◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  Maybe Tomorrow:REBECCA  ○●○
    May Be Tomorrow弥生3月になりました
    ようやく暖かい日もあるようになりましたが、まだまだ冬用タイヤを交換するには時期尚早の、週末には雪の予報
    それでも ずっと「芽が出る」気配もなかったムスカリの鉢に、今年もようやく少しだけ「芽」のようなものを見つけて、そうだ、春がやって来るんだ、と自分に言い聞かせました
    その自然に、自分を委ねながら行こう、って…

    ずっと更新が出来なかったのは
    前回1月21日の消化器科の受診時に、主治医が、次回2月20日までに、今、通院している病院での脾臓摘出手術が可能かどうか、希望の病院へ送るのかどうか、送るとしたら どの先生がいいか、検討しておく、ということだったので
    その結果が出てから、と思っていたからです
    20日木曜日に、消化器科と血液内科を受診しましたが、結局、その日には結論が出ず、27日木曜に再度 腹部CTを撮って、その日に話をしよう、ということになりました
    27日には、腹部CTの他に肝予備能検査もして、3月12日に、それらの結果をもとに、外科の先生と直接話をしてください、とうことになりました
    その日は疲れ切って、記事を更新する元気もなかった
    しかも、まだ、何か報告できるような決定事項もないだけに…


    手術する以上、100%の安全は保証されないのは承知の上です
    かつ、この手術で、どれくらい延命できるのかも分からない、ということも…
    けれど、せめて打てる手は打って、天命を待ちたい
    12日、外科の先生と話をして、今 通院している病院にするか、別の病院にするか、それとも手術自体をやめるか、決めようと思います

    現時点では、私の認識では、この手術は手技自体は そう難しいものではないはず、
    ただ、出血多量の際の対応能力があるかどうか、そうなる確率はどれくらいなのか、
    …その辺を 妥協することが出来れば、
    年老いた母が、「自分が通えるところで手術をして欲しい」と希望していることもあり、
    今、通院している病院で手術をしようか、と考えています

    以前、今、通院している病院の消化器科におられた、私の職場の上司から、今度会う外科の先生について「あの先生は尊敬できない、別の先生に変えてもらえ」とも言われました
    それも、私のことを思えばこそ、だとは思いますが、
    一緒に仕事をする仲間として いい人間かどうか、という観点ではなく、
    私は患者の立場から、医師として、その先生に任せるかどうかを判断したい
    まして、消化器科主治医が、私の気持ちを理解して下さった上で選んだ先生なのだから
    …とにかく「自分で納得して」決めたい、と思います


    最近、血圧が高くなって来て
    狭心症の胸の痛みが背中や腰に来たかのような痛みを頻繁に感じるようになりました
    加えて、ここ数日は、なんだか 目の前がフワフワしたり…
    更年期の影響もあるのでしょうか


    そんな中、明日は いよいよ 1年前から お話を戴いていた「ひなまつりLIVE」
    たかだか30分ですが、今の私は、乗り切れるかどうか、すごく不安です
    ここ数日、1曲2曲でも、歌うとフラフラする
    でも、手術することになれば、開腹手術でするつもりなので、術後もしばらくは歌うのは難しいかもしれない
    そうなると、明日のLIVEは、当面の「最後のLIVE」になります
    …所詮、素人の「趣味」、こんなことをしてまでやることなのか、客観的に観れば、自分でもバカだなぁ、と思う
    誰に責められても、それを説得できるだけの理由が思い浮かばない
    だけど やっぱり
    約束を破るのは つらいです
    だから今日は よく寝て、明日は 終わった後はどうなろうと(結局 この方がご迷惑をおかけすることになりそうですね(^_^;))
    全力で 30分 走り切ろうと思います


    誰にも ご迷惑をおかけしたくないのに
    私のやっていることは すべて その逆ばかりな気がする
    …もうすぐ49になるのに
    子供のように どう生きたらいいのか 全く分からないでいます


    今日 お届けする曲は 昔から 時々口ずさむと泣けてくる曲
    May Be Tomorrow…
    ”Maybe” という単語は ”Perhaps”に比べて軽い気がする
    明日はいい日かも、でも、もしそうでなくても 仕方ないや、
    そんな風に 軽い気持ちで
    明日を迎えられたら、と思います


    今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…


    ←いつもありがとうございます
     よろしければクリックお願いいたします


                       Maybe Tomorrow→ 

    JUGEMテーマ:音楽
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | REBECCA | 22:02 | comments(12) | trackbacks(0) |- pookmark