◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  Scissors Cut:Art Garfunkel  ○●○
    シザーズカット
    気付けば12月も半ばを過ぎ
    「忘年会」という言葉に「早いなぁ」と思っていたのが、もう、当たり前になって来てしまいました
    まだ本格的な雪にはなっていない福井
    今のところ 今年が特に寒いとか 雪が多いとか
    そんな気持ちにもなっていません
    これから…なのでしょう
    まだ 冬は入口…

    先のことは考えないようにしながら過ごす日々
    けれど
    たまたま 私の仕事が医療関係なので
    仕事がらみで 消化器内科医などと話すと
    やっぱり その話題になる
    消化器内科医は皆 結論は同じ
    「脾臓摘出手術にしても やはりリスクは高いね」と…

    分かってはいたのです
    来年1月の検査の後も 手術の運びにはならないんじゃないか、と
    今も思っています
    もちろん 今、結論を出す気はなく あくまで1月の状態を再度見て
    主治医とも よく話し合ってからにしますが…

    手の施しようがないからといって
    ただ 静脈瘤破裂を待つのは 「針のむしろの上にいるようなもの」
    …そう思うと 何か せずにいられない気持ちでした
    けれど いずれにせよ やはり 死に至るリスクは避けられず
    人の身体なんていうのは 「やってみないと分からない」ことも多く
    どんな治療も 確率論で計ることが出来ない「賭け」になる

    今 私は 何も知らない人が見たら ただの「よく肥えた、健康そうな おばちゃん」なのです
    そんな毎日が 
    今日1日過ぎたように 明日もまた ある、
    少なくとも 今 この瞬間は そんな風にしか考えられなくて
    わざわざ「賭け」に出るには エネルギーが要る…

    いつも どうどう巡りの挙句
    「今は 考えるのはよそう、少なくとも、検査の後、考えなくてはならなくなる時までは」で 自分の思いを止めることになってる…


    夏ごろから ありがたいことに ライブのお話が途切れなかったので
    いつも バンド(といっても、ボーカルの茶戌に、リードギターの長べえさんが入るだけですが)でやる曲のアレンジや練習ばかりで
    それは 必ずしも私の「ギター弾きたい!」を満足させるものばかりではないためか
    ギターを弾く時間そのものが減って来ていました
    私が 自分でやる曲を じっくり聴いたり選んだりする気持ちの余裕もなく

    そこへ 秋に 「静脈瘤の状態は悪くなってきている」結果が入り
    来年早々に 入院する可能性もある、となって
    ますます 自分が今後やる曲、などというものに目を向ける余裕がなくなっていました

    でも
    仕事も控え 家族の世話に手を焼くことも少ない今
    ギターまで なくなったら 
    私 ホントに どうしていいか分かりません
    それでも 1日1日が 結構 バタバタと過ぎて行ってるのが不思議なくらいで…


    結局 手術もせず ただ「その時」を待つ、という選択をするかもしれない
    恐いけれど そうするかもしれない
    …だから
    少しずつ 前を「見て」、やりたい曲を やりたいように 弾くことを始めたいな、と思っています

    今朝は「卒業」の日を迎えている夢で目覚めました
    私は大学に2つ行きましたが、最初に行った方は 母に反対されて就職期間を逃したので仕方なく行ったところ、2つめは自分の意志で行ったところ、
    夢の中では 2つ目のところの卒業でした
    いろんなことが頭をよぎって 夢の中で 私は 恩あるひとに「ありがとうございました」と言いながら ものすごく泣いていました
    お辞儀をするために2〜3歩後ろに下がったら、下がった先は崖のようになっていて、少し足元の地面が緩くなっていて
    不安に思いながらも 泣きながら 一生懸命「ありがとうございました」と言っていました

    どうして そんな夢を見たのか分からないけれど
    どこか 今の状況から 抜け出たい、抜け出なければ、と思っているのでしょうか…



    今日 お届けする曲は
    冬になると思い出す アート・ガーファンクルの曲
    高1の時 出席順に机が並んだ教室で 私の斜め前だったM君が貸してくれたアルバム
    たぶん 貸してくれたのは秋頃だったと思うのに
    なぜか私の中では 11月から12月のイメージ
    雪ではないのです
    冷たい雨の 落ち葉の舗道
    濡れたアスファルトに ネオンや車のヘッドライトが反射した感じ
    …そんな風景が重なります
    部活を終えて 帰るころは いつも そんなだったからだと思う

    高1の時
    まだ悩みが少なかった
    高2以降はしばらく 家のことでバタバタしていたけれど
    そんな平和なイメージが この曲にはあって
    私のとって
    気持ちを鎮めたい時に 聴く曲です


    今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…


    ←いつもありがとうございます
     よろしければクリックお願いいたします


                          Scissors Cut → 

    JUGEMテーマ:音楽
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | Art Garfunkel | 00:18 | comments(8) | trackbacks(0) |- pookmark