◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  雨が空から降れば:小室等  ○●○
    六文銭ファースト夏祭りシーズン、そして、夏祭りと言えば「花火」
    福井でも、あちこちで大なり小なりの花火大会が実施されています
    もともと、人混みも、暑すぎるところも寒すぎるところも好きでない私は、花火は好きでも花火大会に行くことは あまりなかった
    ちんが小学生くらいまでの間は、ちんに見せてやりたくて行きましたが…
    今年、久しぶりに車の中から偶然に見た花火が、とてもキレイで、「花火もいいもんだなぁ」と思いました


    とうとう明日は入院、明後日は手術
    血液の状態が悪い私の場合、手術の経過が順調であるかどうか、そして何より、手術したところで、また再発するんじゃないか、
    …いろんな不安が いっぱいあるけれど、もう、流れていくしかない…


    病気のことばかり書くのも なんだかなぁ、という思いもあります
    日々、感じていること、小さいことだけれど たくさんあるし
    この手術が終われば、もう少し落ち着いた記事も書けるんだろうか…

    落ち着いていた白血病が悪くなるまで、私の1番の憂い事だった、「破裂予防処置が出来ない食道静脈瘤」については、状況は何も良くなってはいませんが、今は、あきらめがついています
    破裂する時が来るのかもしれないけれど、その時、出来る限りの対処をするしかない
    命を落とす可能性は限りなく高いけれど、仕方ない
    本当に心の底から あきらめがついているのかどうかは分かりません
    ただ今は、白血病の行方の方が身近に不安過ぎて、そこまで気持ちが回らないだけなのかもしれません


    それでも、今はとにかく、先の不安要素は出来るだけ考えないようにして、
    「今」を楽しむことに集中したいと思っています


    今日、チョイスした曲は、懐かしい六文銭の曲
    初めて知ったのは、中学1年の時でしたが あの頃は当然、歌詞に実感はなく、ただの情景描写のように捉えていた気がします
    今は、あの頃から少しだけ 生きた時間を積み上げた
    そうしたら 雨の日と晴れの日の実感が ちょっとは分かってきました
    生きていく中には、雨の日も晴れの日もあるけれど、
    たぶん、雨の日は圧倒的に少ないんだろうと思う
    ただ、雨の日の方が「雨だ」と意識しやすいだけで…
    そのほかの、たくさんの「晴れの日」を、もっと意識して行けば、
    生きていくのって、きっと、そう悪くないはず…


    今は、ちょっとだけ雨が降っているのかもしれません
    でも、「しょうがない」
    この曲は、また晴れる日が来ることを知っているからこそ、「しょうがない」と言っているのだ、と思いたいです


    順調に行けば2週間ほどで退院できるということなので
    ほんのちょっとだけ、行って来ます!
    今度は無菌室に軟禁、ではないので、まだ不完全な足腰が、また逆戻りしないように、落ち着いたらリハビリしながら過ごそう、と思っています


    梅雨明けの声が あちこちで…
    異常なまでの暑さ、そして異常なまでの雨、
    どうぞ、皆さま、おだやかに過ごせますように…



    今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…


    ←いつもありがとうございます
     よろしければクリックお願いいたします


                        雨が空から降れば → 

    JUGEMテーマ:音楽
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | 小室等 | 00:05 | comments(18) | trackbacks(0) |- pookmark