◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  Fire and Rain:James Taylor  ○●○
    Sweet baby james今日の福井は雨も降らず 強すぎるほどの日差しもなく おだやかな1日でした
    こんな日が あと何日あるのか…
    おそらく もうしばらくで梅雨明け宣言がなされて、そこからは灼熱の日々なのでしょう
    若い頃なら それだけで 胸騒ぎがしていただろうに
    夏はいつも 1番素敵な季節だったのに
    …齢をとったなぁと思います(>_<)

    少し前の日曜日、ポストを覗いたら
    日曜は郵便の配達がないはずなのに何か入っていて
    見たら ちんへの手紙…
    かわいい封筒に、何か説明書きのような物が一緒にされて、透明の袋に入っていました
    説明書きを読んでみると、10年前に町内の公園に埋めたタイムカプセルの中に入っていた手紙だそうで…

    そういえば、ちんが少6くらいの時、タイムカプセルを埋めた話をしていたな、
    誰も ちんに書いてくれなかったら どうしよう、って思ってたけど、Kちゃんが書いてくれてよかった、なんて言ってたような気が…

    中身は何が書いてあるのか分からないけれど、なんだか私も温かい気持ちになりました
    次に ちんのところに行く時に 持って行ってあげようと思います


    そんなことがあって 1週間ほど経ち この連休中に
    ちんから「F中同級生のFちゃんが亡くなった」とLINEメッセージ
    慌てて新聞記事を追ってみたら 事故のニュースが…
    確かに、その子の名前が書いてある

    小学校は違った子だし、そんなに親しくしていたわけでもないけれど
    ちんは やっぱり ショック、落ち込む、って言っていた
    奇しくも私も 22歳の時 バンド仲間をバイク事故で失ったことがある
    最後にその子と交わした会話が「よぴちさん、バイクのタイヤがもうダメだから、買い換えたいんだけどお金がない、バイト紹介して〜」という会話だった
    今でも彼は私の中で齢をとらず バンドのステージビデオの映像の中にいます…

    ちんも おそらく 同じような気持ちを味わっているのでしょう

    今の私は また別の立場で
    車を運転していた、生き残った子の気持ちや
    亡くなった子のご両親の気持ちや
    生き残った子のご両親の気持ちや
    …そんな、あの頃には思い至らなかった気持ちが湧いて来ています

    親より先に逝くことほど親不孝なことはない、と、いつも思う
    私は その 最大の親不孝をしそうで
    いつも悩んだものでした 今だって…

    でも 人の生き死には たぶん 人が決める、決められるものではない
    だからきっと 親不孝も子不幸も 死ぬこと自体には ないはず


    この連休は 偶然にも行きたいライブが重なって
    1日に2つも、という日もあった
    まずは土曜日の加川良さんから始まり
    翌日は 鈴木康博さんと、おがさわら あいちゃん…
    良さんは ライブに行くなら「プライベート加川良」に、と、ずっとずっと思ってたのが ようやく叶いました
    予想通り、とてもよかった
    企画モノだと、だいたいセットリストが決まって来てしまって、ヒットした曲が中心になってしまうのだけれど、このライブは、そうではない曲もたくさん聴けた
    いつか 私も 弾き語りしたい、と思っている「幸せそうな人たち」も…

    そして 何と言っても 康さん
    前に 石川県 一里野に来られた時には
    私は 体調が1番苦しかった時で すぐに身体が引き攣ってしまって着替えも大変だった頃
    スキー場での野外ライブだったので、私の体調ではムリだろうと諦めたのです
    それが 私がよく行く金沢のフォーク酒場「ばんけん」に来る、というので
    この話が決まった直後に マスターのばんけんさんが、私の顔を見るなり、
    「よぴちさん! 康さん、決まったから!」と、顔をほころばせて教えてくれました
    かぶりつき席で聴けた挙句に CDにサインを戴き、
    そして… ライブ後もお店に残ってご飯を食べてくれた康さんの前で、
    こともあろうに 「ロンド」と「汐風のなかで」を弾き語りしてしまいました
    久しぶりだったので忘れてたコードや ギターフレーズもあって 演奏はグダグダでしたが
    もう 打つ手がないと言われてからは 後悔しない日々、をより心がけるようになった私、
    我ながら、「こんな恥ずかしいことを、よくやった!」って褒めたい気持ちになりました
    歌った後に、康さんとマネージャーさんと3人で、少しお話しさせてもらう時間もありました

    そのライブの中で
    康さんは ご自分の今、…つまり、音楽を生業にしていることについて、
    ギターを始めた頃には考えたこともなかった、でも、「ギター弾き語り」をしているおかげで、今、この齢になっても こうして歌い続けることが出来ている、と話しておられました
    そして、自分の「弾き語り」のルーツは James Taylorであり、S&Gである、とも…

    話しながら、James Taylorの”Fire and Rain”を弾き語りしてくれました
    この曲は 恋人か友人かは分からないけれど そんな大切な存在の人が亡くなってしまう曲…

    奇しくも ちんのお友達のことが思い出されてしまいました…


    1日1日
    間違いなく人は 「その日」に近づいてく
    「生まれたときから 僕たちは 滅びて行く道の上にいる」

    毎日 「確かなもの」を積み上げて行けるほど
    立派なことは出来そうにない
    でも やっぱり いつも言うように
    今日もまた 幸せな1日だったと思いながら
    ありがとうございます、と思いながら 眠りに就きたい
    それを ずっと 積み重ねていけたら、と思います



    今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                          Fire and Rain → 

    JUGEMテーマ:音楽
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | James Taylor | 23:51 | comments(8) | trackbacks(0) |- pookmark