぱり捨てられなかった…。
    外国人から見た、外国での、日本人観光客のイメージは、みんなカメラをぶら下げている姿、と、昔よく言われたけれど、
    失いたくない時間の存在をモノに求めることを、やっぱり私もやっている。

    なにはともあれ、気になっていた部屋がすっきりして、気持ちも落ち着きました。
    今日お届けする曲は、そんな、すっきりした日曜の夜に、落ち着いて聴ける曲です。
    南佳孝さんの、「摩天楼のヒロイン」というアルバムから、タイトル曲です。
    このアルバムは、通の間ではなかなか評価されたのですが、
    いかんせん、一般ウケしなかった。
    まるで、映画音楽のような、長い長いイントロに続いて、
    静かな歌声が入ってきます。
    私としては、佳孝さんは、もう少しポップな曲を歌っている方が好きなのですが、
    80年代の、バブルで浮かれていた時代を、「摩天楼」という言葉が、ある意味象徴しているような気がして、懐かしく響いてきます。
    あの時代に、自分の「若い、1番キレイな時代」を過ごしていた方、
    しばし、片岡義男ワールドにタイムスリップしながら、
    明日からの、ちょっとくたびれ始めたおじさんおばさんの日常に戻るための英気を養っていただければと思います(笑)。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます!よろしければクリックお願いします!
                                摩天楼のヒロイン → 


    JUGEMテーマ:音楽


    0
      | 南佳孝 | 14:40 | comments(6) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  スローなブギにしてくれ:南 佳孝  ○●○
      ビオラ 脚の調子は変わらず。左足の甲はむくんでパンパンで、痛いです。
      でも今日は、手の調子は昨日よりはいいかな。昨日は、お箸を持っていても、時々指が攣って困りました。

      予想通り、義母姉から電話がありました。
      一応、お礼の電話のつもりなのでしょうが、友人に見せたら「名前が大きすぎるんじゃないか」と言われたとのこと。それを私に言ったところで、誰が幸せになるのでしょう。私なら、まさか作成者本人にわざわざそんなことは言わずに、ただ、お礼だけを言いますが。
      とにかく、何度も同じ話で申し訳ありませんが、感覚が違うんです。
      しかも、「心ばかりのお礼」を、妹のところへ持っていく(ので、取りに来い)とのこと。わざわざ取りに行く元気があるなら苦労はしません。
      ちなみに、私は、仕上がったその年賀状は、茶犬に頼んで、郵便局から郵送したのですが。
      ま、消費期限のあるようなものでないことを祈ります。明日、義母姉が義母のところへ持っていって、義母から電話があるでしょうが、わざわざ取りに行くつもりはないので、消費期限のあるものだと困ります。
      明日、義母からの電話に耐えれば、それでしばらくは落ち着くと信じて、頑張って「お相手」します。

      今日の写真は、我が家の玄関前につるしたプランターのビオラ。
      雨にぬれて寒そうですが、花数も増えてきたので、ちんを送ったついでにケータイで1枚撮りました。
      ホントは、玄関ドアに飾るリースも作りたいし、ちんのマフラーも編んでやりたくて、デザインのアイディアが沸いてきてるのですが、材料を買いにいくエネルギーがない。

      今日は、懐かしい「スローなブギにしてくれ」をお届けします。
      我が家にはレコードしかないのですが、ちょうど You Tube にアップされてたので。
      思えば、浅野温子さん、若かったですね。お肌がピチピチと張っていた。
      私の大学時代は、片岡義男さん全盛期。ああいう世界、憧れてましたね。
      ホテルの最上階のプールなんかで優雅に泳ぐ、ワンレン・ボディコンのいい女。
      湾岸道路を、クーペになど乗って、颯爽とドライヴ。
      仕上げは夜景の見えるカウンター・バーなんかで、アルコール度数の高いカクテルなど。
      80年代です。

      そんな中、実はフォークが好きなんだ、とは言えず、自分でも、フォークが好きなことを忘れてしまっているくらいでした。

      今でも、80年代の音楽はやっぱり私のリアルタイムの青春として懐かしいし、よく聴いてますが、今は、フォークが好きなことも堂々と言えるようになりました。
      団塊世代のおかげで、数の暴力というか、フォークがまた、脚光を浴びていることもありますが、それ以上に、流行にとらわれる必要がなくなったことが大きい気がします。
      今の私は、流行にのっていることよりも、どれだけ「自分」を持っているか、の方が大事。自分を持っている人に格好良さを感じるし、憧れます。

      FNS歌謡祭を観ながら、我が家の食卓では、
      私「郷ひろみ、西城秀樹、野口五郎クラスのアイドルになると、当時は、ファンでなくて
        もみんな本名を知っていたくらいだよ」
      茶犬「そうや。あれ?西城秀樹って何やったっけ? あ、野口五郎も知らん」
      ちん「なんか、野口五郎は、昔くさい名前だった気がする。4文字名前とか」
      私(ニヤニヤ…)
      茶犬「あかん、もう思い出せんで教えてくれ!」
      私「木本龍雄、佐藤靖」
      ちん「あ、ほら、靖ってなんか昔くさいよ。秀樹っていうのも昔くさいけど」
      私「え〜っ!イマドキは、もう、秀樹は昔くさいの? 母ちんたちの頃は、秀樹って、ち
        ょっと派手なほうの名前やったけど」

      どうですか? 皆さんも、「秀樹」、もう、昔くさい名前だと思います?
      4文字(たとえば、○○イチ、とか、○○ヒロとか)は、もう、古いんですか。
      そういえば、最近は、コウキとか、リュウガとか、そんなのが多いですもんね。
      語尾に〜ヒロだの、〜イチだのって付けた名前、珍しいかも。
      諸行無常の響きあり。

      …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

                                  スローなブギにしてくれ → 


      JUGEMテーマ:音楽


      JUGEMテーマ:70年代・80年代


      0
        | 南佳孝 | 23:02 | comments(4) | trackbacks(0) |- pookmark