◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  海を抱きしめて:中村雅俊  ○●○
    ゆうひが丘の総理大臣朝夕がしのぎやすくなって、あぁ、秋が来たなぁと思えば、また、今日のような真夏日も。
    福井は34度、布団を干すにはいい日でしたが、少し涼しさを覚えてしまった私には、キツイ1日でした。
    ただ、自然界の生物は素直で、虫の声は着々と秋のものになってきているし、夏の間、暑さで元気がなかった花々が、元気を取り戻していたり…。
    秋は、静かに、確実に、訪れています。


    この季節、車を走らせていると、草の匂いや、稲の匂い、早稲のもみ殻を処理しているにおいなど、田舎育ちの私にとって、本当に落ち着く匂いがしてきます。
    昔は、当たり前すぎて、さほど好きだと思ったこともなかったし、もみ殻を燃やしているにおいなど(昔は、各農家で燃やすのが普通でした)、どちらかというと嫌いな匂いでした。
    離れてみると、恋しくなる。時々なら、いいと思える。
    子育てが一段落した頃に、たまになら、小さな子供と過ごすのが楽しかったりするのと似ている気がします。


    宮城のカツオさんから、このところ毎年恒例になってしまっている、さんまが送られてきました。
    今年は震災があって、本当なら私の方こそ、お力になるべきなのに、
    私はと言えば、カツオさんが力を注いでおられる、被災地の子供たちに絵本を贈る会に、わずかな寄付金を振り込ませていただいただけで、現地でカツオさんたちの後片付けをお手伝いすることもなく、のうのうと暮らしているのに、です。
    申し訳なさでいっぱいになります。
    せめて、ご自身も被災されながらも、まだ、他の人に目を向けることが出来るカツオさんの姿勢のようなものを、自分の力にしていかなければ、と思います。
    だから、この贈り物も、最大限、有難く頂こうと思いました。

    とびきりの鮮度で送られてくるので、当然、お刺身などにして食べたいところなのですが、2年前からは、茶戌が小松に単身赴任になったので、平日に届くと、茶戌には、その鮮度が届けられなかったりもしました。
    でも、今年は、日曜の今日、届いたので、茶戌もお刺身を食べることが出来た。

    さんまは身が柔らかいので、三枚におろして皮を剥いで、小骨を抜いて、
    …という作業は、素人の私にはなかなか難しいのですが、
    せっかくの鮮度を生かしたいと、いつも、刺身とぬたにし、残りを焼いていただいています。
    私は肝は苦手なのですが、茶戌は好きなので、
    せっかくだから今回は、肝は肝で、ホイル焼きにしていただきました。

    さんまをおろしていたら、一瞬、海の香りがプ〜ンとして来て、
    これを海の香り、と思えるのは、小さい頃、海がそう遠くない場所に育ったおかげだと、あらためて幸せに思ったのです。

    あの頃は、田舎暮らしにも、そして、
    あまりにも貧しかった毎日にも、
    本当に嫌気がさしていて、
    自分があの家に生まれたことを、何度も恨めしく思ったものですが…。


    このところ、私の心の中に、しみのようになっていた、
    身内の問題について、
    今日、ほんの一歩、進展がありました。
    まだ、「進展」と言っていいのかどうか、不安は多々あるのですが、
    少なくとも、「変化」がありました。
    ほんの少しですが、しみ が、薄くなったかな…、と思います。
    どうか、薄くなって、いつか、無くなってしまって欲しい。
    心から、そう思っています。
    あの家に生まれたことを、
    もう、恨めしく思いたくはないから…。


    今日チョイスしたのは、
    そんな私が、時々歌いたくなる曲。
    「ゆうひが丘の総理大臣」という、中村雅俊さんの青春ドラマのエンディングテーマ曲でした。
    尤も私は、正直、青春ドラマの中では、ゆうひが丘…は、もう、少し心が離れた時期のドラマだったうえに、どちらかというと神田正輝さんの方が好きだった記憶がありますが(^_^;)

    この曲は、当時、よく練習試合をやっていた、福井県越廼(こしの)村(現:福井市越廼地区)の、越廼中学校からの帰りに、海岸線を走るバスの窓から観ていた車窓とともに、私の心の中によみがえる曲です。


    また、明日から、頑張っていこう。
    問題は、まだまだあるけれど、
    ひとつひとつ、構えずに、粛々と越え続けるだけです。


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。



    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                      海を抱きしめて → 




    JUGEMテーマ:音楽
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | 中村雅俊 | 00:50 | comments(13) | trackbacks(0) |- pookmark