◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  White Rhythm and Blues:Linda Ronstadt  ○●○
    Living in the USA月がキレイな季節になってきました
    夜、それを眺めるのにも、暑すぎず寒すぎず…
    梨の値段も落ち着いて来て
    先日の生協の共同購入では柿もありました
    …秋です
    今年もあと4ヶ月を切っているのに
    私にとっては
    なんとなく今年は まだ始まっていないような気もします…
    あっという間に季節が巡ってる…

    去年あたりから寒がりになった私ですが
    入院中から特に それが酷くなりました
    今年は8月の夏のさなかでも、夕方には長袖を着ないと寒いと思ったし、今や、夕方には完全に、薄手でもなく、普通に長袖でないと寒かったりします
    それまでは、すごい暑がりで、夏は寝る時でもエアコンをガンガンつけたかったし、職場では、冬でも半袖を着ていたほど…
    年齢の節目のようなものを、あまり実感したことがなかった私でしたが
    ここに来て、ハッキリと節目を感じています
    もちろん、残念ながらこれは、加齢だけが原因とは思えないですが…
    月を見るのも、星を見るのも、重装備です(>_<)

    そんな中、先週の週末に、大阪の音楽仲間の ご結婚お祝いの嵐電貸切ライブに行って来ました
    嵐電に乗っている間、2次会のライブハウスにいる間、車を止める場所を確実に確保出来るとは限らない、と思って、電車で行きました
    電車の旅は、正直、すごく不安です
    都会の駅は、駅だけでも広いし、徒歩での移動が多くなる
    疲れ切ってしまわないか、行く前から不安で仕方ありませんでした

    前日から大阪入りして、前日は仕事上がりのちんと、ちんの彼氏くんと、茶戌と私の4人で食事に行きました
    彼氏くんも、随分 大人になって、以前ほど無口でなくなっていた
    茶戌とちんが喋っている間に、私は、彼氏くんと、近況や、彼氏くんのお父様の病気の状況、お母様のご様子など、たくさんたくさん、話しました
    そして、嵐電ライブでも、少しだけ演奏させていただいて、楽しく過ごして帰宅できたのです

    翌日、疲れが出るかな…と思っていたら、さほどでもなく
    「結構、体力ついたかな」と、ホッとしていたら、昨日になって、口元に口唇ヘルペスが…
    少し風邪をひいたような感じはありましたが、それも含めて、やっぱり弱っていたんだ、と再認識せざるを得ませんでした
    今度の日曜は、退院後初のソロライブ、しかも初めてのお店で、という、すごく大事な日なのに…
    酷いことにならないよう、それまで大事をとって、無理せず過ごさなくては、と思います


    さて、またまた「たとえば、愛」の話…
    先にまとめて録画しておいて、毎日少しずつ観ていましたが、とうとう最終回まで観終わってしまいました
    時代を思わせるものが そこここに
    喫茶店の電話ボックス、喫茶店での電話の呼び出し、買い物帰りに抱えてる紙袋、外階段のあるアパート、玄関の横に通路に向かった流し台があって…
    それらはみな、子供だった私が なんとなく憧れていた世界
    そして、何といっても主人公はラジオのDJなので、毎回、ラジオON AIR中のシーンが何度も
    そのたびに、「リクエストは…」と、流れる曲、それがもう、懐かしいものばかり…
    コンサート情報を読み上げるシーンで上がってくるアーティスト達も…

    ここで、その中の1曲をお届けしたいと思いつつ、一体どの曲にしようか、
    随分 迷いましたが、私自身がとても気に入ったシーンのBGMに流れていた曲にしました
    九条冬子(大原麗子)と工藤六助(原田芳雄)が結婚していた頃、2人の仲人役だった、小説家の南雲(下條正巳)が、奥さまに先だたれ、後追い自殺した時の、2人の会話のシーンです
    その前に、売れない小説家の六助の「たとえば、愛」という作品について、南雲から、「愛する2人の別れる時の心情が自分には理解できない」と、冬子と六助の前で批評するシーンがあっての、会話…
    六助が、自分は、たとえば冬子に先だたれたら、後追いするようなことがあったろうか、冬子はあったか?と尋ね
    「俺は…あったような気がする」と、「お前はなかったか?」と冬子に迫るシーン…
    その後ろで、リンダ・ロンシュタットのこの曲が静かに流れていました…
    J.D.サウザーの曲、リンダが歌った方が売れてしまったものの1つです
    「あなたを失った私に必要なものは、私をなぐさめてくれる誰かと、黒いバラ、そして白いR&B」
    これは、六助の気持ちの反映なのか、それとも冬子の気持ちの反映なのか…

    「たとえば、愛」は、あの時代には新しいものにしたかったのか、
    冬子はラジオを降板するとともに高井の子供を妊娠し、
    六助は故郷の長岡に還る、その時に何の会話も交わされず、最後に特別に会うこともなく、
    「…それだけ?」というようなオープンなラストでした
    ただ、六助の書いた小説は、本当は「たとえば、青」というタイトルだった
    「たとえば、愛」は、編集者が賞レースにのせるにあたって、売れそうなタイトルに変えようと提案したものだった

    青、に こだわった六助、その六助を生み出した倉本聰さんの感性、
    …そんなことが なんだか うれしかった私でした


    日曜日のライブ、精一杯こころを込めようと思います


    今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…


    ←いつもありがとうございます
     よろしければクリックお願いいたします


                   White Rhythm and Blues→ 


    JUGEMテーマ:音楽 
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | Linda Ronstadt | 22:32 | comments(6) | trackbacks(0) |- pookmark