◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  今日から昨日へ:斉藤哲夫  ○●○
    バイバイグッドバイサラバイ遅くなりましたが、明けましておめでとうございます
    今年も どうぞよろしくお願いいたします
    もう年が明けて10日も経ってしまいました…
    この前の記事でも書きましたが
    今年の冬は早い時期から寒く感じて
    福井も雪が降ることが多い毎日、それでも、まだ今は、除雪した雪の山以外は、道路脇に根雪になることだけは免れています

    今日、10日は受診日でした
    1ヶ月前、静脈瘤の破裂予防処置をするのが危険なら、せめて、静脈瘤の原因となっている「門脈」の血圧を下げられないかと、βブロッカー(薬)を処方してもらい、今日は、その効果が少しでも出ていないか、確認のための胃カメラ検査でした
    併せて、血液内科の定期受診も…

    正直、あまり期待はしていなかった
    そんなに簡単に静脈瘤は改善しないだろう、という思いと、
    万一、功を奏したとしても、1ヶ月ではまだ無理なんじゃないか、という思いと…

    そして
    消化器科主治医が相談してくれている、東京の某大学のN先生からの返答も
    今日、聞くことになるだろうと思っていましたが
    それも あまり期待はしていなかった

    それだけに 昨夜は早くに布団に入るも
    なかなか眠れませんでした
    ダメだった場合のショックを思って、というより、
    ダメだった場合は、どうするか、それを用意しておかないことには
    落ち着いて眠れそうになかった

    ようやく1時頃に 自分なりの答えを出して
    眠りに就きました


    結果、
    やっぱり、静脈瘤の様子に改善はみられませんでした
    そして、N先生の見解も、「経過観察が妥当であろう」という、予想通りの見解でした

    ただ ニュアンスとしては
    「このままではダメだけど、経過観察するしかないから、そうしよう」というよりは
    「このままではダメだけど、100%ダメでもないかもしれないから、そうしてみてもいいのでは?」という気がした
    破裂の恐れはあるけれども、死に至る大出血には至らないかもしれない、止血可能かもしれないと、それだけのことなのですが…

    正直、このままでは、やはり、いつか破裂することは覚悟しなければならないことになる
    それは本当は避けたい
    助かる可能性があるかもしれないとは言っても、それは一時的なものであり、
    しかも あくまで「かもしれない」なのだから
    なるべく 手放しでホッとしながら生きて行きたい私としては
    この状況には 本当は満足は出来ない

    …だけど
    どうしたらよいか考えることに
    少し 疲れているのも事実
    この問題は私には大きすぎる

    だから
    しばらく ゆっくり考えようと思っています
    まだ それくらいの時間の余裕はあるだろう、と…
    歩みは止めずに 情報は集め続けるけれど
    「早くしないと 早く決断しないと」と自分を追い込むのには 疲れました
    心の中で いつも
    誰か 魔法使いか 神様でも現れて
    私を 何もしなくても どうにかしてくれるところに連れて行ってくれたらいいのに、なんて思ったりする
    その思いは「自分で動くしかないんだ、死にたくないなら」という思いと
    いつも背中合わせ…


    昨日 夕方
    全く知らないアドレスから1通のメールが来ました

    「病気に負けるな
     
     負けないで」

    とだけ書かれたメール…
    迷惑メールか、とも思いましたが
    それにしては 出した相手に何の得もない内容で
    私のアドレスをどこで知ったのか、
    この As Time Goes By には、コメント欄ではなく、メールでコメントやお言葉をくださる方もあるので
    もしかしたら その方も、このブログからメールをくださったのかもしれない、と、
    一応 返信をしてみましたが
    すでに そのアドレスは変更されたようで メール送信エラーになりました

    でも
    迷惑メールかもしれない そんなメールさえ
    今の私の心には響いた
    涙がこらえきれませんでした

    家族のみならず たくさんの方々が
    こんな私を 応援して下さっている
    それが ありがたくて ありがたくて
    ありがたくて ありがたくて
    涙が こらえきれませんでした


    だから ゆっくりとでも
    「生きるための歩み」は 止めずに行こう、と思います
    ただ それだけにとらわれて
    毎日が 楽しめなくなると
    私にとっては それは もうすでに今 死んでいるのと同じことになってしまうので
    楽しむことだけは 忘れないようにしたい
    やりたいことを やらせてもらえる この幸せな環境に感謝して
    幸せに過ごして行きたいと思います


    …何か もっと 話したいことがあった気がするのですが
    今 思い出せません

    今日 セレクトした曲は 哲学者のような斉藤哲夫さんの曲
    「今日が昨日になる」というのは素敵なことです
    白血病を発症したばかりの頃は、私のXデーはいつなのか、
    毎日、恐怖感の中で過ごしていて
    インターフェロンの副作用である「鬱」も手伝ってか、
    1日の終わりが 1番落ち着いたのを思い出します
    「ああ、とにかく今日も、また1日生きられた」って…
    今日のこの1日の間にも、ちんは成長したはずだから、って…

    今日も暮れようとしています
    もうすぐ このひとときは 昨日になる
    ありがとうございます…☆


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                         今日から昨日へ → 

    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    JUGEMテーマ:音楽
    0
      | 斉藤哲夫 | 22:21 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark