◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  Ma Jeunesse Fout Le Camp:Francoise Hardy(もう森へなんか行かない:フランソワーズ・アルディ)  ○●○
     フランソワーズ・アルディようやく福井も秋らしくなってきました。
    もちろん、まだまだ朝夕と、日中の気温差は激しく、日中は半そででないと汗ばむほど。
    ただ、いよいよ最高気温が30度を超えることがなくなってきました。
    実家は、母の農家の友人から米を買っていますが、今年は、福井米も去年より少し値が下がったそうです。
    やはり、暑過ぎて米粒にも影響が出たようで…。


    なかなか身体が復調してこないことに、
    さすがの私も少しビビりまして、
    このところは、おとなしく、自宅で養生しておりました。
    減塩、タンパク調整ピッチリと、
    その分、何か食欲もなく…(おいしいものなら、いくらでも食べたい!)。

    加えて、少し気候も落ち着いてきて、
    いよいよ、日中、薄手の長そでを着ていても、暑すぎることは無くなってきたので、夕方になって急に寒く感じることもなくなり、
    風邪のような症状も軽快してきたように思います。
    まぁ、まだ口内炎はありますが、こんなものは序の口、序の口。

    ただ、楽しみにしていた19日の加川良さんのライヴを、熱発のため、やむなく断念せざるを得なかったことが、残念で残念で…。
    まえに、拓郎さんの時も、
    「私は拓郎さんには縁がないのかなぁ」と思ってしまったことがありましたが、
    今回も、少し、そんな気が。
    でも、いや、まだまだ、良さんは年に最低でも1回は福井に来てくれてるから、
    必ず逢える日が来るぞ、と、自分に言い聞かせたのでした。


    そうして、どうにか体調を整え、昨日27日に、
    金沢ぷかぷかで、茶戌と私のフォーク酒場デビューを、
    ものすごい力で後押しして下さって、
    初めての私たちをステージにあげて下さるだけでなく、
    めいっぱいのサポート演奏をして下さって以来、
    何かとお世話になっている「ぐっちさん」の壮行会に参加してきました。
    なぜ、壮行会かというと、ぐっちさんは、公務員でおられまして、
    なんと!このたび、福井へのご栄転が決まったからなのです…!
    嬉しいのだけれど、今のところ、福井では、金沢以上のフォーク酒場を発見できていないので、ぐっちさんが、退屈されるのではと、少し、心配…。
    まぁ、それでも、また一緒に金沢へも行こうと思っているし、
    ぐっちさんが居なくなってしまうわけではないので、
    あくまで、1つの通過点です。

    壮行会は、さすが、ぐっちさん。
    たくさんの人が集まり、楽しい、「なかなか終われない」会となりました。
    「好きだった人」で、みんなで、ぐっちさんのことを替え歌にして歌い、
    ラスト「おもかげ色の空」では、ぷか店長さんが、歌詞に合わせて照明を絞る、という、ニクイ演出もされて、
    本当に楽しく、私は泣きそうになるのを何度もこらえるのに大変でした。


    で。
    ぷかぷかに向かう際に、福井から金沢へ行く途中の小松で、茶戌と合流し、
    そのまま金沢へと車を走らせるわけですが、
    その時、私はよく、小松のコミュニティFMをBGMにしていることが多いのです。
    ここは、夕方7時ごろからは、途中にMCがひとつも入らないほど、
    連続してひたすら曲を流してくれる、有線放送のような状態なのです。
    それが、私にはとてもよくて、この局のセレクトが多いのです。

    昨日も、しぶいことに「西田佐知子特集」。
    素晴らしい。素晴らし過ぎる。
    やはり、昭和歌謡というのは、すごい芸術だなぁと、感心しきり。
    なんといっても、楽曲として、コンパクトに、キレイにまとまっている。
    この、まとまり感から離れたくて、
    今の、J-popはあるのだと思うけれど、
    それに慣れてしまった今では、逆に、このまとまり感は、
    まるで、俳句をひねるかのような芸術を感じます。
    コード進行も、洒落たものがたくさんあるし、
    ジャズあり、ブルースあり、日本固有のメロディーラインあり、
    ロカビリーあり、カントリーあり…。
    (これは、西田さんの曲が、というのではなく、昭和歌謡が、ですが…)

    番組の途中で「1960年代を彩った西田さんの…」というようなMCが入りました。
    ああ、まさに、昭和30年代から40年代、
    …私が生まれた頃なんだな、と、思いました。
    私は、当然のことながら、せいぜい3歳か4歳くらいからしか記憶がない。
    だから、その頃の曲というのは、
    いしだあゆみさんの「ブルーライト・ヨコハマ」や、
    西田さんの曲では、「アカシアの雨がやむとき」、「女の意地」くらいしか記憶になく。
    ただ、これらはとても好きで、よく歌っては母親に、
    「子供がそんな歌を歌うものじゃない」と叱られたことまで憶えています(笑)。

    そんなこんなで、70年代を感じさせる曲が聴きたくなり、
    車の中でCDのキャリーバッグの中を探して、目に留まったのが、
    今日、お届けする、フランソワーズ・アルディのCDでした。
    音源がカセットテープしかなく、テープからデジタルにおこしたものなので、
    多少、音質は劣りますが、それも含めて「70年代らしさ」と解釈したい。


    昨日、いつも、ぷかぷかでご一緒する、ある方が、なんとこのブログをご高覧下さっているようで、その方に、
    「よぴちは、ブログの中島みゆきっぽい暗い感じと、実際に、この店で会う時の明るい、全然違う感じの、ギャップが面白いんだ」と言われました。

    あぁ、このブログって、暗いイメージなのね、と、そこで初めて知った始末(^_^;)。

    まぁ、どんな人でも、いろんな面を持っている。
    私は、このブログで、うまく自分のいろんな面を出して、セルフコントロールしているのでしょうね。
    そういう意味では、このブログは私にとって、うまく機能しているんだな、と思いました。

    ブログで知りあった皆さま、
    実際の私は、たぶん、ひっくり返るほどのギャップがあるということです♪
    そして、実は、その方も知らない、「オヤジ」としか言いようがない私が、
    実際の私の大半だったりして(^^ゞ
    ああ、そういう日が来るのが楽しみ〜♪
    いや待て、すでに見抜いてる方だって大勢おられるんだろうな(←それも、今、初めて思い至った始末(^_^;))。

    まぁ、お会いできる機会があれば、いつでも、私は大歓迎ですので、
    よろしくお願いしま〜す(*^^)v


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


          Ma Jeunesse Fout Le Camp(もう森へなんか行かない) → 



    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    JUGEMテーマ:音楽


    0
      | Francoise Hardy | 23:57 | comments(14) | trackbacks(0) |- pookmark