◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  はじめぼくはひとりだった:友部正人  ○●○
    はじめぼくはひとりだったいつまでも暑い日が続く…と思っていたけれど
    台風が通り過ぎたら さすがに 秋がやって来ました
    「初秋」というのがないまま もう晩秋のような気さえする
    我が家の一才桜の葉も 心なしか色づいて…

    それは 私の気持ちの為せる技?
    それとも…

    10月1日に胃カメラ検査をして
    やはり わるい方向に進化して行ってることを確認して
    でも その週末は仕事で信州・松本へ
    そして その足で 京都の ちんのところに寄って一泊し
    帰って来てから 体調を崩して 瞬く間に1週間が過ぎました
    そして今日
    10月ももう、第3週
    今年も もう3ヶ月か、と思ったのも束の間、あっという間に過ぎてく…
    それは いいことでもあるのだけれど…

    この間 私が大事にしている、四季成りのイチゴに水を遣っている時
    (なんと、今でも実が成り続けています!)
    株の中にカマキリが1匹いるのを見つけました
    大きなお腹 卵を孕んでいるのでしょう
    ということは、この近くに もう1匹、雄がいるのか、と思いましたが
    あたりに カマキリの姿はなく…
    「そっか、もう、この雌のお腹の中なんだね」
    カマキリって、卵を孕んだ時点で栄養源として その雄を食べると聞いたことがある
    雄も それを承知だと…
    生きながらにして 子孫のために自分の命を捧げるのって
    どんな気持ちだろう、そして、子のために それをする このお母さんカマキリの気持ちって…、と
    いろんなことを思いました

    実母が春ごろから 白髪を染めるのをやめてしまいました
    「草笛光子さんみたいにしようと思って」と いつもの調子で言っていた
    私は やっぱり 母が急に齢をとったように思えるから 最初 抵抗があったけれど
    母のすることだから 特に反対もせずにいました


    毎日お参りに行っているのは ある新興宗教の支部なのですが
    その宗教は、もともと祖母がやっていたのを 嫁である母が引き継いだものです
    だから母も 特別熱心、というわけではないけれど 少なくとも私よりは長く、信者でいるわけです
    いつもひとりでいる私と違って、当然、同じような年齢層の おばさま方ともお付き合いしながら…

    この前、お参りに行った時、母が お付き合いしているお仲間の1人と出会って
    私も、母を通じて顔とお名前くらいは知っているので ご挨拶したら
    「お母さん、髪の毛、染めるのやめてしまったでしょう、あれはきっと、あなたのことを願掛けしているんやと思うよ」と…

    母は19年前、私が白血病になった時点で、1番の好物だった鶏肉を断ったのです
    そのことは私も知っていたけれど(一緒にいても一切食べないようになったので)
    つい最近になって、「まずは あんたを10年、生かしてください、と思って断ったの、そして、10年生かしてもらったから、お礼にまた10年断っているの」と言っていました
    私は いつも鶏肉を食べるたびに 胸が痛かった
    「私のために、そんなことしなくていいよ、そんなら私こそ、断たなあかんやろ」
    「いいの、お母さん、もう、あんまり鶏肉食べたいと思わんようになったんや、あんたは食べなあかんよ、栄養とらないと」
    …そんな会話もありました


    私も、ちんを授かって
    やはり、この病気が、ちんでなくて私でよかった、と思う日々
    今回の胃カメラの結果で
    また 長生きが少し 私の中で遠いものになってしまったけれど
    いつも思うのは
    今、私の人生が終わったところで、私自身にはあまり、「あれがしたかった」という思いはないけれど
    遺された人たちが ひとりでも かなしい思いをしなくて済むように、と、それだけです

    病気になって、「もし私が この世にひとりだったら もっと気が楽だったかな」とよく思いました
    でも ひとは ひとりではない
    子どもがいないひとも 必ず 親はいる、社会で繋がっているひとがいる…
    孤独のつもりでも お付き合いはしてないつもりでも「ご近所さん」は いるわけで…

    それは時に 少し めんどくさいかったり 荷物だったりするけれど
    佐野元春さんは「生活のうすのろ」なんて言葉を使っていたけれど
    ひとは ひとりでは ないんですよね…


    今日は 詩人でもある友部さんの曲をチョイスしました
    友部さんは ひとりじゃない、ってわかった時に 淋しくなったと歌ってる
    確かに ひとりじゃないからこそ 孤独というものが存在するのでしょう
    この歌は、こんなふうに感じることもある、という、そんな歌であって
    友部さんご自身は きっと ひとりじゃないことを かなしんではいない、と思っています

    うまく まとまらないけれど
    私は
    ひとりじゃないから 生きて行きます
    ちょっと疲れてはいるけれど やっぱり 生きるために頑張りたい

    ここを 覗いて下さっている方々も 私を ひとりじゃなくしてくださっている
    ありがとうございます…


    今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…


    ←いつもありがとうございます
     よろしければクリックお願いいたします


                      はじめぼくはひとりだった → 

    JUGEMテーマ:音楽
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | 友部正人 | 00:57 | comments(8) | trackbacks(0) |- pookmark