◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  Don't Let It Bring You Down:Neil Young  ○●○
    After the Goldrush外は冷たい雨の音がしています。
    いつの間にか、雨の音が冷たくなりました。
    霜月…本当に今年は早かった。
    とても同じ刻みで時が流れているとは思えないほど。
    それだけ、充実していた、ということなのでしょう。
    やったこと、行った場所、
    数年前の何倍だったろうか、と思います。

    去年から ほんの少し 社会復帰を試みて
    今年は去年よりまた少し その時間を増やし
    …なんだか 駆け抜けて来ました

    振り返る時間も持たずに
    でも なんとなく こころの中にいつも
    「今、この波を越えれば、少し落ち着けるから」、という甘さを持ち続けていました
    そうでもないと キャパの小さい私は 波を越えるエネルギーが湧かない
    家にこもっていた頃は、少し大変な時期があっても、必ずまた落ち着けるときがあったので、
    そう思うようにしてきた癖がとれません


    今年は なんだか ず〜っと途切れることなく
    次から次へと何故か 何かが沸き起こって来て
    思えば、私の感覚でいう「ゆっくり」な期間を持てていない
    いえ、普通の人から見たら、十分、いつもゆっくりしているのです
    ただ、私の感覚が、わずかな時間では「ゆっくり」と感じられない、贅沢なものなだけ…


    自信がないのです
    普通の人の様に 物事を 着々とこなす自信が
    …だから 相当 時間に余裕がないと すぐに焦ってしまう
    そのくせ ちゃっちゃと こなしていくかというと そうでもなく
    ダラダラと過ごしては ただ 気持ちだけ 焦り…


    明後日 木曜日
    消化器内科を受診して 今後の治療について話し合ってきます
    社会復帰しただけに 後に戻れないこともあり
    それら いろいろを考慮すると
    やはり 入院を先延ばしには出来ない、と、自分で結論を出しました
    それを主治医に告げたうえで、具体的にどうするか 話し合おうと思います


    今回の治療は いつもと違う方法
    いつもと違う 主治医の 初めての施術および管理
    加えて 入院自体が久しぶりなので
    なんだか 面倒くさく
    気持ちが 落ち着かない日が続いています

    夏以降 仕事や 趣味の音楽の方も
    なんやかんやと 忙しく
    気ぜわしい毎日でしたが
    入院ということが ある意味 クッションになって
    メリハリをつける いい機会になったかもしれません

    それでも
    今も 入院はいつ? 退院はいつ?
    退院後の予定も 少しずつ決まりつつあって
    それは
    毎日 判で押したような過ごし方をしていたあの頃よりは
    たぶん 幸せなことで
    私は 難しい決断ではあったけれども この毎日を選んだのだから
    前に進んでいきたい、と思います


    木曜日 今後のことが決まってくれば
    もう少し 気持ちも落ち着くのかも
    仕事も 今日仕上げたものを とりあえずさっき、送信したので、
    その返信が来たら 最終稿にします
    そうすれば しばらくは 自分のことは一段落(…のはず)
    あとは 人の事務作業の手伝いなので それは淡々と出来る(…はず(^_^;))

    ただ こうして返信待ちの間も
    なんとなく 落ち着かず
    こんなに冷たい雨が降るのに
    今日は 金沢へ逃げてこようか、と考えたりしてる…


    昨日 ラジオからNeil Youngが流れて来ました
    私には Neilの音は 還りたくても還れない頃を想わせて
    かなしいのですが
    それでも かなしい=好き ということで
    やっぱり いいなと思ってしまった
    Neilといえば、アルバム”Hervest”が有名で 私ももちろん、Hervestも好きなのですが、
    なぜか、この”After the Goldrush”が 私の琴線に触れることも多い
    このアルバムの中から、今の私の心境に響いてくるこの曲を
    今日はセレクトしました

    今後については木曜日以降「スッキリ」と、ご報告させていただきますね(^o^)丿
    (いらん!って言わないで(^_^;))


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


               Don't Let It Bring You Down → 

    JUGEMテーマ:音楽
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | Neil Young | 16:37 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark