◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  とまどいトワイライト:豊島たづみ  ○●○
    とまどいトワイライト旧盆も過ぎ、相変わらず大雨と猛暑の織り交ざった毎日、おかげさまで12日に退院することが出来、ボチボチと日常を取り戻しています
    応援下さった皆さま、ありがとうございました(;_;)
    今回は手術だったので、「傷の修復」が退院の目安、痛くても、「1日1日、楽になるはず、もう少しの辛抱」と、落ち着いて過ごすことが出来ました
    ただ、手術直前に茶戌が夏風邪を患い、私にも感染したのか、術後にひどい風邪に(+_+)
    茶戌も私も、未だ引きずっている、しつこい夏風邪です(+_+)


    退院した日は、ちんが、偶然また「休みがとれた」と、2日だけのトンボ帰り帰省をしました
    うれしくて やっぱり張り切ってしまい、ちんが帰った後は、しみじみと疲れが出ました
    「これでもう、当分は入院はしなくていいんだ、これまでの日常が戻ってきたんだ」と自分に言い聞かせるも、実際は、3月の入院の頃は、茶戌はまだ単身赴任中だったので、私は気ままな独り暮らし、これからは、生活リズムも家事も、「気まま」にはなりません
    しかも、家の中が入院前とは違っている…
    茶戌が単身赴任先から引き揚げて来た時に、単身赴任中に使っていた電化製品や家具をどうするか、悩みました
    結果、洗濯機などは、茶戌が使っていたものの方が新しいので、それに置き換えたのです
    結婚した時に買った24年前のものが ところどころボロは出て来つつも、まだ使えましたが、2台も置く場所はなく、苦渋の決断でした
    電子レンジや冷蔵庫は、さすがに我が家の物の方が機能性がいいので、置き換えはしませんでしたが、捨てるには勿体ないし、リサイクルに出すほどの物でもなく、置き場がないので2階の寝室に…(>_<)
    ソファーやテーブルも、1階の仏間に無理矢理置いて、おかげで、狭い家の中がなお狭く…
    そういうことの1つ1つも、私には どこかまだ馴染まず、勝手が違う感じ…
    出かけようとすると、「そうだ、今の自分は頭が丸坊主なんだ」と気づいて
    まだ フラつく足腰で 支度を始める
    「元通り」では ないんですよね
    階段も なんとか上がれるようにはなりましたが、トイレは1階にしかないので、大事をとって まだ1階の仏間で寝ています
    もちろん、新たな抗ガン剤を使い始めたので、その副作用と、日常生活の折り合いのつけ方が まだ完全に掴みきれておらず、しばらくは「判で押したような毎日」には なりそうにない…

    「退院」後の生活は、「元に戻る」というよりも、新しいスタートを切ったような気持ちで、「以前のように 戻りたい」と思う気持ちを、「いや、このスタートを楽しんでいかなければ」と言い聞かせて まるめこんでいます(^_^;)


    3月からの2度の入院で、入院中、考えたことや得た情報など、ボチボチ書いて行きたいなと思っているのですが、今回は その第1弾です

    入院中に ふとしたことから、私が昔、憧れていたドラマ、「たとえば、愛」が、8月22日からCSのTBSチャンネルで再放送されることを知って、早速 茶戌に録画予約を頼みました
    もう退院しているとは思いましたが、忘れて見逃すといけないと思って…
    このドラマが放送されていた頃 私が住んでいた家は、6畳2間しかなく、小2の時に妹が生まれてからは、父の横で兄、母の横で妹が寝て、私は1人で居間兼食堂で寝ていました
    テレビは その部屋にあり、チャンネル権はなかったけれど、22時くらいになると、みんな寝てしまって、テレビは少しは私の自由になった
    もちろん、何かの拍子に母が起きたりすると、「もう寝なさい」と叱られ、テレビは消さざるを得ませんでしたが…
    その時、まず、とてもいいカンジのテーマソングが流れたあげくに、私の憧れの大原麗子さんが、これまた私の憧れの深夜ラジオのDJ役で、出ていたわけです
    「こんばんは、九条冬子です」という、ささやくような大原麗子さんの声、本当に素敵でした

    その、テーマソングが、この「とまどいトワイライト」
    大好きな曲なのですが、少し暗めなので、私も、深夜の お客様のいない ぷかぷか でしか、歌ったことがありません(^_^;)

    脚本は、当時は気にも留めていませんでしたが、今になって確認したら倉本聰氏、しかられながらの鑑賞だったので、細かいところまでは覚えていないのですが、きっと素敵な脚本だったはず…それは、49歳の今、再確認したいと思っています 


    どうぞ、観ることの出来る方は、楽しんでいただけたら、と思います
     「たとえば、愛 TBSチャンネルWebページ」→ 
                    http://www.tbs.co.jp/tbs-ch/item/d2184/



    今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…


    ←いつもありがとうございます
     よろしければクリックお願いいたします


                        とまどいトワイライト → 


    JUGEMテーマ:音楽 
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | 豊島たづみ | 21:19 | comments(12) | trackbacks(0) |- pookmark