◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  Time After Time : Eva Cassidy  ○●○
    Time After Time紅葉の便りも終盤になり、今年もまた、見に行けず終まいかな、と思っています
    特別に有名な場所でなくとも、普段、車を走らせているところでも紅葉がキレイなところはたくさんあって
    雨上がりに 散った桜の葉の香りが立っている中 歩く道などは 私にとっては最高の時間です
    そうは言っても 今週は 雪の便りも聞こえてくる福井なのですが…

    ちんが飼っていたハムスターのドリさん(ホントはDreamという名前なのですが、ドリさんと呼んでいました)が 昨日、息を引き取りました
    2ヶ月ほど前から お腹に大きな腫瘍が出来ていたうえに
    そもそもハムスターの寿命は2年くらい、と言われていて
    あの子が ちんの部屋に来てから2年、そろそろお別れの日が来るのは覚悟していました

    私は一緒に住んでいない、だから まだ救われるのですが
    それでも
    行き詰って ちんの部屋に逃げることも多かった私は
    眠れない夜中に あの子たち(最初は2匹いました)が 
    黙々と滑車を回していたり
    おがくずを自分の周りに囲って 潜り込もうとしていたり
    小さな手で抱えながら餌を食べていたり 水を飲んでいたり
    そして 私が覗き込むと 「何か?」というような とぼけた顔で見つめ返してくれたりして
    その様子をみながら その音を聞きながら 眠れることも何度もあった

    今回の胃カメラ検査で やはり悪化しているのを確認した時も
    やるせない気持ちで あの子の飼育箱を覗いたら
    自分は大きな腫瘍を抱えているのに やっぱり いつもと変わらない無邪気な顔で私を迎えてくれた
    涙が出ました チカラももらった
    あなたも 黙々と 流れのままに 命を永らえているんだね、って…
    私も 頑張らなくちゃ、って…

    あの子は そっと 逝きました
    飼われることを望んでいたのかどうかも分からないのに
    黙って 運命のまま
    …私にとって 見習わなければならない生き方でした

    ちんは毎日一緒にいたから もっと淋しい思いだと思います



    これから年末まで 毎週末 なんらかの予定が入っています
    ライブ鑑賞だったり 自分のライブだったり 施設慰問をさせていただくことだったり…
    とりあえず静脈瘤の破裂か事故でもない限り 1月末までは 自由のはず
    それまでは 出来る限りのことをしたいな、と思ってのことです
    生き急いでいるな、と思う
    それが いいことか悪いことかも 自分では判断がつかないけれど…
    第一、本当に入院・手術が出来るかどうかさえ 分からないのだから…


    なんとなく 主治医は 私の治療は避けているような気もしています
    どうして あの時すぐに 脾臓摘出の段取りをせずに1月まで待とうとおっしゃったのか
    確かに 脾臓摘出によるリスクもゼロではない
    そもそも どれほどの効果が期待できるのかもわからないだけに
    …主治医は 私が静脈瘤の破裂によって死に至るのは仕方ない、と思っているのです
    ただ、医師として、それを防ぐための治療(待機治療といいます)によって死に至らしめるのは避けたい、と…
    脾臓摘出を勧めることによって 私に万一のことがあった場合に イヤな思いをするのは避けたいのでしょう、それは理解できる
    でも
    このまま ただ 破裂の時を待つのは耐えられない
    一か八か、の治療は迷うけれど 脾臓摘出なら もう少しリスクが低いはず…

    去年の今頃も
    絶望的な気持ちで過ごしていましたが
    今年の冬も こんな気持ちで迎えることになるとは思っていなかった
    去年の冬には 今年の冬はないかもしれない気持ちだったのを思えば、迎えられただけでも幸せなのに
    きっと このまま進行せずに、抱えたまま生きていけるんじゃないか、って希望を持って過ごした夏が幸せすぎて
    今の幸せが見えなくなっています

    今も
    やっぱり希望は持っています
    脾臓を摘出したら もう進行しなくなるんじゃないか、抱えたまま生きていけるんじゃないか、って…
    でも、今度こそ、本当に最後
    他の希望の道は もう現時点の医学では 見つからないから…


    今日 チョイスしたのは ”Time After Time”
    少し前 ラジオから ちょくちょく聴こえて来て「懐かしいなあ」と思っていました
    大学時代 バンドで学祭に出る時などは やっぱりマドンナやシンディ・ローパーのカヴァーが好まれて
    特別好きだったわけでもなかったけれど そういう曲をやっていました
    あの頃は 特別好きだったわけでもないので 歌詞を深く追いかけることもしていませんでしたが
    ラジオから流れて来ているのを久しぶりに聴いたら「いい曲だなあ」と思えて
    歌詞を見てみたのです

    If you're lost you can look and you will find me
    Time after time
    If you fall I will catch you I'll be waiting 
    Time after time

    こんなふうに 
    普段は見失いそうなくらい黙って、でも いつでも受け止められる場所にいるようなひと、
    そういう生き方、 
    …憧れます
    ドリさんは 大袈裟に言えば ちんや私にとって そういう存在だった気がする
    けど 私はと言えば おせっかいの せっかちの
    そして 余計なことばっかり喋りまくる、うるさいオバチャンなので…



    この曲は たくさんの人にカヴァーされているので しっとり歌っているものがないかYou Tubeで探してみたら
    Eva Cassidyのものが ギターで素敵だったので それをお届けします
    私の3つ上なのに もう亡くなられている…
    どんな人生だったのか 知りたくなりました


    なんだか気持ちの整理もつかず
    グダグダな内容になってしまいましたが


    2013年11月25日
    今日も私は 幸せに生きることが出来ました
    ありがとうございます
    こうして積み重ねていきたい
    明日も その次も


    …結局、この長い長〜い記事の主旨は、上の5行だけなんですね(笑)



    今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…


    ←いつもありがとうございます
     よろしければクリックお願いいたします


                          Time After Time → 

    JUGEMテーマ:音楽 
    0
      | Eva Cassidy | 00:40 | comments(11) | trackbacks(0) |- pookmark