◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  While My Guitar Gently Weeps:George Harrison & Eric Clapton  ○●○
    ビオラ遅い春でしたが 訪れれば一気に…。
    福井の桜も、咲いて来たかな、と思ったら、あっという間に満開を迎えそうです。
    日本人はどこか、「少しずつ…」「名残を残して…」を好むような気がしますが、今年の桜は一気に燃えるように咲いて、楽しむ人の心を置いてけぼりにして去って行きそうです。
    我が家の玄関前のビオラも 今 満開です。
    花の下にて 春 死なん…
    西行法師のお気持ちを 毎年 感じます…

    染色体検査の結果が出ました。
    今回はセーフでした♪
    ブログで、心配だった検査の結果を、セーフだった、と報告できるのは久しぶりのような…。
    このところ、アウトが続いていたので、
    楽天的な私も、少しずつ、「アウト、ってこともあるな」と
    以前よりは覚悟するようになっていました。

    よかった。
    新しい仕事のプロジェクトは もう 滑り出してしまっているし
    今 立ち止まるわけにはいかない…
    もしかして この思いを 神様が汲み取ってくれたのでしょうか…

    そして 昨日
    左手薬指と 小指の 副木もとれました。
    まだ、腫れも内出血もひいていないし、
    もちろん痛くて曲げられないし
    でも
    水仕事やお風呂の時に手袋をしなくて済むし、
    片手でやっていた作業に左手を添えることが出来るし

    やっぱり こころも少し軽くなりました…

    このブログで、ご心配戴いていた皆さま
    まだ、リハビリの進捗がどうなるか分かりませんが、
    そして染色体検査も 今後またどうなるか分かりませんが
    とりあえず 今日のところは 少しでもいいご報告をさせて戴いて
    心から感謝したいと思います。
    ありがとうございました…


    この4週間 ギターを弾いたのは3回だけ。
    それももちろん、薬指・小指を使わず、ほんの3〜4分です。

    毎日、立てかけてあるギターに目が留まるたび
    響かせてもらえずに ギターが泣いているような気がして
    申し訳なく思っていました

    ときどきは 押さえられなくても 
    ボディの中に音を響かせてあげようと
    ただ 弦をかき鳴らすこともありました

    まだ 痛くて とても弾けそうにはないですが
    少なくとも 今日からは
    ほんの少しずつでも ボディの中にメロディを響かせてあげたい…
    ごめんね 
    待ってくれて ありがとうね って こころを込めながら…


    …今日は そんな気持ちに沿わせて
    Beatlesの中で私が 1番好きな Gerogeの曲をセレクトしました。
    この曲は Georgeの親友であり これまた私の大好きなClaptonにギターを依頼して
    Claptonもまた 快く 引き受けたという 曲…
    日本での公演の際の音源をリンクしました。


    While my guitars gently weep, 
    While my guitars waiting for me,
    I have been thankful to them
    And I promise I'll  make them happy … 

    月曜日から リハビリ頑張って
    必ず また 以前の様に 弾けるようになります…
    それが 待ってくれたギターへの 恩返しになると信じて。



    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


               While My Guitar Gently Weeps → 


    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    JUGEMテーマ:音楽 
    0
      | George Harrison | 17:58 | comments(13) | trackbacks(0) |- pookmark