◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  I'll be Seeing You:Billy Holiday  ○●○
    Ill be Seeing You今年も、生協の灯油配達が始まりました。
    毎年、「灯油配達、まだ早いんじゃないかな」と思うのに、いざ配達が始まってみると、タイミングよく必要になってくるので不思議。
    でも、今年はまだ、ファンヒーターを使わずに過ごしています。
    そんなことからも、少しずつ、インターフェロンが抜けて、体力が戻ってきていることを実感しています…。


    この1か月ほど、私にとっては驚くほど世界が広がって来ています。
    ずっと元気に過ごしていたら、こんなことは当たり前で、きっとこれが、何十年分も積もっているんだろうけど、
    病気になってから10年以上も、ほぼ引きこもりに近い生活だった私にとっては、目まぐるしく毎日が動いていて、
    そのことについて考えている時間もないほどに動いていて。


    昨日は、金沢市にある「イオン示野店」で行われたアコースティックライヴに行ってきました。
    このライヴは、いつも行っている「ぷかぷか」で知り合った常連のAさんが取り仕切って開催しているもの。
    たまたま、出場2組のうちの1組が、これまた「ぷかぷか」つながりで、お顔はよく知っている方々だったこともあって、聴きに行きました。

    Aさんは、このたび仙台へご栄転の運びとなって、
    もうあと2週間足らずで、金沢を離れてしまう…。
    ほとんどAさんの独断で開催されていたこのライヴも、もしかするとこれが最後かもしれないなぁと思いながら、あいにくの雨の中、素晴らしい演奏に聴き入っていました。

    その後は、「打ち上げ」と称して、出演されたうちの1組、「お顔は良く知っている」方々のうちのBさんが、企画者のAさんや、他にもぷかぷか常連で応援に来た方々と共に、茶戌と私もお宅に招いて下さり、楽しい時間を過ごしました。

    Bさんのお宅は大きな農家で、かつてお米を保存していた場所が空いたので、
    Bさんがコツコツと2年かけて自分で作った、という、素晴らしい「スタジオ兼ダイニング・リビング」をお持ちで、それはそれは素晴らしい環境でした。
    音響設備も素晴らしいものが揃っていたし、高級ギターが目白押し、
    防音もバッチリなので、夜中でも平気でギターが弾けるし、
    エアコンやPC、電話、トイレ、キッチンなどのインフラもバッチリ、スクリーンにプロジェクターまでありました。
    そして、心地よいソファー、バーカウンター、
    もう、音楽好きなら誰もが憧れるような空間が、そこにありました。
    そして、Bさんの、ホントに細かいところまで心配りが行き届いて、
    ご自分こそが、今日の「お疲れ」の主人公なのにも関わらず、
    片時もゆっくり座ることなく、皆を盛り上げ気を配っているご様子に、
    ただただ、感謝と尊敬の気持ちでいっぱいでした。

    でも、電気配線からトイレの排水、内装、すべてBさんとお友達で設計、作業をしたそうで、床板から流し台に至るまで、かなりの部分が、オークションで極安で落札したものだそう。
    「夢をかなえる」って、こういうことなんだろうな、と思いました…☆


    ただ、私は、その中でふと、
    たった昨日まで、「お顔はよく知っている」に留まっていたBさんや、そのお仲間たちと、今日はこうして、まるで前からの知り合いのようにお宅にまでお邪魔して飲んでは食べ、みんなでギターを弾いて歌っている、
    そのことに、「縁」のようなものや、
    人生の不思議さを感じずにはいられなかった。
    そして、そもそも、こんな運びになったきっかけを作ってくれたAさんは、
    金沢に赴任して、たった1年ほどで、金沢を後にして仙台へと旅立って行かれる…。

    さらに、まだあまり、公表してはいけないことなのだとは思いますが、
    そもそも、私が今日、ここで過ごすことになった1番のきっかけである「ぷかぷか」が、もうすぐ、姿を変えるということ…。

    まだ、インターフェロンを打っていて、
    いつ牽きつりが始まるか一触即発状態だった私が、初めて、どんなお店なのか不安いっぱいで「ぷかぷか」に入ってみたあの日、
    常連さんたちと共に、風の「古都」を演りながら、涙がこらえきれなかったことを思い出しました。
    私の人生に、こんな日が来るなんて…。
    「22才の別れ」や「なごり雪」じゃなくて、「古都」を誰かと一緒に演れる日が来るなんて…。


    そんな、いろいろが頭の中を巡って、
    あらためて、人生って、やっぱり、
    どれだけ生きても、先が決まる、なんてことはないんだな、って
    幸せも、不幸せも、
    それでずっと、そのままということはないんだな、って
    なんともいえない気持ちになりました…。


    今日は、私の憧れのSingerであるBilly Holidayの、中でも1番好きな、”I'll be Seeing You” を。

    茶戌が、京都を中心に活動している、ジャズシンガーの「市川芳枝さん」が大好きで、
    京都に行った際に、芳枝さんがどこかでライヴをしておられたらなるべく行くようにしているのですが、
    この前、京都に行った時も運よくライヴをされていたので聴きに行きました。

    こじんまりとしたお店でやる上に、茶戌はいつも早く行って、「かぶりつき席」に座るので、待ち時間に芳枝さんと一緒に飲むことが多いのですが、
    その中で、芳枝さんが、
    「今、インターフェロンを使っていて、今日もホントはつらくて、何度も休もうと思ったんだけど、茶戌と私が来てくれて、やっぱり今日、頑張って来てよかった、って思った」、
    と話されて、
    「インターフェロンなら、私も15年毎日打ってましたよ、だから、その気持ち、すごく分かります」
    と答えたら、そこから、毎日の辛さ具合の話に。
    最後には、抱きしめられて、名刺を頂戴、と言われ、
    京都で財布失くしたとか、泊まるとこなかったら連絡して、と、抱きしめられました。

    その時に、私の大好きなこの、”I'll be Seeing You”を歌ってくれたのです。
    あの日は、中野さんのギターと小原さんのサックスがバックでしたが、
    その、サックスがまた、とても優しい音色でした。

    その時も、人の縁の不思議さに圧倒されたのでした…。


    「出会わなければよかった人などないと笑ってくれ」…

    そう思いながら生きていきたい。
    それでなくとも、私は十分に恵まれていると思うし…。
    感謝しなければ、と、心から思います。

    体調が悪いと、ついつい、生きることに嫌気がさしたりしてしまうけれど、
    この先の人生に、たとえ今よりつらいこともあったとしても、
    やっぱり、一瞬一瞬、希望を捨てずに生きていきたいと、
    また、あらためて思った週末でした…。


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。



    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                    I'll be Seeing You” → 


    JUGEMテーマ:ジャズ・ボーカル
    JUGEMテーマ:音楽 
    0
      | Billy Holiday | 01:18 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark