◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  Thanksgiving : George Winston  ○●○
    December京都に来ています。
    今日の京都は秋晴れのいいお天気。
    おそらく、福井も然りでしょう。
    家にいれば、布団のひとつも干せたのですが…。
    この時期、月が美しい。
    月がきれいな夜は、京都に来る途中、敦賀あたりの海岸線から見る海の水面に、白い光が照らされて、本当に気持ちが清々しくなります…。


    10月10日に、金沢の行きつけのミュージック・バー「ばすくれふ」のイベントがありました。
    今回で2回目なのですが、いわゆる、客の発表会のようなものです。
    出演者は持ち時間ひとり15分で、思うままに演奏をします。
    前回は、茶戌が、このお店のテーマソング「ばすくれふの唄」のヴォーカルに選ばれ、トリでそれを披露させて戴いたことをいいことに、私は逃げました。
    けれど、今回は、前回出演しなかった人で構成するので、ぜひ出て欲しいと言われ、かたくなにお断り続けるのもなんだか偉そうで、勿体ぶりすぎなように受け取られるといけないな、と思い、人前で歌うのはかなりかなり気が引けましたが、出演させて戴きました。

    15分なので、出入り・MC含めて、2曲くらいが相当だろうと、ユーミンの「さみしさのゆくえ」と、さださんの「フェリー埠頭」をやりました。
    最近、冷え込んで来たらテキメンに引きつりが多くなった私は、前日も、身体の引きつりがひどく、起きていれば完全に引きつる前に伸ばして、ひどくなるのを防げるけれど、眠ってしまうと完全に引きつってから目覚めることになるので、怖くてなかなか眠れず…。
    当然、ギターを弾いていても手が攣ってくるので困りましたが、
    最近、そういう、「ダメな自分を見せる」ということに少しずつですが慣れてきて、
    当日はもちろん、ダメダメでしたが、精神的回復は比較的早くなったように思います。

    少し前までは、1日のうち、日中1回は横にならないと夜まで体が持たなかった私なのに、丸1日活動したので疲れはかなりありました。
    それでも、とにかく1日活動出来たことが、すごく嬉しかった。
    インターフェロンなどの抗がん剤なしの生活が、いつまで保つかは分かりませんが、
    とにかくインターフェロンを休薬している現在、
    少しは体力が回復してきたな、と、感動しています。


    いつものように、宅配便で送ったらいくらになるだろう、というような大物の差し入れがたまってきたので、ちんの所に持っていこう、と思いつつ、
    来週末には茶戌の入院手術があるし、仕事も立て込んでくるので、
    行くなら今週しかないと、1日だけ体を休めて、水曜〜金曜くらいに京都に行こうと思っていました。

    が、単位を落としまくって卒業さえ危うくなり凹んでいる ちん から、
    火曜日の17:30頃に
    「心折れることばっかりある。もう、今日から来てほしい…」とラブコール。
    それにほだされて、昨夜、急きょ、仕事を持参で車を走らせました。
    本人の意向に沿わず、やっぱりどこか説教になってしまって、
    ちんにしてみれば、こんなんだったら来てもらわなくてよかった、と思うかもしれませんが。
    でも、逃げて逃げ切れるならいいけれど、
    生きていくには、向かっていくしかない、越えていくしかないこともある。
    そこから逃げるな、逃げない強さだけは、どうしても社会に出るまでに培って欲しくて。


    京都に行くのに電車を使うことは、昔からあまりない私。
    そして、高速を使うこともあまりない。

    福井からは、断然、琵琶湖の西側を通った方が距離が短く、
    高速は東側なので、何か無駄をしている気がしてしまう。
    今は、湖西道路という、自動車専用道路が整備されたので、なおのこと早くなりました。

    この道路がまだ無かった学生時代、京都に行く時はいつも、
    「途中峠」を越えて大原の方へ抜ける道を選んでいました。
    大津あたりがどうしても混雑するのでそれを回避したいのと、
    大原の静けさが好きだったから…。
    尤も、三千院の近くだけは、観光客で多少、混雑するのですが(>_<)


    その時、BGMは、当然ながら正やんや、山下達郎さんなどが多かった。
    そして、同じくらい多かったのが、今日セレクトした、ジョージ・ウィンストンです。
    大原の山景色に、ジョージウィンストンのピアノ曲はとてもよく似合っていた。

    CMにも使われた、「Longing Love(あこがれ/愛)」もいい曲で、Autumnという、今の季節にピッタリなアルバムに収録されています。
    でも、私は、Decemberというアルバムに収録されているせいか、当然、少し淋しい感じがするとはいえ、
    今日セレクトしたThanksgivingの方が好きで、
    街並みでなく、ただ自然の風景だけが続く道で、ちょっと物思い( ん??運転しながら考え事はイカンでしょう(^_^;))にふけるには、とても落ち着ける曲でした。


    今は、ただ、茶戌の手術の成功と、
    ちんの幸せを祈って。

    手術が終わっても、まだ、秋は少し残ってるはず。
    諦めませんよ、私は。遊ぶことに関しては…(笑)。



    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。



    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                     Thanksgiving → 


    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    JUGEMテーマ:音楽
     
    0
      | George Winston | 10:46 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark