◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  君に捧げるラブソング:岡林信康  ○●○
    君に捧げるラブソング昨日、今日と、おだやかな小春日和が続いています。
    根雪になっていた雪も 道路わきの除雪の山以外はほぼ融けて、道路が乾いて来ています。
    これを綴るリビングから見える沈丁花も、落ちてきた屋根雪をかぶっていたにも関わらず、ちゃんと蕾を付けている…。
    自然の、静かな、確実な営みに
    励まされたり、叱られたりの今日です。


    少し前の話になりますが、芥川賞が発表されました。
    前回は該当作なし、だったのですが、今回は2作受賞。
    前々回も2作受賞だったので、なんとなく、これからは年1回2作、というパターンになるのか、という感覚さえ。
    いつものように、受賞作全文掲載の文芸春秋は買って来ましたが、
    これもまた いつものように「もったいなくて」読み始められない(^_^;)
    周辺記事ばかり読んで、肝心の受賞作はまだ読んでいない…。

    選評を、割と楽しみにしているのですが、
    今回の選評で、石原慎太郎氏が選考委員を降りる旨が書かれていました。
    とても淋しい気がしました。

    いつも石原氏は辛口で、
    たいていの受賞作は褒めることをせず、
    最近は毎回、昨今の文学界を嘆く文章ばかりでした。

    私には、文学界についてどうこう言うだけの知識も経験も才能もないので
    石原氏の選評や、文学界への雑感のようなものについて、
    是非を述べることは出来ません…。

    でも、なぜかいつも、石原氏が推すものを私も面白い作品だと思うことが多く、
    そういう意味では ひどくおこがましい言い方ですが
    「好み」が似ていたのではないかと…

    石原氏のあと、どなたが選考委員になられるのかは知りませんが、
    なんとなく、芥川賞そのものが、少し自分から遠い賞になったようで
    (いや、今ももちろん、ある意味、遠いとおい賞ですが(^_^;))
    淋しい気持ちがわいてくるのを止めることが出来ませんでした。

    同じように、いつも私は、本当に読みたいものは、勿体なくてなかなか読めないところがあります。

    もうずっと前に、このブログに書いた「青春の門〜挑戦編)」
    …実はまだ、読破していません…
    他にも、仕事上、読まなければならない文献が山積みで、
    そんな、自分にとって「娯楽」なものを読むくらいなら文献を読まなくては、
    という気持ちが、青春の門を読むのを遮る1番の理由ではありますが

    私が、高校時代に 「青春の門」をテスト前1週間に毎日2冊ずつ読みふけって
    成績が80番落ちて担任に呼びつけられたことは前にも書きましたが
    やはり、今でも、「青春の門」は私にとって、特別な存在のようです。

    本を読むのは寝床の中が多いのですが、
    寝る前に「青春の門」を読み始めると、
    まず、眠れない。次々に読みたくなって、どんどん睡眠時間が無くなる。
    なので、途中で、一生懸命我慢して、「ここまでにしておこう」と栞を挟みます。
    でも、
    そうやって、やっとの思いで眠りについても、
    夢の中まで「青春の門」が追いかけてくるのです…

    夢が、青春の門の五木調のナレーションで進んでいく
    ややもすると、「信介」が登場したりする
    (というか、女の私が、信介の立場になっている…(・_・;))


    青春の門の世界は、
    というより たぶん 伊吹信介の、あの若い、生きる姿勢のようなものが
    高校時代の私に あこがれに映った
    それは今でも、私の中に
    「遂げられなかった あこがれの感じ方・考え方」として
    根強く残っているんだ、と、あらためて感じました…


    今日 セレクトした曲は
    岡林さんの曲の中では 私にとっては「新しい方」の曲。
    3月4日に 金沢の行きつけのフォーク酒場で行われる「ひな祭りライヴ」に
    歌が大変お上手な、憧れの女性でもあるKさんと2人で出ることになり、
    昨日、何の曲をやるのか相談しに行ってきました。
    30分の持ち時間なので、6曲くらいか、と、いろいろ話しましたが、
    Kさんが歌われるのだから、Kさんが歌いたい曲を、ということで、
    この曲をセレクトされたのです。

    持病を持て余しながら
    仕事を通じた社会とのつながりも捨てがたく
    そして 愛してやまない ちんの 子育てで必死だった頃は
    ラヴ・ソングや ドラマや映画のラヴストーリーには
    全く興味が持てなかった…
    尤も、この曲は、愛する女性への曲ではなく、
    尊敬し、仕事仲間として愛する故人への思いだそうですが、
    それにしても、
    「せめて 君の為に 歌を書きたいけど
     もどかしい想いは うまく歌にならない」
    なんていう 表現に ふと 思いを向けることはなかったと思います…

    今、ちんが巣立って
    もし 私がいなくなっても
    ちんの子育て・世話の負担を 茶戌にかけることはない、
    という、ほんの少しだけれど 肩の荷物がおろせたからか、
    最近は、自分が、どんなふうに生きたいか、と言うことを考えるようになりました。

    そして、それにつれて、
    また、昔の様に、こんなフレーズにも心が止まるようになった気がします…


    そんな時ふと さだまさしさんの「療養所」の中の

    「歳と共に誰もが子供に帰ってゆくと
     人は云うけれど それは多分嘘だ
     思い通りにとべない心と 動かぬ手足
     抱きしめて 燃え残る夢達」

    のくだりを 思い出します。

    たぶん 私も 全く子供に還っているのではなく
    燃え残った夢を 追い続けようとしてるだけ…
    その中には すでに 
    どうしても 叶わない夢もあることを知っている
    それが 子供の頃とは違うこと…


    今は とにかく
    仕事と 音楽と
    出来るだけ 周りの人を幸せにすることと

    …そんなことに 一生懸命になってみたいと思います…

     
    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。



    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                     君に捧げるラブソング → 



    JUGEMテーマ:音楽 
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | 岡林信康 | 18:12 | comments(8) | trackbacks(0) |- pookmark