◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  弥生つめたい風:NSP  ○●○
    明日によせて3月になりました。
    入院のなかった冬、長く感じられるのかと案じていましたが、おかげさまでバタバタと忙しく過ごして、あっという間に春が見え隠れするようになりました。

    夜、何かのついでに外に出た時、星を見上げると、南側の「冬の空」が西にずれている…。そして、私にとっての「春の匂い」がします…。

    昨日は、Kさんのヴォーカルに私のギター&キーボードでの伴奏とコーラス、という、初ユニットでのステージでした。
    小さなミスはたくさんありましたが、なんとか演奏を途中で止めなくてはならないことは避けられて、もとよりKさんの歌は本当にお上手なので、聴きに来て下さったお客様は、Kさんの歌を喜ばれていたように思いました。

    そして今日…。
    先週1週間、昨日のステージのために、仕事の方は「大急ぎ」のものだけになっていたのを、いい加減、集中しなくては、と動き始めました。
    予想通り、動き始めたら、「止めてあった分」が一気に押し寄せてきました…。

    しばらくは、こちらに集中しなくては、と思います。

    さっき、昨日、ご一緒したKさんから、お疲れ様メールが来て、
    要件があるけれど仕事中なら、夜、ちょっと遅くなるが電話する、とのこと。

    今日は比較的ゆったりと、どうせ自宅で仕事をしているわけですが、
    たまたま手が離せないタイミングだったので、夜の電話に頼ることに。

    …まだ、電話はありませんが
    不安で仕方ない自分を感じています…

    Kさんは、子育て支援を中心に、金沢でいろんなことをやっておられる、とても精力的で行動的な方です。
    もし何か、HELPを求められても
    私には それが出来る自信がない…
    時間的にも体力的にも。
    そして 気にしていないつもりでも
    もしかしたら また 体力が落ちてしまうかもしれない、という不安。

    こんな時
    本当に、どうしてこんな自分になってしまったのか
    自己嫌悪に陥りそうになる…

    昔の私なら、
    新しい仕事の話が入った時は もちろん 不安もあったけれど
    それとは別に まるで武者震いするかのように
    そこから開けてくる 新しい未来や 出会いに
    ワクワクするようなところがあった…

    今でも 職場では そんな自分のイメージを払拭出来ず
    一生懸命 背伸びして 自分を奮い立たせている自分がいる

    でも今の私は
    本当は「怖さ」や「不安」の方が
    ワクワク感より ずっとずっと 大きくなってしまってる…

    だから 何もしないように
    したくならないように
    なるべく 外を見ないように
    聞かないように
    …そうして過ごしてきた

    でも ほんの少しだけ 元気が出て
    もう少し 落ち着いて考えたらよかったのに
    今、今じゃないとダメだって 焦るように
    少し 外に出るようになった…

    そしてやっぱり
    こんな風に 怖くて仕方ない自分を持て余している。


    もう、愚かすぎて
    自分の気持ちをどこに どう 逃がしたらいいのか
    ホント、バカですね、私…。


    仕事だけでも
    今日、3つの課題が動き始めました。
    こんなふうな自分になってからは
    こんな時 いつも ひとつひとつ、クリアしていこうと心がけています。
    そうするうちに、進んでいくから、と。


    昨日のライヴが終わった後、
    帰宅が深夜で 雨が降っていたこともあって
    「今日明日は、ギターは弾かないだろう、弾いたとしても、他のギターでいいし」
    と、ギターを車から降ろすのをやめていました。

    でも今、やっぱりギターを弾いています…
    やっぱり私には
    こんなとき ギターを弾くしかなかった。
    そんな存在が そばにいてくれるのは
    本当に 有難いことだと思います…

    3月
    弥生
    …頭の中に浮かんできたのは この曲でした
    いつものように わけもなく
    この「音」を聴くだけで 涙が出てしまう私ですが
    その涙は こころの中の 何か得体のしれない「もやもや」だとしたら
    ギターに手伝ってもらって 流してしまって

    …明日から また 頑張ろうと思います。


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。



    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                     弥生つめたい風 → 

    JUGEMテーマ:音楽
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | NSP | 23:07 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  歌は世につれ:NSP(あまのしげる)  ○●○
      NSP復活コンサートいつもの年より、どこか肌寒く感じられた弥生も過ぎ、震災の復興に努める方々を苦しめるかのように、さらにさらにと余震が襲いかかる中、それでも、桜はいつものように咲き始めました。
      全く、自然の存在と力には、圧倒されるばかり。

      心華やぐ春、のはずなのに、どこか、いつもほど花をめでる気になれない人も多いであろう、今年の春…。

      おかげさまで、私も、4月8日金曜夕方、とりあえず退院して参りました。

      まだ、食道の狭窄が起きる可能性はかなり高いようで、主治医は、入院したまま経過をみたい様子でしたが、今年は私も、これまでと違って、「必ず出勤する」仕事をいれてしまったことや、病院で、悪くなるのをただ待っている毎日が息苦しすぎて、それなら、自宅で生活しながら、悪い兆候が見られたら、病院へ走ればよい、ということで、「とりあえず」退院してきました。

      入院期間中、ご心配いただいた方々、励ましの言葉をいただいた方々、
      本当にありがとうございました。
      けど、病院で、毎日幸せでした、スミマセン(^^ゞ


      今回の食道の狭窄は、2年ほど前から定期的に続けてきた食道静脈瘤の治療が一段落したので、少しでも再発を遅らせるためにと施した地固め治療が裏目に出て、起こったもの。

      なので、消化器科主治医は、ひたすら、
      「僕が、欲を出したから、よぴちさんにこんな負担をかけることになってしまった」
      と、私にも茶戌にも、何度もおっしゃっていました。

      けれど、こうなるかもしれない、というリスクは承知の上で(けれど、確率的にまさか自分がその当たりくじを引き当てるとは思ってませんでしたが)、地固め治療に臨んだのだから、主治医がそんなにご自分を責める必要はない、と、何度も言いましたが、消化器科主治医は、ひたすら、申し訳ないを繰り返していました。

      あまり、そういう風に言われると、逆に、今の私の状態は、そんなにも深刻なのかと、猜疑心を持ってしまう…。

      確かに、狭窄が起こった時には唾液すら飲み込めず、本当につらかったし、だからこそ、今も、狭窄におびえる毎日はつらい。

      でも、そもそも白血病という、もっと直接的に死と隣り合わせの病気と付き合っている私、なんだか、その辺の感覚は少し麻痺してしまっていて、
      つらくとも永遠ではなく、いつか治るんなら、別に頑張るまでさ、という感じ。
      その辺で、少し、消化器科主治医とは温度差があるかもしれない。


      途中で2度ほど、外出・外泊をした時もそうだったし、
      昨日、退院してからもそうですが、
      入院生活と言うのは、本当に体力と気力を衰えさせる。

      せっかく自宅に帰ってきたのに、
      やらないといけない、と思うことが山積しているのに、それを頭ではわかっているのに、
      何もやる気が起きない。

      少し何かをやっただけで、すごく疲れを感じてしまう。

      ご飯を食べる気にもなれず、とりあえず、ギターを手にしてみました。

      譜面がなくても弾けるような、
      自分の定番曲を、何曲か弾き、歌ってみる。

      少しずつ、何かがほぐれていく。
      たとえば、再入院への恐怖や、
      新しく始める仕事の不安や、
      今までみたいに毎日楽しくやっていけるようになるのはいつなのかな、という、
      漠然とした暗い気持ち…。

      そんなこんなが、
      少しずつほぐれていくのを感じました。


      震災に遭われた方々も、
      途方に暮れる気持ちを、
      大切な人や物を失った悲しみを、
      少しずつ温めたり誤魔化したりしながら、
      とにかく、前に向けて歩いておられるのでしょう。
      それなのに、またしてもまたしても余震が起きて、
      新たな災害を生んでいく。

      私も、形も規模も違うけれど、
      比較するのはおこがましいけれど、
      あがいてもあがいても、新たに治療が必要なことが起こってきて、
      少し、疲れを感じたり、投げ出したい気持ちになったりします。


      けれど、やっぱり、今だ、生きてる。
      生かされている以上、幸せに、生きていかなくては。

      何かあるたびに、音楽に、歌に救われています。

      震災に遭われた方々や、地球上の、いろんな、つらい思いをされている方々にも、
      きっと、歌がある、と、思いたい。
      戦後の焼け野原からの復興の時も、
      歌が、先達を支えてきたように。いつの時代にも、歌は存在する。


      今日は、今は亡き天野さんの、この曲をセレクトしました。
      途中で、歌に詰まっているところで、いつもなぜか、私も涙が出て来ます。
      天野さんは、何を思い、声を詰まらせたのか…。
      少なくとも、天野さんもまた、
      自分の人生に、歌があったのですね。


      頑張りますよ、十分、幸せです!


      …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…


      ←いつもありがとうございます。
       よろしければクリックお願いいたします。


                              歌は世につれ → 




      JUGEMテーマ:70年代・80年代
      JUGEMテーマ:音楽
      0
        | NSP | 14:14 | comments(16) | trackbacks(0) |- pookmark