◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  流星ワルツ:ふきのとう  ○●○
    流星ワルツ今日、茶戌を駅まで迎えに行く車の中で、フロントガラス越しの空が突然明るく光り始めたと思ったら、叩きつけるような雨。
    生暖かな雨、春の雨だなと思いました。
    こんな雨を繰り返していくうち、季節は移っていくのでしょう。
    桜が終わり、あれよあれよという間に、福井市の花である、紫陽花の季節になる。
    食中毒に最も注意が必要な梅雨がやってきます。

    このところ、世間を騒がせている、焼肉屋さんでのユッケに潜んでいたO-111による食中毒。
    また、政府は、とうとう、浜岡原発の一時停止を命じました。
    なんとなく、このふたつは、私には、同じところに通じていくものに感じられて仕方ない…。

    昔は、衛生事情も輸送事情も今ほど良くなかったためか、
    生で食べる肉なんてのは高級品で、贅沢な食べ物だったように思います。
    それが、最近は、衛生状態もよくなり、輸送も昔に比べたら早く、
    しかも、冷蔵状態での輸送なども昔よりたやすくなり、
    比較的手が届く価格になってきたように思います。

    同じように、電気も、昔に比べたら安くなって、
    昔は、電気エネルギーは、化石燃料に比べて高いイメージで、
    だから、電気で動くもの、というのは、少し高級なイメージでした。
    今でも我が家は、暖はエアコンではなく、灯油からとっているし、
    なんとなく、電気で焼くよりガスで焼く方が安いイメージ。
    さすがに、今は石炭は使っていないけれど、昔は、練炭火鉢だったな、と思う。

    けれど、最近は、エアコンも普及したし、
    オール電化の家、などというのも結構増えてきたようです。
    新築の分譲のチラシなんかを見てると、オール電化の家が多い。


    なんでも、便利になったら、やっぱりそれに甘えてしまう。
    1度、便利を覚えたら、もう、引き返せない。
    私などは、その典型のようなものです…。


    食中毒だって、食べなければ、中毒にならないんだ。
    電気も、使わなければ、莫大な発電力など必要なくなる。


    今回、なんだか、日本の地下から、そういう、「警鐘」を鳴らされたような気がしてなりません…。
    少しでいいから、見直さないと、許してもらえないような…。


    そんなことを言いながら、相変わらず、楽しみは電気を使う、夜のフォーク酒場な私。
    まったく、罰が当っても文句を言えない状態。


    今日、セレクトしたのは、そんな、私の楽しみの1つであるフォーク酒場で、
    この間、仲間うちのおひとり、大先輩のAさんが歌っておられるのを聞いて、
    懐かしさに思わず涙ぐんでしまった曲。
    この曲に出会った頃、当然、せつない恋もしていたし、
    いろんなことで悩んでいたし、
    けど、総じて今では、ただただ、懐かしい思い出…。

    今思えば、若かりし山木さんが、実感を伴って書いた詞とは思えず、
    完全なフィクションですが、
    今の私の年齢になって、しみじみ来る歌詞です。
    フォーク酒場でのお仲間に、「恋をしている」とおっしゃっている方がおられましたが、残念ながら、私は、この曲を地で行くほどのエネルギーは、今はないけれど…。

    聞きながら、なんとなく、10年くらい前になりますが、芥川賞を受賞した藤沢周氏の「ブエノスアイレス午前零時」が頭の中をよぎります。
    何も考えず、ただ一心に踊る、という行為は、私にとって、どうも現実世界からの逃避というか、もっときれいな言い方をすると感情の昇華というか…。
    最終的にたどり着くのは、「無」であって、そこに、何かいいものがあるような気がしているんですね…。


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                      流星ワルツ  → 




    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    JUGEMテーマ:音楽 
    0
      | ふきのとう | 02:02 | comments(6) | trackbacks(0) |- pookmark