◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  A Hazy Shade Of Winter(冬の散歩道):Simon&Garfunkel  ○●○
    Bookends「これからは きちんとブログを更新しよう」
    …いつも、記事をアップするたびに思うのに
    気が付けば また3週間も放置、師走の足音…
    これまでなら、11月に入ると なんとなく「ボチボチ、掃除をしなきゃなあ」という強迫観念に駆られるのに
    今年は それさえなく(^_^;)
    いつもの年より 少し暖かい気もしている、そんなことも手伝っているのでしょうか…

    今日、この記事を半分ほど綴ったら
    PCがフリーズ(>_<)
    同じことを書きなおすことが出来ないほど 何の中身もない綴りだったので
    つい また更新をやめそうになりました
    でも
    元気でいることくらい、お伝えしなくちゃ、と
    こんな時間になって ようやく またPCに向かっています

    血液内科の退院から5か月、舌ガン手術からも3ヶ月が経過しました
    同じような治療をした方のために記録として記すと、
    オンコビンの副作用の手足の先の痺れが、寒くなってきたら また ぶり返して来ました
    舌先も、少し痺れています
    舌ガン手術の後の、舌の引き攣り感は少し 緩んできました
    今は、この部分に何か ちょっと物がくっついているような違和感がある程度です
    グリベックで 胃や十二指腸などが荒れるのか、胃カメラでは出血が確認されて、潜血便になっていましたが、アルロイドGの服薬で、それは改善されて来ています
    ただ、腹水がたまるのを防ぐために、ラクツロースで排出を促しているのに、アルロイドを服用すると、便秘になりやすいので、飲むタイミングや回数を加減しています
    詳しく お聞きになりたい方がおられましたら、メールいただければ、お答えさせていただきます


    入院中は ずっと、「もう少しの辛抱、どんな結果であれ、楽になれる時が来る」と自分に言い聞かせていました
    だから退院後も「もうしばらくしたら、また以前のような日常が戻ってくる」と思い続けて来ましたが
    ここに来て「やっぱり、以前のように戻るのはムリかな…」という思いが わき上がって来ています

    入院中の寝たきりで衰えた筋力の回復も 未だ完全には果たせずにいる
    まずは 朝、抗ガン剤を含む たくさんの薬を飲むと、もうそれだけで お腹がパンパンになってしまって
    その後、必ず吐き気と 酷い眠気がやって来て 横にならずにいられなくなる
    午後になっても お仕事の作業や連絡など「どうしても」と言うことがない限り PCに向かう気にはなれなくて
    ギターを弾く気にさえ なれず
    ボーッとしているうちに 日が暮れてしまう毎日

    そもそも 今回飲み始めた抗ガン剤は 筋肉が攣るという副作用があるので
    (必ずしも全員に現れるわけではありませんが)
    もともと 肝硬変で 筋肉が攣りやすかった私は 今や歯磨きしていても顔の筋肉や手の筋肉が攣って来てしまって
    寝転がって本を読むのも手が攣るし スマホをさわるのも手が攣るし
    …なんとなく 何をするにも億劫になってしまうのです
    まあ、「言い訳」ですが(^_^;)

    でも、この毎日を「変えなくちゃ」と言う気持ちも、今は持っていません
    そんな中でも、ボチボチ、ちんに会いに行ったり、いつものフォーク酒場に行ったり出来ているし それで十分(^^)
    お仕事のことだけが 少し気になっていますが…
    もともと出勤時間の制限がない契約とはいえ
    このまま 研究を休み続けるなら、それはそれで 手続きが必要ですから…
    焦り始めると 今、この一瞬が、もう苦しくなる
    これでいいのか、って…
    だから 「ゆるゆると」って 自分に言い聞かせています


    今日、お届けする曲は S&Gの「冬の散歩道」
    S&Gの曲の中では 数少ないロック調の曲で 私も昔はあまり好きではなかった
    でも、おそらく若者の心情を描いただろう、この歌詞も、
    今の私には ほんの少し、慰めになったりもする


      ”While I looked around For my possibilities 
       I was so hard to please”
       周りを見渡しても 喜ぶのは難しいよ…

      ”But look around Leaves are brown 
       And the sky is a hazy shade of winter”
       でも 木の葉は枯れてるし 空は霞んで冬模様

      ”Seasons change with the scenery 
       Weaving time in a tapestry”
       季節は つづれ織りを織る様に 景色を変えていく


    …そう、秋ももう 終わって 冬に入って行くんですね
    心地よい季節も ずっとは続かないけれど
    寒い冬だって 巡って行くのだから(^o^)丿

    そして 今のところの予報では 今年は西日本は暖冬だそうで
    大雪さえ降らなければ、冬の静かな夜は 私の大好きな時間なのです
    大雪さえ降らなければ ちんにも サッと会いに行けるし♪


    そうそう、ただでさえ 高額療養費を使っている私なのに
    そして 手が攣って仕方ない今なのに
    この期に及んで、エレガット(ガットギターに内蔵マイクが付いたもの)を買いました
    ありがたいことに ライブのお話も戴いています
    ゆるゆると生きていくことを許されたことに感謝して
    なるべく笑っていたいと思います(^^♪


    次こそは!
    なるべく早い更新&そして もう少し面白い話 を心がけます(^_^;)


    今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…


    ←いつもありがとうございます
     よろしければクリックお願いいたします


                      A Hazy Shade of Winter → 


    JUGEMテーマ:音楽
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    JUGEMテーマ:がん全般
    0
      | Simon&Garfunkle | 01:09 | comments(15) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  Bookends Theme:Simon&Garfunkel  ○●○
      Bookends福井も、ほかの地域に少し遅れて入梅し、梅雨らしい毎日。「晴れ」の日がない。
      昔、埼玉からわが母校に赴任してきた教官が、「赴任前に福井について調べたら、1年の中の雨の日の率が日本有数の高さで、その湿度が繊維工業に向いているから繊維工業が盛んだと書いてあった。俺が来てから、もう○日、晴れたから、あと晴れの日は○日か、と思って暗くなる」なんておっしゃってたことがあったな…。

      雨の日が続くと、花の水やりをサボることが出来るのはいいのですが、洗濯物を外に干せないのは困る…。
      除湿機を使うと、電気を消費するし…。
      まぁ、いつも何の場合でも、「いいこと」と「困ること」の両方あるのが、世の常なんでしょうね…。


      このところ、PCの調子がすこぶる悪く、立ち上がらなかったり、なんとか立ち上がるも、ソフトがうまく走らなかったり、ともするとキーボード入力がまともに認識されなかったり、と、PCがなかったら仕事がまわらなくなる私にとって、綱渡りの日々が続いています。

      PCの周りは修復用のアプリケーションCDだとか、キーボードがイカレた時の予備のキーボードだとか、乱雑に並んでいて、もう片付けようかと思うと、次に立ち上げた時にはまたおかしくて、ちっとも片付かない。

      今、とりあえず難なく走ったので、ブログ更新がなくても、PCの調子が悪いんだと思ってください、本人はとりあえず元気です、と伝えようと、まずはブログを更新しています(←フツー、仕事が先でしょう・笑)。


      数年前に比べると、少し外に向けて動き出した私の毎日は、
      本当に、数年前の「判で押したような」日々とは全く違う、
      毎日が、あわただしく、
      新しい「いいこと」や「困ること」がたくさん生み出されてくる、
      普通の人にとっては、まったく「普通の」毎日になって来ました。

      でも、やっぱり、いろんなことに向かうたび、
      自分のキャパの小ささ、そこから、
      心も体も実は、「普通」の状態ではないんだということを実感させられることばかり。

      そんな時は、少し、動かずに、待ってみることが大切なんだろうな、と、
      理屈では知っていても、
      やっぱり私は、それが出来ない。

      待っていたら、
      逃げていたら、
      ず〜っとまた、「いいこと」も「困ること」も起こらない毎日。
      それで、私は本当に納得できるのか、そこが自分でもわからないのです。

      だから、「無理しないで」生きる、ということが私の毎日には有り得ない。
      自分でも、生き急いでいるな、無理をしてるんだろうな、とわかりながら、
      それでも、そうやって流していってこそ、
      次に、きっと「いいこと」もあるのであって、
      止まってしまったら、「いいこと」もなくなってしまうような気がする…。

      なんだか、この気持ちは、どうやってもうまく表現できないのです。
      そして、たぶん、同じような境遇の人にさえ、理解してはもらえないでしょう。


      14日、18:00に仕事を終え、その足で、ちんのところに向かいました。
      (今度は、ハイビームや警笛であおられても、マイペースを守って、オービスには撮影されませんでした(^_^;))
      少し、体の疲れは感じていたけれど、
      ちんに頼まれた、持って行かないといけないものや、
      相談して一緒にやらないといけないもの、
      もう半年近くも延び延びになっている、人と会う約束などがあったので、
      少し無理をしてでも行こうと思ったのです。

      そして、きっと、ちんのところへ行けば、
      そんな疲れをふっとばすだけの元気をもらえる気がしてた。

      これまで、そんな私の疲れを何よりも癒してくれたのはちんでした。
      いや、今でも、ちんだと思っています。
      でも、やっぱり親のくせに、子供に頼っていてはいけない。
      最近、ちんが、どんどん成長していってるのを感じます。
      ちんに叱られることも、しばしば。
      あからさまに、迷惑がられることも…。

      …変なことで悩むようになってしまったのは、
      あるいは私の価値観の中で育てられたことによるのかもしれない、と、
      それでも、私に気を遣って、つらそうに言われた時は、
      本当に、私もつらかった。

      そんなふうに成長しているのは、とても嬉しいことなのに、
      どこか淋しかったりもする。
      本当に、私は我儘だ。
      なんだか、反省や、我儘な淋しさで、
      疲れがとれないままの帰宅になってしまいました…。


      今日は、中学の頃、よく聴いたSimon&Gurfunkleの曲の中でも、
      特に好きだった1曲をセレクトしました。
      短い曲なのですが、
      今、しみじみ、この歌詞をかみしめたりしています。

      Time it was,
      And what a time it was,
      It was...
      A time of innocence,
      A time of confidences.

      Long ago...  it must be...
      I have a photograph.
      Preserve your memories;
      They're all that's left you.

      写真だけでなく、私の心の中には、
      ちんは、いつでも、
      私がその時求めているちんの姿で現れます…。



      …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。



      ←いつもありがとうございます。
       よろしければクリックお願いいたします。


                         Bookends Theme → 

      JUGEMテーマ:70年代・80年代 
      JUGEMテーマ:音楽
      0
        | Simon&Garfunkle | 00:52 | comments(8) | trackbacks(0) |- pookmark
        ○●○  THE BOXER : Simon & Gurfunkle  ○●○
        S&G2今日も、何もない1日でした。朝、ちんを送ってから、茶犬が帰宅するまで、一言も話さない1日でした。
        相変わらず身体は固まってしまうし、脚はポンポコポンの象さんの足。
        茶犬が「帰るメール」を送ってきたので、今日の予定メニューをいい、他に、何かおいしいものが食べたいと思うけれど、何が食べたいか分からない、と言ったら、哀れに思ったのか、カニを買って来てくれました。越前ガニのメス。福井では「せいこがに」と言います。
        今年は比較的せいこが豊漁だそうで、昨日ので我慢すれば3ハイ(かには、1パイ、2ハイと数えます)1000円くらいで買えます。もちろん、大きさにもよりけりで、そこそこ大きくてキレイなものを求めるなら1ハイ700〜1000円はする。
        でも、おいしかったです。
        これで、飲めたら言うことないんだけど。
        昨日、チーズフォンデュをした時に、実はグラスワイン1杯だけ飲んだのです。
        でも、大酒飲みの私にはワイン1杯くらい、お茶を飲むのと変わらない。
        変わらないのに、わずかでも肝臓に負担をかけるのかと思うと(ただでさえ、薬でかなり負担をかけているのに)、やっぱりもったいない気がして…。
        どうせ負担をかけるなら、少しくらい酔っ払わないと、って…。
        しかし、酔うほど飲もうと思ったら、ワイン1本くらい飲まないといけません。
        それはいくらなんでも憚られて…。あーあ。中途半端。

        どうして、サイモン&ガーファンクルは、こんなに透明なんだろう。
        好きな曲、いっぱいありますが、今日は ”THE BOXER”を。

                THE BOXER

             I am just a poor boy
             Though my story's seldom told,
             I have squandered my resistance
             For a pocketful of mumbles, such are promises
             All lies and jest
             Still, a man hears what he wants to hear
             And disregards the rest

             When I left my home and my family
             I was no more than a boy
             In the company of strangers
             In the quiet of the railway station, running scared
             Laying low, seeking out the poorer quarters
             Where the ragged people go,
             Looking for the places only they would know

             Lie la lie ...

             Asking only workman's wages
             I come looking for a job
             But I get no offers,
             Just a come-on from the whores on Seventh Avenue
             I do declare, there were times when I was so lonesome
             I took some comfort there

             Lie la lie ...

             Then I'm laying out my winter clothes
             And wishing I was gone
             Going home
             Where the New York City winters aren't bleeding me
             Leading me, going home

             In the clearing stands a boxer,
             And a fighter by his trade
             And he carries the reminders
             Of ev'ry glove that laid him down
             Or cut him till he cried out
             In his anger and his shame
             "I am leaving, I am leaving"
             But the fighter still remains

        ”冬物の服を広げたら、帰りたい、帰りたいと思った。”
        ”恥ずかしいほど打ちのめされて、「ここを離れるぞ!帰るぞ!」とわめいた時のグローブを持って、やっぱりボクサーはまだここにいる”…。

        私も、元気で、いろんな夢を見ていた昔を忘れられず。
        完全に仕事の世界から退くことも出来ずにいます。
        結局、今は何も出来ず、姿を見せるのも恥ずかしいくらい。
        でも、まだ、ここにいます。

        今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

                                   THE BOXER → 



        JUGEMテーマ:音楽


        JUGEMテーマ:70年代・80年代


        0
          | Simon&Garfunkle | 23:37 | comments(5) | trackbacks(0) |- pookmark
          ○●○  April Come She Wil:サイモン&ガーファンクル  ○●○
          S&G楽天でのお友達、きんとんとんさんのブログで、「4月になれば彼女は」を見かけたら、もう、懐かしさが止まらなくなってしまいました。
          この曲はギターがとてもキレイなので、ギター弾きなら絶対コピーしたくなる。
          そこに、S&Gの透明感のある声、しかも文学作品のような詞があわさって、何とも言えず美しく、少し物悲しい世界。
          この曲は、確かチューリップのコンサートでも歌われていたような記憶があります。

                     April Come She Will

          April come she will               
          When streams are ripe and swelled with rain   
          May she will stay                
          Resting in my arms agin             
          June she'll change her tune           
          In restless walks she'll prowl the night    
          July, she will fly
          And give no warning to her flight
          August, die she must
          The autumn winds blow chilly and cold.     
          September I'll remember             
          A love once new has now grown old        

           Copyright: 1965, 1993 Paul Simon Music(BMI)

          4月 彼女がやってくる          
          小川が雨で満ちる頃
          5月 彼女はここにいて
          僕の腕の中で眠っている
          6月 彼女は変わってしまい
          眠れずに夜をさまよい歩く
          7月 彼女は僕に黙って
          空を飛んでいく
          8月 彼女は逝き
          秋の風が冷たく冷え冷えと吹く
          9月 僕は思い出す
          かつての愛はもう古びてしまった 

          視聴はこちらです→
          0
            | Simon&Garfunkle | 11:19 | comments(4) | trackbacks(0) |- pookmark