◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  風に吹かれて:エレファントカシマシ  ○●○
     明日に向かって〜月夜の歌これを書いている2011年12月31日
    午前2:00現在、
    福井はとてもおだやかな、静かな夜です。
    先週後半からの寒波も一段落して、道路の雪も、除雪によって積み上げられた雪の山以外はほとんど消えています。
    私の風邪も、もう峠はとっくに超えているものの、咳は残って…持病のある私、たぶん、これはひと冬じゅう、残りそうです(笑)。


    何度も何度も書いてきましたが、
    今年は本当に、いろんなことがあって、
    ずいぶんと人生に彩が増えた1年でした。

    ちょうど、ちんが中学2年くらいから、高校を卒業する頃までの4〜5年間は、
    身体が本当に動かせなくて、
    家から出られない毎日でした。
    ただ、毎日、茶戌とちんを送り出す、そして、迎える、
    そういう「Duty」があったので、
    それでなんとか、生きていたようなものでした。
    大好きなギターも歌も、
    歯磨きするだけで歯ブラシを持ったまま指が攣ってしまうような中、
    思うように弾けるはずもなく、
    常にインフルエンザにかかったような副作用で、鼻づまりや痰が絡んで、
    咳ばらいばかりしているうちに、声はすっかりでなくなり…。
    私はもう、歌えなくなったんだ、と思いました。


    あの頃の私が、今の私を見たら、ホントに驚くだろうな、と思います。
    私自身、今があるのが、信じられないくらいだから…。
    私の人生に、もう1度こんな日が来るとは、
    当時はどうしても思い描くことが出来なかった…。


    今のこの状態も、
    この先、どれだけ続くかは分からない。
    少なくとも、白血病が悪化しなくても、肝硬変は治りはしない。
    スピードは遅くとも、確実に進行していくのでしょう。


    それでも、「今」、私は、好きなように生きることが出来ています。
    ちんも巣立ち、たまたま、茶戌も単身赴任ということになり、
    結婚以来、ずっとなかった「自由」の中に、
    今、生きることを許されている…。


    今年は、3月の東日本大震災で
    本当にたくさんの方々が 命を奪われたり
    自分の命はとりとめても、他の「大切なもの」をたくさん失ってしまったり
    未だ、先が見えない、いいえ、見えたとしても、暗い先しか見えなかったりして
    生きる力も湧かないまま、時を過ごしている方々がおられる…。
    そしてそれは、日本だけでなく
    世界のいろんなところで そんな方々が 子供たちが
    悲しみに耐えながら 過ごしているんだ…。

    そんな中、私は、
    こんなにも幸せに生きることを許されているのです…。
    その幸せを、分けることも出来ないままなのに
    生きることを許されているのです…。


    今年も
    気ままなこのブログに、いつもお付き合いくださった皆さま
    覗いて下さるだけでなく
    温かい言葉をかけて下さった皆さま

    本当に 本当に ありがとうございました。

    何もお返しできないけれど、
    これも、もう何度も書いてきたことだけれど、
    せめて、絶対に忘れません…。
    お礼の言葉を何度も重ねても
    重ねるたびに 言葉の重さが軽くなって行くだけなら
    もう 言葉では言わずに
    でも 絶対に 忘れません…。
    そして、もし、私が 皆さまに何かを出来る時があったら
    その時 お返しさせてください。
    そんな機会がないこともあり得るから
    少しずつ 皆さま以外の方々にも お返しできる機会があったら
    そこで お返しさせてください…。

    来年は また
    最低でも1度くらいは 入院治療が必要かもしれません。
    茶戌やちんの状況にも何か変化があるかもしれない。
    私のまわりの その他の人たちにも 何か変化があって
    私の毎日も 変わらざるを得ないかもしれません…。

    それでも
    私は たぶん 幸せに生きていきます。
    なんとなく 今は そんな予感がする…。
    私には こんなにも 支えて下さる方々がいる、ということを
    実感しているから…。


    毎年、12月31日に 「来年のテーマ曲」の ようなものを選んできました。
    今年は、この曲を選びました。
    破天荒な方ですが、どうにも好きな感性を持っている、宮本浩次さん。

    特別変化のない毎日ですが
    ホントは それが とても幸せなことだと認識しながら
    風に吹かれて 毎日 過ごしていきたい。


    本当に 皆さま ありがとうございました。
    また来年も こんなグダグダよぴちを どうぞ よろしくお願い致します。

    よいお年をお迎えください…☆



    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                    風に吹かれて → 

    0
      | エレファントカシマシ | 02:41 | comments(12) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  俺たちの明日:エレファントカシマシ  ○●○
      新しい季節へキミとおかげさまで、12日土曜日に退院しました。
      いろいろご心配をおかけして申し訳ありませんでした。また、温かい励ましのお言葉、ありがとうございました。

      入院中、3月11日に大きな地震がありました。病室は6階で、揺れも大きく感じられ、しかも長く、翌日まで余震や、福井が震源の地震までありました。

      例によって、普段からあまりTVを見ない私は、入院中はTVカードも買わず、TVは一切見ません。
      なので、この地震の情報も、ネットや、ちんがTVの映像を見てメールで報告してくれる「文字」のみ。
      帰宅して初めて、映像を見ましたが、そのすごさに、ただただ呆然とするばかり…。


      当初から、ブログを通じて知り合い、何かと可愛がっていただいている宮城の方々のことが心配でならず、毎日、Googleの人探しサイトや、NTTの171などに1日2回ほどアクセスを続けていますが、未だ情報は得られず。
      必ず、頑張っておられる、ただ、情報を発信することができずにいるだけ、と、信じていますが…。

      通信インフラも混乱している中で、私事でそれを使用するのはどうかと思い、
      退院報告をしなければと思いつつ、ブログの更新も控えていました。
      が、いつまでこうしていても、どうにもならず。

      被災者の方々はきっと、
      私が、こうしてぬくぬくと暖かい部屋で笑って過ごしていることが、
      羨ましかったり、悔しかったり、腹立たしかったりすると思います。
      当然です。それほど、命をかけてつらい思いをしておられる。
      あるいは、大切な人さえも失くして、生きる気力もわかないほどの中…。

      が、今、私が、被災者の方々と同じ思いを自分に課したとしても、
      それは、被害者の方々が、再び笑顔を取り戻すことには繋がらない。

      それよりも、恨まれていもいい、
      自分の幸せをきちんと自覚して、
      感謝しながら普段の生活をし、
      経済が滞らないように消費を続けて、国の事業税収を増やし、
      必要なら増税されても、納得してきちんと納め、
      要請があった時は、出来る限り協力する方が、
      被災者の方々の幸せにつながる気がするのです…。


      今日セレクトしたのは、CMにも使われていたエレファントカシマシの曲。
      この曲の最後に、「同じ星を見ている」という歌詞があります。
      私は、何度もこのブログに書いて申し訳ありませんが、
      井上靖先生の「あすなろ物語」の中の、主人公ら3人が、戦争で焼け果てた、かつて自分たちがいた場所にもう1度集まって星を見上げ、その場所を「星の植民地」と名付けて、復興を誓う場面が大好きです。
      私自身、近所の、いつも星を見に行く場所を「星の植民地」と名付けています。

      被災された方々も、もう少し暖かくなれば、
      きっと、この同じ星を見ているのだろうか、
      あの方々が頑張っておられる、私も頑張らねば、と、
      思いを新たにしていきたいと思います。


      …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


      ←いつもありがとうございます。
       よろしければクリックお願いいたします。


                       俺たちの明日 → 





      JUGEMテーマ:音楽
      0
        | エレファントカシマシ | 18:54 | comments(18) | trackbacks(1) |- pookmark