◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  Days of Wine and Roses〜酒とバラの日々〜 : Julie London  ○●○
    My Roses今日も福井の空は曇天、じめじめと蒸して、まるで梅雨に帰ったよう。
    数年前に、いったん梅雨明け宣言しておきながら、やっぱり明けてなかったって撤回した時があった記憶がありますが、今回も、もしや撤回があるのでは?なんて思うほど…。
    新潟の方では、大雨で被害が出ているそうで、どうか、そんなにいじめないで下さいと天に祈るばかり…。

    4月から引き受けた仕事が、この7月末でいったん、落ち着きます。
    特に体調が悪くなってきた6〜7年前から、まるで引きこもりかのような生活をしていた私が、外に出始めて、ホントに数年ぶりに、「定期的に出勤する」仕事を引き受けました。
    お話を戴いてから1年と少し時間があったので、ゆっくり考えて、返事をしたこの仕事、だからこそ、途中で挫折、なんてことは許されないな、と、緊張した3か月でした。

    けれど、「人」を相手とする仕事、やはり、自分に自信がない私は、この3か月は悩み続けた日々でもありました。
    特に今回は、最後に人を「裁かねば」ならず、
    すべての人に嬉しい結果ならいいのだけれど、
    そうなるべく、努力したつもりなんだけれど、
    やはり、悔しい思いをさせざるを得ない人もいて…。

    恨まれたくなければ、
    自分が楽になりたければ、
    すべての人に良い評価を出せばいい、
    上司に相談しても、すべてよぴちに任せる、好きなようにすればいいよ、
    と言うばかり、ただ、
    「よぴちは真面目だなぁ、悩むべきは、その人であって、よぴちではないんだから」
    の一言で、ずいぶん気持ちが軽くなって、
    そうだ、その人を悩ませることが、ある意味、まかされた私の責任を果たすことかもしれない、と思いました。
    悪い評価を受けた人は、出来れば、悩んだり悔しい気持ちになったりして、
    少しでも今後に生かしてほしい。
    私も、今回、すごく成長させてもらったと思っています。
    次回には、必ず、この経験を生かしたいと思ってる…。

    このお仕事は、今のところ、隔年でお請けする約束をしています。

    でも、上司は、「その調子で、なんなら来年もまた、やらないか、やるかやらないかは、よぴちに任せるよ」と声をかけて下さっていて、それは、とてもありがたいお話ではあるのですが、私はまだ、答えを出せていない。
    たまたま、今年は、ギリギリで退院し、以降、今のところ入院にならずに済んでいるので、この仕事もいったんは終了できたけれど、
    来年は、どうなるか、もう少し様子を見ないと分からないし…。
    上司は当然、私の状況を知った上で話しているので、
    「入院とかあったら、いつでも休んでくれればいいし(必要なら自分が代わるから)、自分の体を優先させればいいから」
    と、本当にありがたいことを言って下さるのですが、
    私としては、やっぱり、だからと言って軽々しく引き受けて、
    結果、迷惑をかけるのは自分で自分が許せないし、
    いつものように、グズグズとしています…。


    その他にも、少し元気になったこと、独り暮らしになって、自由な時間が出来たことなどから、外に出ることが格段に多くなった最近の私、
    家庭に振り回されているのも、それなりに楽しかったし、
    自分の存在価値を少しでも実感できて良かったけれど、
    それとはまた別の楽しみも増えたと思います。

    ただ、この前から、何度もここにもこぼしている通り、
    その分、今までとは違った形で、
    落ち込んだり、悔しかったり悲しかったりすることが増えたのも事実。

    そのせいか、それとも、外でお酒を飲んで楽しそうに(ホントに楽しいのかどうかは分からないけれど…)している人たちを多く目にするせいか、
    あぁ、お酒が飲みたいなぁ、と思うことが、
    しばしばあるようになりました。

    心の中に、何かモヤモヤしたものがある時に、
    酔ったところで、その答えが出て片付いたりはしないと分かっていても、
    酔っ払って、とりあえず、その日は流してしまいたい、
    と思ったり、
    何か嬉しいことやワクワクすることがあった時に、
    パーッと楽しく弾けたいなぁと思ったり…。
    自分はあくまでも覚めたまま、その中にいるのが、時に辛いことがあります。
    やっぱり、私は、器が小さいなぁと、さらに落ち込む…。

    こういうのって、依存症への始まりなのかなぁ(笑)。
    でも、もともと、私はお酒に強いけど、味が好きなわけではない人間。
    ビールがおいしいと思ったことはほとんどなく、
    好きなのはバーボンとジンのみ。
    だから、周りの人が「せめて、ノンアルコールビールでも飲んだら?」って言ってくれるけれど、好きでもないビール味で、しかも酔えもしない物を飲むなんて、
    私にとっては罰ゲームでしかないわけで…(笑)。


    田舎育ちの私は、昔、周りに一緒にギターを弾く仲間がいなかったので、
    ひとりで完成形になるクラシックギターのソロ曲なども、よく弾いていました。
    当時の楽譜集には、映画音楽やビートルズ、ポールモーリアの曲などが多く、
    映画はあまり観ない私ですが、映画音楽はたくさん弾きました。
    だから、大学の軽音サークルでギターを弾くと、何を弾いても決まって、
    「出た!よぴちのクラシック奏法!」と、笑われました。
    今、何故か当時の楽譜が見つからず、たまに記憶をたどって弾いてみても、
    指がおぼえている部分が少しあるだけで、やはり、とてもとても、曲として完成しない。
    それがとても、残念なのですが。
    でも、今でも時々、私のギターを聴いて、「クラシックをやっていたの?」とおっしゃる方に出会って、不思議な気持ちになります…。


    「酒とバラの日々」…アルコール依存症の夫を愛するがゆえに、自分も依存症に堕ちていくかなしい物語で、私とは共通する部分はあまりないですが、
    「酔いたいなぁ」と思う時、頭の中をよぎるこの曲を、今日はお届けします。


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。



    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                      Days of Wine and Roses → 


    JUGEMテーマ:ジャズ・ボーカル
    JUGEMテーマ:音楽
    0
      | Julie London | 21:57 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark