◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  セプテンバー:チューリップ  ○●○
    おいしい曲すべて福井は、今年はとうとう梅雨明け宣言が撤回され、結局、梅雨が明けて「夏が来た」ことにはならないまま、9月に入りました。でも、この1週間ほど、さすがに「夏」のほうも、このままでは立場なしと思ったのか、少し残暑になっています。

    ちんは、今日から学校祭。土曜日の体育祭でフィナーレを迎え、彼女の青春にひとつの区切りがつきます(ついてくれないと困る、笑)。


    私が入院前から、ずっと心配していた衣裳係のリーダー。
    なんとか計算通り、具体的に活動するころには私も退院できたので、
    材料の買い出しのアッシー君(←死語)から、デザイン、縫い方の相談まで、
    私も大して出来ないだけに困惑しながらも、
    どうにかきのうの時点で衣装は出来上がり、応援の子たちにも喜んでもらえたようで、私も一安心です。

    秋といえば運動会で、9月は、義父の3回忌、地区の運動会(我が家は今年、町内会の会計なので、準備運営から逃げられない)と、毎週毎週、土日のたびに予定が入って、茶犬は本当にかわいそうです。
    どうしてもウィークデーにしかできないことは、私がやるしかなく、
    こんな時に限って、頑張っておられた会長さんが、ガンで倒れて、
    我が家の事情をご存じの会長さんが、これまでなるだけ私たちに負担をかけないようにと、やってくださっていたことなども、すべて、戻ってきて、
    私もほんの少〜しだけ、忙しい。
    病院への通院も、今まで4週間に1度だったのが、2週間に1度、さらに、それに消化器科への通院も加わったので1カ月に3回も4回も通院です。

    そのほかに、ここにきて、心機一転頑張ろうと、新たに研究プロジェクトを始めたので、そのゼミが、2週間に1度くらい。これからもっと増えるでしょう。

    忙しいのは嫌だ。
    でも、忙しいと、暗いことを考えてる時間が減る。
    だから、無理のない範囲で、なるべく忙しくしていきたい。


    今日、お届けする曲を選ぶときに思ったのですが、9月の曲って、意外と多い。
    9月、って、やっぱり、ひとつの節目なんでしょうね。
    候補に挙がった曲は3曲あったけれど、今日は、チューリップの曲にしました。
    後の2曲は、また次の機会に…。


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます!
     よろしければクリックお願いします!

                              セプテンバー → 





    JUGEMテーマ:音楽
     
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | チューリップ | 17:36 | comments(14) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  サボテンの花:チューリップ  ○●○
      以前も書きましたが、1年くらい前からインターフェロンを少しずつ減らしてきています。
      ここにきてようやく、体の中からインターフェロンが抜けてきているようで、筋肉痛や引き攣り発作は少しは軽くなったものの、代わりに、最近は、打つたびに、最初に治療を始めたばかりの頃のような発熱があって困っています。一過性のものとはいえ、打つたびに39度以上の発熱。

      今は、インターフェロンの注射は3日に1回にまで減りましたが、
      打った日は39度、翌日は7度5分程度の微熱、
      となると、マトモな日は1日しかなく、さっさと次の注射日がやってくる。
      今回はこれに、風邪が重なって、発熱はあるわ、唾も飲み込めないほどにのどは痛いわ、眼やには出るわで、もう、まいりました、、、。
      相変わらず、このGWも、29日はちんはバスケの公式戦(結局4位で終わりました)、残りも毎日部活か模試で、1日も休みはありません。
      でも、比較的朝は調子がいいので、弁当作りや洗濯はどうにかできた。
      なので、あんまり生活に支障は出さずに済んだ。
      皆様、長いこと留守にしまして、万が一にもご心配くださった方がおられましたら、
      本当に申し訳ありませんでした。まだしばらくは、こんなことが続くかもしれませんが、
      懲りずにお付き合い下さるとうれしいです。

      で。発熱につきものの「水枕」ですが、私は、入院時代から、あの、ゴム製の、昔ながらの水枕が1番好きなのです。あれが1番よく頭や顔にフィットして、気持ちいい。
      いつも、茶犬が作ってきてくれるのですが、一昨日は、さすがに真夜中で、茶犬熟睡中だったので、起こしてまで頼むのもはばかられて自分で作りに下りました。
      そうしたら、なんだか茶犬が作ってくれたのほど気持ちよくない。
      どうも、私は氷を「ちびる」みたいだ。翌朝茶犬に聞いてみたら茶犬はたくさん氷を入れていました。
      発病当初は、新婚の時、2人のないお金をかき集めた買った安物の冷蔵庫で、製氷機なんてついてなかった。ロックアイスを冷凍室に常備するも、冷凍室も狭いし、よく茶犬に氷を買いに走ってもらった。だから自然に、氷をちびる癖がついてしまってた。

      そんなこともあったなぁ、なんて、いろんなこと思い出したりしている矢先、
      茶犬の転勤の内示が出ました。
      本当はもうずいぶん前から、どこかへ出ないといけなかったのですが、
      私が病気になってしまった上に子供が小さいということで、茶犬は、不本意な場所でもいいので福井に残らせてもらうよう、お願いしていたのです。
      でも、2年ほど前に、再度上司から、福井には異動先がないが、もういい加減どこかへは異動しないといけない、どうする?というような確認をされて、子供も少しは大きくなってきたし、ということで、異動してもよいという返答をしていたのです。

      幸い、単身赴任とはいえ、車で2時間弱の隣県なので、本人は基本的に土日は帰ってきて、自分は洗濯はしない!と言っていますが、さて、どうなることやら。

      でも、来年には、ちんもこの家を出て行ってしまう確率は高い。
      なんか、一挙にみんないなくなってしまって、
      私ひとりになるのか、と思ったら、なんだか切ない気持ちがこみ上げてきました。
      病気になった時から、茶犬やちんを置いていくことしか考えられなくて、
      自分が置いて行かれる立場になる、というのは想定外だったのです。
      少しずつ、心の準備をしておけたなら、もう少し、落ち着いていられたのかもしれません。
      ちんが出て行くだろうことは、少しずつ考えて、気持ちの準備をしていましたが、なんとか茶犬と2人で、慣れて行こう、と思ってた。
      でも、その茶犬もいなくなるとは、本当に突然ひとりにされたような気持ちになって、準備不足だった、、、。

      今日お届けする曲は、季節外れではありますが、
      なんとなく今の私の心境に少し、あう気がして選びました。

      …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

      ←いつもありがとうございます!
       よろしければクリックお願いします!

                                サボテンの花 → 

      JUGEMテーマ:70年代・80年代
       
      JUGEMテーマ:音楽
      0
        | チューリップ | 10:27 | comments(19) | trackbacks(0) |- pookmark
        ○●○  置いてきた日々:チューリップ  ○●○
        Welcome to My Houseこの間まで、まだ、綿の入ったジャケットを着るには、少し恥ずかしい感じだったのに、季節は瞬く間に、「晩秋」へと動いて行ってしまったようです。
        これからは、ほんの少しの「暖かい日」を、この上なく有り難く思うのでしょうね…。

        故・中島らもさんが、エッセイの中で、浪人中に自殺してしまった友人のことを書いておられました。
        自分達は、いつも予備校をサボるためにたむろしていた喫茶店のおしぼりで、耳の穴を拭いてしまうようなおっさんになったけれど、その友人は、あの頃のままだ、と…。

        私も、大学4年の時にバンドのサークルの2つ下の後輩をバイク事故で失いました。
        もうずいぶん前になりますが、自分のステージのビデオを観てみたら、その彼が司会をしていました。
        当然のことながら、あの頃のままです。
        もうずっと、これからも、彼はあの頃のまま。

        あの頃のままでいれるのはいいなぁと、中島さんは言いながらも、
        "でも、しょうもないおっさんになりながらも、生きていたら、
         たま〜には「生きてて良かった」って思う瞬間がある。
         その瞬間があったら、ほかの、たくさんの、煩わしいことや
         嫌なことなんかがあっても、
         やっぱり生きて行こうという気持ちになってしまう。”
        と書いておられた。

        私も、時々、生きてる方がつらいかもね、と思うことがあります。
        でもやっぱり、辛いと思う事より、回数的にはずっと少なくても、
        幸せだなぁ、と思うことがある。
        だから、やっぱり生きて行こうと思う単純バカ。
        昔の日々を、決して昔に置いて来たんじゃなくて、
        それを土台に積み上げてる1番上にいるだけのこと、って、
        私は思ってます。

        今日お届けする曲は、チューリップの後半(…と、勝手に言わせていただきましょう)、
        「夕陽を追いかけて」や、「約束」の頃の曲です。
        "Welcome to My House"のB面でした。
        「動かざること、山の如し」というほど、全く動かないものには「静」や「強さ」を感じますが、同じ動きを繰り返す、風車や観覧車や振り子などには、かえって、淋しい「静」を感じますね…。
        この曲の歌詞中にも風車が出てきますが、それはかなしい風車です…。
        サウンド的には、さすが、ビートルズに魅かれて組んだバンド。って感じ。
        コーラスなど、すごくビートルズっぽさを感じさせます。
        チューリップは、後半、どんどん音作りが洗練されてきて、
        この曲のような、おしゃれでポップな曲になってきたように思います。

        …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

        ←いつもありがとうございます!よろしければクリックお願いします!

                                     置いてきた日々 → 

        JUGEMテーマ:70年代・80年代


        JUGEMテーマ:音楽


        0
          | チューリップ | 17:22 | comments(11) | trackbacks(0) |- pookmark
          ○●○  私の小さな人生:チューリップ  ○●○
          魔法の黄色い靴最初にお断りさせていただきますが、今日のは究極のわがままボヤキです。読むのが嫌になったり、読んでいてムカついてくることが予想されます。すみません。

          今日、えいちょんさんにメールしていて、自分の人生ってなんなのかな、と、ふと思いました。
          音楽や美術など、なにか作品を残しているわけでもなく、
          何か素晴らしい功績を残しているわけでもなく…。
          29歳で白血病が発覚して以来、とにかく生きてきました。
          それだけでも素晴らしい、などと言っていただいても、やっぱり私は喜べない。
          確かに、命を落としていった数々の方々を思えば、生きている私は恵まれている。
          でも、もっともっと、楽に楽しく生きている人もいっぱいいる。
          器の小さい私の、欲望はとどまるところを知らず、
          生きていたいのだけれど、今後も死ぬまで、ずっと、病との戦いを避けられない、
          その毎日を想像すると、思わず嫌になってきます。
          時々、疲れたと言わせてほしい。
          健康な方々、いいなぁと言わせてほしい。
          たとえお金が無かったり、嫌なことがいっぱいありまくりの毎日でも、
          病との戦いがないというだけで、いいなぁと、時には言わせてほしい。

          見た目には、病気とは分からない私の病気。
          いちいち人に説明するのも面倒で、
          つい、健康な人と同じことを求められるし、それを何とかやろうとしてしまう。
          何か1つやるとして、それが私にとってはどんなに大変なことか、
          説明するのも面倒だし、したところで本当には分かってはもらえない。
          不自由。時々ギプスか包帯をしたくなる。

          楽しいこともいっぱいあるし、それなりの毎日なのですが。
          心の中に「しみ」のようにある、不安感、これが、何をしていても付きまとってくる。

          それでも、もっとひどい状態の方々もたくさんいる、私も頑張らなくては、とは、今日は言いません。
          今日は、誰のどんな言葉も欲しくない。
          どなた様も、こんな我儘者に、貴重なお時間を割いてまで、コメント下さらなくていいですよ。

          こんなことは、たまにしか書かないので、
          時には、お許しください。

          今日は、チューリップの「私の小さな人生」をお届けします。
          あの頃のフォークの人たちには、こんな曲が必ず1曲はあったように思います。
          こんな曲とは、「コンサートのエンディングに似合う曲」とでもいいますか。
          千春さんでいえば「おやすみ」、「悲しい時には」、長渕さんでいうなら「さようならの唄」、風なら「終わりのない歌」などなど…。
          なんとなく、今日の気分に、この曲が合う気がしました。

          …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

          ←いつもありがとうございます。よろしければクリックお願いします。

                                       私の小さな人生 → 

          JUGEMテーマ:音楽


          JUGEMテーマ:70年代・80年代


          0
            | チューリップ | 23:34 | comments(15) | trackbacks(0) |- pookmark
            ○●○  夕陽を追いかけて:チューリップ  ○●○
            夕日桑田投手が引退表明しました。
            清原選手のコメントを観た時、私もグッと来るものがありました。
            18歳の桑田投手に、周囲の大人の動きを封じるほどの見識がなかったのは想像に難くありません。
            故に私は、桑田投手を悪く思ったことはないのです。
            読売巨人軍のやり方は嫌いですが。
            しかし、清原青年は、どうしてもジャイアンツのユニフォームが着たかった。
            桑田投手を憎んだ時期が、もしあったとしても、それは仕方がありません。

            ”桑田がいたから、俺はここまでやってこれた。まだ、気持ちの整理がつきません。”

            私も、仕事上のライバルがいました。
            私の若い時の、あれほど仕事に一生懸命だった時期は、
            その人に引っ張られ、その人の上をいくべく、頑張ったようなものでした。
            しょっちゅう、情報交換をしていた。そのときに、その人よりもすごい情報を持っていたかった。
            現場経験を積みたかった。その人の方が、確実にそれは勝っていたから。
            2人で福井の中心になろうと、本気で思っていました。
            これから、どんどん下の世代を育てていくために、自分たちがプロ中のプロになるために、寸暇を惜しんで勉強したし、休日には県外へでも研修や見学に行きました。
            もちろん、その人には私を引っ張った覚えなんかないと思うし、その人にとっては私など、ライバルであったかどうかも疑わしい。
            ただ、私には、自分の直接の指導教授が2人(正確には、途中で教授が変わったので3人)いますが、そのうちの1人はその人とも交流がありました。
            ある時、その教授が、「その人が、私のことをライバルだと感じて頑張っている」とおっしゃっていました。

            私が病に倒れ、諦めなくてはならなくても、諦められなかった理由のひとつに、
            その人の存在があることは、間違いない。

            でも、ある時、その人は、業界や組織にあきれて、全く別の世界の人になってしまいました。私の心の中で、なにか大きな屋台骨のようなものが、なくなって行くのを感じました。

            そして、今はその人は市議会議員になりました。私は、住んでいる自治体が違うので、選挙権はないのですが、立候補する直前に、わざわざ私の所に会いに来てくれました。
            よろしく頼む、と。
            私は、心の底から応援しようと思いました。
            ずっと、私を引っ張ってくれていたその人に、できる限りの恩返しをしたいと思いました。

            追いかけるのが好きなのかなぁ、私は。
            少なくとも、追いかけられるのは嫌みたいだ。
            恋も、追いかけている時がいい、自分勝手な人間。

            今日は、チューリップの「夕陽を追いかけて」をお届けします。

            追いかけて 追いかけて
            それでも僕は 追いかけていく…

            …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

            ←いつもありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


                                        夕陽を追いかけて → 

            JUGEMテーマ:音楽


            JUGEMテーマ:70年代・80年代


            0
              | チューリップ | 17:06 | comments(8) | trackbacks(0) |- pookmark
              ○●○  約束:チューリップ  ○●○
              約束今日は、朝起きたとき、いつもほど身体が固まっていませんでした。
              いつもは、起きたときの体制のまま、こちんこちんに固まってしまっていて、少しずつ、末梢からほぐしつつ、ゆっくり起きるのです。


              ススキ朝、放射冷却でひどく冷え込んでいました。だから、いいお天気になること間違いなし。
              「たまには、筋肉のポンプ(ミルキングポンプといいます)を適度に使うと、それでむくみが解消するかも!今日は、少しだけどこかに出かけよう」と決めました。



              雪の白山
              1日、誰とも一言の会話もなく過ごしていると、茶犬か、ちんの帰りを待ってしまう。
              疲れて帰宅する二人に、待ち構えていたように接するのは彼らも辛いでしょう。

              ちんを送って洗濯をして、すぐに、夕食用の煮込みハンバーグのソースを仕込み、ハンバーグを軽く焼いて、鍋の中に。
              しばらく煮込んで、その間に私は、食パンを1枚だけ食べました。
              食べ過ぎると、横になりたくなって、身体が固まってしまう。

              ガソリンスタンドで満タンにして、コンビニでお茶を買って。
              で、せっかくなので、山のほうへ向かいました。
              CDをいっぱい積んで。

              福井県と石川県と岐阜県の境目のような山道(R157)を、石川方面へ。
              無理になるといけないので、まだ福井県の間に引き返してきました。
              でも、久しぶりで、嬉しかった。

              道中、チューリップの「おいしい曲すべて」を聴きながらドライヴしました。
              他にもたくさん聴いた(歌った笑)のですが、今日は、この曲を。
              チューリップ「約束」(渡辺徹さんじゃないよ、渡辺さんのもいいけれど)。
              中1か中2くらいかな、この曲と出会ったのは…。

              「あれから 君はどうしているだろう
               約束を果たさないままだったから
               あの頃にもう1度戻らなけりゃ…」

              皆さんは、果たせなかった約束、ありますか?

              …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

                                         「約束」→ 




              JUGEMテーマ:音楽


              JUGEMテーマ:70年代・80年代


              0
                | チューリップ | 22:15 | comments(6) | trackbacks(0) |- pookmark