◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  そよ風のくちづけ:キャンディーズ  ○●○
    そよ風のくちづけいい加減、綿の入ったコートを着るのは恥ずかしく、薄手のコートやカーディガンを着るようになりました。
    でも、私は朝晩は今だ、ファンヒーターをつけている始末。
    日中や、建物の中は暑いので、薄着をしては、結局、風邪をひきました。
    いやはや。運転中の車窓から見える山々は萌えているというのに…。


    元キャンディーズのスーちゃんこと、田中好子さんの訃報が入りました。

    子供の頃も含め、若い頃は冷めていた私、
    アイドルに焦がれることはあまりなかった。
    ましてや、同性のアイドルを好き、という感情が、私には理解できずにいました。

    けれど、思えば、キャンディーズだけは別だったな、と思います。
    キャンディーズの曲は、やっぱり好きだったし、
    TVの「みごろ・たべごろ・笑いごろ!」などは、地方である福井では、リアルタイムでは放送されず、土曜日の午後などに放送されていて、部活でなかなか観れないにもかかわらず(当然、当時、ビデオなどというものはない)、あれが観たいがために、部活を終えて走って家に帰ったのを思い出します。

    つまり、好きだったんだ。
    そういうのを、好きだ、というんだ、と、今の私は思うのですが、
    当時は、「恋焦がれる、ものすごく惹かれる」のだけが「好き」の定義だと思っていたのかもしれない。

    そして、中で誰が1番好きかと訊かれたら、迷わず、スーちゃんでした。
    ほんの少し丸かったところや、中では声が低めな感じに親近感を持っていたのかもしれないし、何より、同性だから、お色気より健康的さ、の方が優先されたからかもしれない。

    そう、スーちゃんのイメージは「健康的」だったのです。

    ところが、今回の訃報とともに、いっせいにマスコミに流れたのは、田中好子さんはずっと前から、闘病していたとのこと…。

    少し前、TVドラマに出演されている姿をチラッと見た時に、
    「なんだか、急にすごく やつれたな…」と思ったのですが、
    それは、齢のせいだと思っていました。
    やっぱり、女優さんでも、さすがに50を過ぎると少しはやつれてくるんだなぁ、と。

    でも、たぶん、齢のせいだけではなかったんだ、と、今になって思う。

    そして、有名人の訃報なんて、毎日のように流れるのだから、
    なるだけ気にしないようにしようと心がけているけれど、
    さすがに、田中好子さんの訃報は、ショックでした。
    自分の10年後を、ぼんやりと想像し、急に怖くなってきたのは事実です。
    田中好子さんが最初に乳がんを患ったのは、たぶん36歳くらい。
    それから、20年…。

    私も、CMLを発症したのは29歳だったので、
    55歳になる頃には20年を過ぎている。
    そして、今、17年目で、肝硬変中期にまで至ってしまっている…。
    あと、何年もつんだろう、
    自分では、寿命を全う出来る可能性を信じてきたけれど、
    今回の訃報を聞くと、やっぱり、それは無理なのかなぁ、と、
    少し、心が折れそうになっています。


    まぁ、自分のXデーはいつなのか、それを恐れながら毎日を過ごすことは愚かだと、だから、とにかく毎日を、楽しんで悔やまないように生きていくんだ、と決めたのだから、これからも、自分にそう言い聞かせながら行こうと思いますが。

    実際、考えても考えなくても時は流れていくので、
    その瞬間、その瞬間を積み重ねていくしかないのです。


    今日は、私が、キャンディーズの曲の中で1番好きだった「そよ風のくちづけ」をセレクトしました。
    当時、小学校の2年生だったと思いますが、クラスでお楽しみ会があって、担任の先生が、お楽しみ会のメインイベントとして「歌合戦」を企画しました。
    何を歌おうか、私は、この「そよ風のくちづけ」と、「エースをねらえ!のエンディング・テーマ」と迷ったのですが、「くちづけ」という言葉が、小学校2年の私にはどこか気恥ずかしく、学校だから、たぶん、先生も、「不適切」と思うのだろうな、などと考えて、エースをねらえ!の方にしたのを覚えています。

    そして、私がいろいろ考えて、「そよ風のくちづけ」を断念したのに、
    当時から何かと絡んでいたS君が、齢の離れたお姉さんのレコードに入っていた「心の旅」を歌ったのを聴いて、
    「なんや!このいい曲は!! しかも、「抱いていたい」なんて言葉を歌うくらいなら、私も、そよ風のくちづけにすればよかった!」
    と、チューリップの曲との初めての出会いに感激するとともに、
    自分の選曲を後悔してやまなかったことが思い出されます…。


    田中好子さんのご冥福を心よりお祈りいたします。


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                       そよ風のくちづけ → 

    *なお、これまで、自分の音源をアップしてきたサイトが
     4月いっぱいで閉鎖になります。
     申し訳ありませんが、再アップはおそらく実現しないため、
     4月いっぱいで、聴けなくなります。
     You Tubeなどになかなかアップされてない曲など、
     よろしければ4月中にぜひご再聴くださいね!




    JUGEMテーマ:音楽
    JUGEMテーマ:70年代・80年代 
    0
      | キャンディーズ | 17:16 | comments(16) | trackbacks(0) |- pookmark