◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  Arthur's Theme〜Best That You Can Do〜:Christopher Cross  ○●○
    Arthurs Theme台風一過…
    昨日の福井は風が強く、例によって我が家の玄関前のプランターは、あっちこっちにひっくり返って大変でした。
    そして、気圧の影響で気温も高く、秋とは思えない暑さでしたが、早朝から雨が落ち始めると、次第に風が涼しくなり、今日は1日、なんとかエアコンなしで過ごせました。
    少しずつ、秋になって行ってます…

    昨日は連休最終日でしたが、
    茶戌の会社は、会社の規定で休日が決まるため、必ずしも暦通りではなく、営業日でした。
    なので、私は、音楽仲間がとあるカフェでランチライブをやる、というので、友達とそこに行って来ました。

    その友達は、以前、このブログにも書いた、学生時代に、あることがあってから、私の中でずっと、距離を感じていた友達…。
    昨年冬に、2人だけで会い、久しぶりに話したら、お互いの間の壁のようなものはすっかりなくなり、以来、むしろ今、誰よりも心を開いてつきあえている友達です。

    昨日も、ライブが終わった後、そのまま私の車で海岸線をドライブして、
    いろんなこと、話しました。

    彼女と話すとき、
    私は、「職場の○○さん」ではなく、
    「茶戌さんの奥さん」でもなく、
    「ちんのお母さん」でもない…
    等身大の「47歳のおばさん」になって、あれこれ話すとき
    結婚してから、これまで、そういうことがなかったなぁ、と、しみじみ嬉しくなるのです。
    友達とどこかへ出かける、ということが本当に、なかった。
    電話してる時間もなかった。家族がいたら、長く話し込むことは何となく出来なかった。
    家族がいない時間も、それなりに、やらなければならないことに追われていたし…。
    身体を休めたい、ということもあったし…。

    現在の、職場での話や家庭の話のほかに、学生時代の思い出話にもなり、
    「あー、そういうことあったねー、あの子は今、どうしてるんかな」
    なんて、本当に、2時間強のドライブでしたが、あっという間でした。
    海はお陽さまの照り返しでキラキラ光って
    途中、山あいで虹にも出会って、ちょっと暑かったけれど、秋を感じることが出来た…


    今日、セレクトした Arthur's Theme も、秋になると思い出す曲の1つ。
    邦題は「ニューヨークシティ・セレナーデ」。

    高校1年の時でした。
    その時、同じクラスで仲良くしていたバスケ部の子…
    1つ年上のハンドボール部のキャプテンに恋をしていましたが
    ある日、そのキャプテンに彼女が出来たとのうわさが…

    その日、別の体育館でバレー部の練習をしていた私のところへ彼女がやって来て、
    「今日、部活終わったら、つきあってくれない?」って。
    「最終バスまでの時間なら、いいよ!」と、
    その時は理由も訊かず別れました。

    部活が終わり、バスケ部が練習している体育館の更衣室で彼女と合流し、
    自転車通学だった彼女が自転車を引っ張りながら
    一緒に歩き出したら
    「○○さん…彼女、出来たんだって。」
    「え、誰?」
    「2年の△△さん」
    「えー、本当? なんか信じられない」
    「でも、ホント、ホントなの。間違いないの」
    「。。。。。」

    「私、昨日、それを知って、昨日ひと晩泣いた。
     で、もう、吹っ切ろう!と思って、今日、とも(私はそう呼ばれてました)と、やけ食いしようと思って! つきあってー。おごるから!」

    どこへ行ったか、もう、記憶があいまいなのですが、ハンバーガー屋を2軒くらい梯子して、さらにアイスクリームを食べたような(^_^;)

    「大したことないじゃん、あんなひと。キレイかもしれないけど、性格悪そうじゃん。
     みつこ(その友達)の方が、よっぽどカワイイよ♪ 
     つまり、○○センパイは、見る目がない、ってことや。」
    「ううん、△△さんはキレイだよ、私、ショックやった」
    「えー、絶対みつこの方がカワイイと思うけどなー(実際、今でもそう思っています。みつこは、顔もスタイルも抜群で、あか抜けていた)。きっと、今に終わるから、待ってたら?」
    「えー、絶対ダメだって…」

    …こんな会話がなされた記憶…(^_^;)

    前の晩、みつこが、泣きながらラジオをつけたら、Arther's Themeが流れて来たようで、
    「なんていう曲か分からないんやけど、ニューヨーク、ニューヨークって出てくる曲なの。
     悲しげなメロディーで、もう、一気に泣けて来てしまったの。
     ともなら、知ってると思って。なんていう曲? レコード買おうと思って。」
    って…。

    みつこは、気が強くて、背も高くて、美人で、
    私から見て、ホントに憧れてしまうような、女の子でした。
    実際、私の学校の子のみならず、他校の子からも知名度が高い、ホントにあか抜けた、しゃれた子だったのです。
    初心者で始めたバスケだったけれど、一応、県でともすればベスト4、少なくともベスト8には確実に入る、なかなかの部員の中で、なんとか、自分の代にはポジションを確保していたし、
    引退してからは、今度は一気に勉強の方を頑張って、東○外○大へスーッと入ってしまった。
    その「みつこ」も、恋をすると、こんなに弱気になっちゃうんだな…って、
    私が、つい、「よーし、今日はとことん つきあうからね!」と調子に乗ってしまったのは言うまでもない…(^_^;)


    秋は 体育祭や文化祭なんかのイベントも多くて
    思い出がたくさんある季節。

    その思い出と一緒に、この曲が いつも 私の中にやってきます…


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


            Arthur's Theme〜Best That You Can Do〜 → 

    JUGEMテーマ:音楽
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | Christopher Cross | 00:14 | comments(8) | trackbacks(0) |- pookmark