◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  Autumn in New York: Ella Fitzgerald & Louis Armstrong  ○●○
    Autumn in New York秋が来ました。
    日中、まだ暑い陽差しが射すけれど、それは確実に秋の陽差し。
    少しずつですが、雲が高くなり、虫の声も(そういえばツクツクボウシも)聞かれるようになりました。
    朝夕の涼しい風が心地よく、どんなことでも出来そうな気持ちになってしまう。
    そう、どんなことでも…。

    帰省していた ちんは 1日土曜日の朝、京都に戻りました。
    これまでは、ちんが帰省する時は、私が行きたい気持ちもあったし、ちんに持たせたいものたちが多すぎて、それを運ぶ意味でも、たいてい、私が京都まで送迎していました。
    でも、今回は翌日、フォーク酒場仲間の町内バーベキューの「にぎやかし」に、30分ほど演奏して欲しいと頼まれていたので、京都に行くわけにはいかず、福井駅でちんを送りました。
    出来るだけ「少なく」心がけた、食料品を持って…。
    それが、普通の姿。「駅」というものに、何か特別な感情を抱いてしまう私、ちんにも、そんな気持ちが芽生えるのもいい。

    町内バーベキューでの「にぎやかし」は、予想通り、「にぎやかす」必要などないほどに、皆さん、それぞれ盛り上がっておられて、どちらかというと、「騒音」でさえあるかのようで、「にぎやかし」に出た内輪で聴いている、という感じでした。
    まぁ、それでも、そういうことでもないと、茶戌も私も真面目に取り組まないので、「ネタ」を作るいい機会にはなったと思います。

    そんなこんなが終わって 季節は着実に秋へと移行し…。

    ちんが帰省している間、離れていた「お仕事」を、いよいよ真剣にやらなくては、と、月曜から集中を心がけました。
    それで、まだまだ途中ではありますが、なんとか「目途」はついた。
    それをいいことに、昨日火曜日は、ゆっくりと1日休んだのです。
    そして、夕方になって、ちんへの仕送りを振り込みに、ATMまで出かけました。
    その時、初秋の風が心地よく、「そうだ、今日、ひとりで「ぷかぷか」に行こうかな」と、
    突然 思い立ってしまったのです…

    これが いけなかった。

    行きの道中でも、運転しながら「こんなことやってていいのかな」という迷いがあった。
    でも、もう、向かってしまったんだから、と、そのまま車を走らせた。

    私が「おひとりぷか」をするときは、どこか心の中に「しみ」のようなものを感じて、ギター弾いて、歌うことで、それを払拭したい時が多い。
    けれど、いまだに、たくさんお客様がおられたり、上手な方が観ておられたりすると、ステージには上がれなくなってしまうことが多い私。
    だから、「おひとりぷか」は、わざと、あまりお客様が混み合わない平日の、少し遅い時間を狙うのです。

    昨日もそのつもりでしたが、昨日は結構お客様がおられたし、
    上手で、精力的にステージに上がられる方が、遅くまでおられたので、
    結局私は、お客様のリクエスト曲を2曲歌って、これ以上遅くなるのも、と思い、
    諦めて帰途につきました。

    帰り道、「あぁ、私、一体なにやってんのかな」と、行きと同じ、どこか空しい気持ちでボーッと車を走らせていました。
    そうしたら、深夜なので、国道はトラックが多く、後ろにトラックが接近してきて、早く行けと言わんばかりに車間を詰めて来ました。
    いつもなら、「勝手にしてください」と、自分のペースを守るのに、
    昨日は、どこか焦ってしまって、一生懸命車を走らせた…
    そうしたら、やってしまったのです、オービスが私の車を撮影していました…

    赤いフラッシュが光って、速度計を見ると80Km/h以上出てる…。
    トラックは、しばらくは私の車から少し車間をとりましたが、
    2車線になったところで待ち構えていたように、私を抜き去って行きました…


    少し、調子に乗っていた私に対する、「警告」なのでしょう。
    お仕事も、予想以上の結果が出て、少しずつ大きな話になってきているし、
    数少なくとも、ほんの少しは「演奏依頼」のお声もいただいたりして、
    そして、ちんの体調や学校も落ち着いているようで、
    茶戌も、少しずつ新任地でのペースをつかんできているようで…

    …調子に乗っていたのです。

    これから、出頭命令が来て、免停処分になり、簡易裁判で罰金を支払い、
    …すべて終了するのは11月の終り頃になるでしょうか…
    そういう手続きが面倒なこともあるし、「前科」になるのも気が滅入るし、
    罰金も、茶戌やちんに申し訳ない…

    今は、後悔や、自分のバカさ加減に対する情けなさで
    なかなかエネルギーが湧いてこないのですが、
    そんなことも言っていられません。
    反省して、違反をしないようには しなければならないけれども、
    なるべく このことを忘れながら
    今、やらなければならないことに集中していきたいと思います。


    今日セレクトした曲は、Jazzスタンダード中のスタンダード。
    秋になると、聴きたくなります。
    少し、気持ちを落ち着かせて、この曲の様に「秋を楽しむ」ようにしなくては…
    皆さまにも、きっと素敵な秋が待っていることを祈ります…☆


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                          Autumn in New York → 

    JUGEMテーマ:ジャズ・ボーカル
    JUGEMテーマ:音楽 
    0
      | Ella Fitzgerald & Louis Armstrong | 16:18 | comments(9) | trackbacks(0) |- pookmark