◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  Shape of My Heart : Sting  ○●○
     Ten Summoners Talesここ数日、福井は連日、小春日和。
    このまま春がやってきてしまうのでは、と思ってしまうほど。
    でも、たぶん、春の訪れまでには、まだ最低1回は、真冬のような冷え込みの日があるでしょう。

    こんな穏やかな日々にも、世界のあちこちでは、災害や騒動が起こっているのかと思うと、胸が痛みます。

    少し前に、芥川賞と直木賞の受賞作家と作品が発表されました。
    いつも、この2賞と山本周五郎賞の受賞作品は、一応、読んでおこう、と、作品を買うのですが、最近では、次の受賞作が決定してから、前の作品を読む始末。

    今回、直木賞を受賞したおふた方は、どちらも受賞作ではないですが、作品を読んだことはありました。
    道尾秀介さんは、何作も読む機会を得ましたが、今のところ、私の心に強く残るものはなく。
    ただ、木内昇さんは、たまたま、昨年12月に入院した際に病院に持ち込んだ「小説現代」に、「こおろぎ橋」という短編が掲載されていて、なぜだか私は、それを、入院中も何回も読み返し、退院してから今も、機会あれば読み返してしまうのです。
    丁稚奉公に出て結婚もせず、仕事一筋に生きた男が、母親の介護のために、暖簾分けさえしてもらえそうなほど見込まれた奉公先をやめ、その、やめる際に店主が開いてくれた酒宴のあとに、店の火事で死んでしまう、という話。
    正直、おっかさんの介護、ということを考えなければ、店をやめることもなく、
    暖簾分けしてもらえただろうし、第一、別れの酒宴も開かれず、火事にもならなかったろう。
    でも、死んでしまう、ということにスポットが当たっているのではなく、その男の魂のようなものが、納得してあの世に行く、その過程に現れる優しくも怪しげな薬屋。
    時代物ですが、ファンタジックで、けれど、人は死んでいくときに、こんな風に納得して逝けるような仕掛けがあるといいのにな、と思わせる、温かな作品に感じました。

    ところで。
    先週は、ちんのいる京都に逃げていた私。
    その際に、ちんと、ちんの彼氏くんと食事をするために、彼氏くんの下宿のある、大阪・江坂へ行きました。
    彼氏くんは今、国家試験前で大変な時なのですが、たまには息抜きもいいだろうと、食事の後に、久しぶりに江坂のフォーク酒場・GAROへ。
    彼氏くんにも無理矢理、歌え歌えと囃し立て、「真夏の果実」と「ハナミズキ」を、常連の皆様の演奏をバックに歌わせました。それなりに、満足してました(笑)。
    GAROの常連の皆様は本当にレベルが高いので、そりゃ、あの生演奏をバックに歌ったら、気持ちいいこと、間違いなしです。
    常連の皆様、どうも、ありがとうございました(でも、またヨロシクお願いしまぁす笑)。

    その時に、江坂の「銀すし」のご主人が、スティングの”Every Breath You Take”を、あのギターのメロディーライン、完コピでやっておられました。
    それを聴いて、映画「レオン」をふと、思ったのです。
    なぜ、「思った」と書くかと言うと、私は「レオン」を観てはいないから。
    ただ、おおまかな粗筋だけは、知っていたのです。
    レオン発表当時は、ちんの子育てや仕事、大学に忙しくて、映画鑑賞どころではなかった。
    そして、いつか、観たいと思いながら、忘れ去っていたのですね。

    誰かのために、命をかける、
    死んでいく、
    その時にも、人はきっと、納得してあの世へ逝けるのだと思いたい。

    今日は、「レオン」のテーマソングだった、Shape of My Heartをお聴きください。


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                     Shape of My Heart  → 

    0
      | Sting | 00:37 | comments(14) | trackbacks(0) |- pookmark