◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  Many Rivers to Cross:Jimmy Cliff  ○●○
    In Concert : Best of福井の桜は、今が満開。
    今日・明日はお花見のピークになると思います。
    けれど、震災後の自粛ムードで、今年は、恒例の、福井ゆかりの柴田勝家公をしのんで、その最後の奥方であったお市の方に扮する女性を選出し、お市の方を中心に、戦国時代の服装で街中を練り歩くイベントは中止。
    毎年5月に実施される各地区の体育祭も、今年は取りやめの地区が出てきています。

    自粛ムードも、私には、その是非はわかりません。
    確かに、被災した方々が、被災しなかった者が浮かれているのを見聞きしたら、羨ましくも思うでしょうし、腹立たしくさえ思うと思います。
    でも、だから、自粛する、というのであれば、世界中で、いや、日本の中でさえ、
    常に不幸せな目に遭っている人はおられるわけで、
    だったら、常に自粛し続けなくてはならないんじゃないか…?と思ってしまう。

    例えば、選択することのできない、不幸な家庭に生まれた子供たち。
    防ぎようのない病に襲われた人たち。
    自分に過失なんてないのに、事故に巻き込まれた人たち…。
    毎日毎日、世界中、日本中で、たくさんの方々が大変な目に遭っているのです…。

    自粛、というのなら、ずっと続けないといけないと思うし、
    それは出来ないと思うなら、せめて、心の中にいつも、そういう方々のことを思いながら、自分の幸せにきちんと感謝すべきなのでは…?と思ってしまいます…。


    桜も咲いたことだし、少しずつ気分も上向きになってきたかな、と思うと、
    また、何かを食べた時に少しでも「つっかえ感」のようなものを感じると、
    途端に、気持ちが暗くなってしまう。
    今日も、夕方、パンを食べた時にちょっと「つっかえ感」を感じて、
    以来、どこか気持ちが晴れないでいる…。

    あきれるほど、感情の動きが激しい。

    「狭窄が起きたら起きたで、また、ブジーで広げればいいんだから」
    と、自分に言い聞かせるけれど、
    この、「自分に言い聞かせる行為」をやる、という時点で既に、
    気分が、もう、言い聞かせて落ち着く状態ではないことを示しているのです。

    なぜに、図々しい人間の割に、小心者なのか…。
    自分でも、情けないほど。

    入院中、何冊か本を持ち込むのですが、
    その中に、何度も持ち込む本があります。
    今回は、特に、途中で1度外出してきた時に、
    自分の気持ちの落ち込みを感じて、
    また、持って行ってしまった、五木寛之先生の「大河の一滴」。

    大して珍しいたとえでもない、
    鎌倉の古来から、人の世は河にたとえられる。

    けれど、やはり、落ち込んでいる時、大河の一滴を読むと、
    しみじみ、自分の悩みなんて所詮、小さいことなんだな、と思えてきて、
    少し、気持ちが落ち着くのです。


    病気になって、最初の3~4年、精神的に最悪だったなぁと思う頃、
    私の1番のバイブルは、遠藤周作先生の「深い河」だった。
    どうして?と訊かれても、うまく答えられない。
    でも、何度読み返したかわからないほど、読み返した。
    そして、そのたび、救われていました。


    今日、セレクトした曲は、本来ならレゲエが本元の、ジミー・クレフの、有名なバラード。

    これからも、たくさんの越えるべき河が私の前に横たわってくると思う。
    小心者の私の場合、それは、他人様からみたら、ほんのドブ溝のような細いものでも。
    私は、生きていきたいから、
    やっぱり、それらをひとつひとつ、越えていくしかない。
    まずは、目の前の河を越えていくしかない。

    たぶん、こうやって、今まで、なんやかんやと生きてきたように思う。
    ただ漠然と、夢のような妄想は抱いたとしても、具体的に大きな構想なんて持てる器でもなく、実際は、ただただ、目の前の河をひとつひとつ越えてきたんだろう。


    これからも、越えていこうと思います。
    被災された方々や、応援して下さる方々と同じように…。


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。



    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                       Many Rivers to Cross → 









    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    JUGEMテーマ:音楽 
    0
      | Jimmy Cliff | 21:17 | comments(8) | trackbacks(0) |- pookmark