◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  ALONE AGAIN:Gilbert O'Sullivan  ○●○
    ギルバート・オサリバン1日中、雨、ということはなくとも、
    じめじめと、湿度の高い毎日。
    除湿をしたいけれど、除湿すると寒かったり。

    ここにきて、出かけた時に、
    視界に紫陽花の花が入ってくることが多くなりました。
    過ごしにくいと思う気持ちに、
    一瞬でも、ホッとする瞬間をくれます。

    先週は、火曜日から木曜日まで、まず、私が単独で ちんのところに行って、楽しんできました。

    ちんは、いつも週末は、大阪の学校に行っている彼と過ごすために、
    土日しか、ちんに会う機会のない茶戌は、ずっと会えずにいた。
    ひと昔前なら、盆暮れに会うくらいが関の山、それさえも帰省せず過ごす学生も多く、親には長いことあってない、なんて当たり前だったのですが、
    今や、通信機器の発達で、スカイプなどという、映像つきの電話ツールなどもあるために、かえって、私などは「離れて暮らしている」という自覚も出来ず…。
    欲が出てしまうわけです。

    で、じゃ、彼も含めて4人で、週末、京都で食事をしようよ、ということに話は急展開。

    土曜は、茶戌は午前中は所用があったので、13時過ぎに福井に戻り、
    お昼御飯を軽く食べて、15時ごろに出発。
    17時半には京都に着いた。

    四条烏丸のお店に、18時半に予約を入れてあったので、
    ちんたちと、JR京都駅裏で合流し、4人で車でお店まで。

    焼鳥屋さんなのですが、安くておいしい。
    彼はもう、20歳を過ぎているので、お酒もOKということで、
    茶戌も彼も、お酒が進む。

    20時半過ぎに、そろそろお腹もいっぱいになったけれど、
    「宴たけなわ」では別れづらく。
    じゃ、もう、今日は大阪へ帰るのはやめて、
    京都のちんの下宿でみんなで寝ようよ、という、
    まるで学生のようなノリで、四条を離れ、ちんの下宿までの途中、宇治でカラオケに入って、これまたフリータイムで飲めや歌えの大騒ぎ。

    下宿には、ちんのベッドの他は、布団は茶戌と私の分、2組しかないので、
    ちんはベッドで(ちんのベッドはロフトなので比較的、部屋が広く使える)、
    茶戌は敷布団は無しで、カーペットの上に敷布団を掛け布団にして、
    彼は、ソファーで敷布団は無しで掛け布団だけ使って、
    私は、部屋から玄関までのキッチンの通路に布団を敷いて、
    それぞれ眠った。
    まるで、学生時代の「誰かの下宿での飲み会」の後、のよう…。

    本当に楽しくて楽しくて、
    ここにきて、入院がめんどくさいやら、また、前回の時のように施術がうまく進まなかったら、などという不安やらが押し寄せてきている私に、つかの間の幸せをくれた。

    今日は茶戌も小松に戻り、私は静か過ぎるほど静かな中、身体を休めています。
    正直、胃の調子はすこぶる悪い。
    でも、先週の過ごし方についての後悔は一切、なし。


    この前、入院中に使う妹のパジャマを借りるために、実家に行ったら、
    母が、「昨日、妹とまた喧嘩になった」と話し始めました。
    2人は激しい性格なので、よく叫びあいの大喧嘩になる。
    そのくせ、いつも一緒にいるのです。
    母は、妹の子供がかわいいし、妹は子供の面倒をみるのが嫌なので、母に2人の子供の食事も入浴もすべて任せて、自分はいつも、ケータイゲームをしているか、寝ている。
    その時の喧嘩も、「(親の)あんたが、そんなだから、あんたの子は2人とも、しょっちゅう身体を壊して医者通いになるんや」から始まり、
    「ああ、そうね、お母さんがそんなだから、お姉ちゃんはかわいそうに、あんな病気になったんやろ」
    「そうや、お母さんが、お姉ちゃんを、あんな、身体の弱い子に産んだから、そうなったんや。だからお母さんは、まんまんちゃん(実家が入信している宗教)を一生懸命やってるやろ」
    …云々。
    それを、母の口から語られる。

    母は、しょっちゅう私に、一生懸命まんまんちゃんをやるのは、あんたを守ってもらうため、というようなことを言う。
    私も親だから、娘のために、何にでもすがりたい思いはよくわかる。
    でも。
    まるで言い訳のように、私に言われるのは、私にはつらいこと。
    どう、言葉を返して良いものか分からなくなる。
    それでなくとも、心の中に、「心配かけてごめんね」という気持ちが いつもある。
    そして、それとは別に、私は、この病気は決して自分の身体が弱いからなんて思っていない。
    放射線や、有害物質を大量に被ばくすることの他は、科学的に発生原因や機序も明らかになっていない。
    だから、これは運命だと、割り切ることで自分の心を支えているのに…。
    そう言いつつ、母は今まで、妹の場合は、たとえ盲腸の手術の時でも、手術時も、その後も毎日、病院に通っていたが、私の入院に関しては、病院まで車で送ってくれるのですら、最近になって初めてのことだった。
    もちろん、毎日、病院を訪れることはない。妹の子供たちの面倒を見なくてはならないのに、その子たちを、病原菌でいっぱいの病院に連れてくるのはよくないので…。

    病気になると、本当に心が狭くなって、ひがみっぽくなってしまう。
    結局、人って、1人なんだ、と…。
    自分の、そういうところが見えてくるのがまた、つらい。
    情けない。

    病気になったことは運命だとあきらめることで、
    そのせいで、周りのみんなを多少なりとも不幸せな気分にしてる、そのみんなの痛みさえも、出来れば受け止めて、救いたい。
    そんな人間になりたくて仕方ない。


    …そんなわけで、23日から、しばらく「拘置」されてきます(笑)。
    ダイエットできるといいなぁ…。冬の入院時は、あんまり出来なかったんですよね…。
    なんか、慣れてしまうと、全っ然、食い気がおさまらず(笑)。
    退院したら、速攻で爆食いしてたもんね…。

    ヒマすぎるので、ケータイで皆さんのブログへは、毎日どころか、日に何度もお邪魔すると思います。ただ、例によって、ケータイでの文字入力が面倒な私は、コメントは出来ないと思いますので、ご容赦ください…。


    今日、お届けする曲は、ある意味、私の理想かもしれない曲。

    ”Alone Again, Naturally”…。
    自然に、受け止めていける自分でありたいです。


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。  


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いします!


                             ALONE AGAIN → 

    JUGEMテーマ:70年代・80年代 
    JUGEMテーマ:音楽
    0
      | Gilbert O'Sullivan | 15:30 | comments(12) | trackbacks(0) |- pookmark