◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  Never As Good As The First Time:SADE  ○●○
    Promise覚えている限り、ここ数年の中では早くに梅雨が明け、空が一気に高くなりました。
    入道雲を見ると、「あぁ、夏だ〜」と思います。
    暑さに耐えられず弱っている、我が家のパンジーを見ながら、植え替えなくてはと毎日思っていましたが、昨日ようやく、ポーチュラカに植え替えました。
    思えば、私の退院を迎えてくれたパンジー、本当に、ありがとうね…。

    昔は、私は夏が大好きで、娘の名前にまで「夏」を入れたほど。
    理由はいたって簡単で、雪の降る福井では、冬は何かと大変で、遊ぶ約束も、仕事の約束も、雪のせいで身動き取れなくなることさえあって、不自由な気がした。
    それに比べ夏は、1日が長い気がして得した気分になるし、少なくとも天気のせいで予定をキャンセルしないといけなくなることはなかった…。
    私の大好きな「夜」なんて、1日の中でも過ごしやすい気温にさえなって、
    まるで、「どんどん遊んで〜!」って、応援してくれてるようでした(笑)。
    それが、私が夏が好きだった理由じゃないかな、と、自分では思っています。

    そんな私が、ここ数年、体の状態が悪化してからは、夏と冬は、ただただ、耐える時季になっていました。
    正直、ちょっと憂鬱でした。

    けれど、この間、夕暮れに福井県敦賀市の海岸沿いを車で走っていたら、
    土曜日で、世の中は休みなせいか、
    砂浜で、海水浴をしていた家族を数組、見かけました。
    嬉しい気持ちになった。
    そうだ、海の季節だなぁ、って…。

    私は、海に潜るのが大好きで、まぁ、アワビとかサザエとか獲れたらそれはいいですが(違法行為でしょう笑)、そうでなくても、生態系をみるのが大好きでした。
    だから、砂浜よりも岩場に行くのが好き。
    1度、岩の間で大波に巻き込まれて、死ぬかと思ったこともありましたが…(^_^;)
    若い頃は、ウィンドサーフィンをやっていたので、
    ボードの上で、さわやかな海風に吹かれながら、海を見るのが好きでした。

    まぁ、今は、夏でも脚を温めるウォーマーをしていないと、
    ちょっと歩くにも攣ってしまう状態だから、
    海なんて、もってのほかで、
    そんなこともあって、夏が、ただただ耐える時季になってしまってた…。

    それが、その時、どこか心が弾んでいる自分を見つけて、
    自分でも驚きました。

    少しだけ、気持ちが前に向いたんだな…、って…。



    インターフェロンを休薬して、体が軽くなっていくのとともに、
    そんなふうに、少し気持ちが前に向いて、外に出始めた私ですが、
    この前から書いている通り、その分、別の意味でのストレスも増えてきているのは事実。

    外に出たら、やっぱり「フツーの人」として振る舞わないといけないし、
    けど、実は「フツーの人」と同じようには出来なくて…。
    言い訳なんてできないから、結果として私は、
    「努力が足りない」か、「能力がない」人間、ということになる。
    そのたびに、悔しくて、悲しくて、
    いっそ、外になんて出ないでおこうか、という気持ちになってしまう…。

    仕事の上ではもちろんのこと、
    ギターひとつとっても、仲間たちは、そもそも上手か、
    または、最初はそうでもなかった人も、どんどん上手になっていってるのがわかる。
    でも、私は、相変わらずヘタレ。
    せめて昔のレベルにくらい、戻れたら、と思うものの、
    やっぱり途中で手が攣ってきてしまうし、
    根を詰めて練習すると、グッタリと起き上がれなくなってしまったり、
    …そのたびに、やっぱり今の自分って、全然フツーの人なんかには、なれないんだな…と、実感して、落ち込むばかり…。

    なので、もう私は、ただ、楽しもう、
    自分ができる範囲で、ただ、楽しければいい、
    「上達することの楽しさ」じゃなくても、
    弾いてたら、歌ってたら、ただそれだけで楽しい、
    …で、いいじゃん、って、思おうとしています。
    仕事も、出来る範囲の中で、でも、
    歩みは遅くても、前には進みたい、と、今は思えていて、
    2004年を最後に止まっていた私の業績を、
    いつになるかわからないけれど、また、増やしていけたらいいな、と、
    少しずつ、種をまき、動き始めています。
    モノになるかどうかは、わかりませんが…(^_^;)


    今日、セレクトした曲は、毎年言ってますが、夏になると思い浮かべる曲の中の1つ、SADEの”Never As Good As The First Time”です。
    そう、初めての時よりいいことは、2度とないんですよね、きっと…。
    だからみんな、過去に依存する。
    私も、昔を思い浮かべても、その通りには出来ないし、
    きっと、昔の通りにやれたとしても、いいのは、「久しぶりに出来た、初めての時」だけなんだろうと思う。

    少しずつでも前に進んで、
    以前に比べたら、バカみたいに小さなことや、
    バカみたいに遅い1歩でも、
    今の私の”First Time”として、その時その時、喜びながら、
    人生を、流れていきたいなと思います。


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。



    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


              Never As Good As The First Time → 


    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    JUGEMテーマ:音楽
    0
      | SADE(シャーデー) | 18:52 | comments(14) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  Your Love Is King:SADE  ○●○
      Best Of SADE 今日は、福井市の夏祭りの初日。
      福井市は、昭和23年6月の震災、9月の大雨(福井市のメインの川である九頭竜川の堤防決壊)から、復興したことをもとに、不死鳥ふくい、をキャッチフレーズにしていて、このおまつりも、「フェニックスまつり」と呼ばれています。
      今年は、例年ならファイナルだった花火大会が、初日の今日でした。我が家のあたりも、外で、花火の上がる音が聞こえていました。

      決まり文句ですが、「夏ですね」。
      いろんなものに、夏を感じます。
      特に、鼻が効く私は、匂いに季節を感じることが多いのですが、
      夏の匂いのひとつに、焼けたアスファルトに雨が降った後の匂い、というのがあります。

      ところが、今年は、ホントにこの匂いから遠ざかっています。
      雨が、降らない。
      やっと恵みの雨だ、と思っても、お湿り程度。
      さすがに、雨が降った日は多少、気温は下がりましたが…。

      昨日、夕方、実家のPCでないと出来ない作業をするために、
      久しぶりに実家へ行きました。
      実家の前は、向かいの大きな通りまでの間に田んぼが拡がっています。
      実家の前のスペースに車を止めるべく、ハンドルを切る時に、ふと、稲穂が青々と育っているのが目に入ってきました。

      ああ、もう、こんな季節なんだな。
      夏だなぁ。

      今の実家は私が中3の時に引っ越した家で、
      産まれて最初に育った家のあたりには田んぼはなかった。
      そのせいか私の幼い記憶の中に、稲穂の姿はありません。
      でも、昨日は、稲穂を見て、夏を思った。
      それはなぜだか、わかっている。

      父は、私が19の時に脳卒中で倒れ、以来、半身不随となって、逝去する6年前まで、自宅療養をしていた。
      父の気持ちも、少しは察しているつもりの私でしたが、
      やはり、元気で忙しくしていた頃には、
      父が、日がな1日、家で過ごしている時の心境など、
      寄り添ってみる余裕も、理由もなかった。

      でも、さすがに、インターフェロンを打ち続けているうちに、
      身体を動かすのが本当に大変になってきた私は、
      年ごとに仕事の量を減らし、出勤の日数を減らし。
      家の中で過ごす時間が長くなってきた。

      そんな時、たまに実家へ行くと、いつも父が、
      当時、実家で飼っていた白い雌猫を膝にのせて、
      父も猫も、微動だにせずまるで置物のように、
      台所のテーブルの椅子を窓の方に向けて、
      じっと座って、外を見ていた。

      「いっつも、そうやって、外を見てるけど、何が面白いの?」
      …と、茶化すように聞いたことがあった。
      父は脳卒中で倒れて一旦、意識を失ってから徐々に回復する過程で、
      すっかり赤ちゃんのようなところから始まって、
      結局、ほんの少し子供のような感じを残したまま回復したので、
      その頃にはもう、私は、父に話す時は、少し、茶化すように、
      まるで、自分よりも目下の、もっと言うと子供に話すかのように、
      話をする癖がついていた。

      その時父は、
      「何って…、稲穂がどんどん変わって行くのを見てると面白い」
      と答えた。
      「あ、そう」と、やっぱり茶化しながら、まるで小さな子供の相手をするかのように、笑って返したのを覚えている。


      でもだんだん、私も、そんなふうな、自然の生き物たちの小さな変化…つまりは、大袈裟にいえば「生きざま」みたいなものが、面白く思えるようになってきました。
      今は、父のように、微動だにせず椅子に座って稲穂を見続けることが、きっとできると思う。

      あれ以来、毎年、稲穂が膨らんでくると、
      夏だなぁ、と感じるようになったのです。


      今日は、私が、なぜか夏になると聴きたくなるSADEの曲の中から、
      夏の、陽が落ちた後、少し涼を感じられる頃に、
      涼しい部屋で、1日の終わりにホッとしながら聴ける曲をお届けします。
      SADEの曲は、なんといってもこの、エキゾチックなヴォーカルがいいのですが、
      全体に初期の頃はJazzにR&Bをmixしたような、ノリのいい、それでいて「濃過ぎない」、透明感のある感じがなんとも言えず素敵だった。
      出会いは大学2年の夏だったと思う。
      ファーストアルバムの”Diamond Life”と、セカンドアルバムの”Promise”は、すぐにお気に入りになって、夏の間、部活が終わって、少し涼しくなった夜8時からの家庭教師のバイトに通う車の中で、1番聴いたアルバムだと思う。
      そのせいか今でも、SADEは夏に似合う、と、自分の中で決めつけてしまってる(笑)。

      あまりにも毎日暑いので、中では少しは涼しそうな曲を選んだつもりですが、
      これをお聞き下さる皆様の、心地よい時間になってくれることを祈って…。


      …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


      ←いつもありがとうございます。
       よろしければクリックお願いいたします。


                           Your Love Is King → 


       JUGEMテーマ:70年代・80年代
      JUGEMテーマ:音楽
      0
        | SADE(シャーデー) | 00:21 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark