◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  恋のゆくえ:Bossanova Cassanova  ○●○
    TRIPこれで本当に春が来たかな、と思うと
    やっぱりまだ、朝夕は冬物のコートでないと寒い。
    なかなか本当の春はやってこない中、それでも、日中は穏やかな日も多くなってきました。
    今日、走行中に車の窓を開けたら、沿道の桜の木が雨に濡れて、ふっと桜の葉の香りが窓から入ってきました。
    そろそろ、春かな…♪


    2月くらいから
    春が恋しくて
    春になったらきっと、この曲の記事を書こう、と決めていました。
    でも、書こうとすると寒さが戻ってきたり
    私自身に また 抗がん剤を始めないといけなくなるかもしれない、という出来事などが起きて、
    なかなか 「春が来たかな」の記事を書けずにいた…

    今回、更新も少し遅れたのは
    実は 先週木曜日に ちょっとしたことで転倒して
    左手の薬指と小指の第2関節を骨折してしまったから…

    残った中指と人差し指で、入力は出来るし
    …だから 仕事には特に支障もなく
    不便だけれど 日常生活もなんとかこなしています

    ただ
    どうしても ここに 書けなかったのです
    まともな言葉が 出てこなかった
    明るい話にしようにも それは私の中では嘘の連続になってしまって…

    洗車中の出来事だったので とりあえず痛みをこらえながら 車内清掃だけは終えて
    でも 痛みと腫れの感じから 骨折の可能性があるな、と思って
    それからすぐに 近所の整形外科へ
    結果、やっぱり骨折で
    分かってはいたけれど、ハッキリとギターは2ヶ月はムリ、と言われて
    心の中が 空白になってしまった…
    診察室では 平静を保てたけれど
    病院の玄関を出たらすぐに 涙が出て来てしまって…


    その後 数日は
    ギターが弾けないショックを 何かで埋めないと 気持ちの行き場所がなくて
    まだ痛みも腫れも内出血もあるのにもかかわらず
    残った指と右手で ピアノばっかり弾いてました
    今までなら 何かの合間に ソファーに立てかけてあるギターを手に取って
    ほんの5分、10分、弾いていたのが
    全く それがないとなると その「合間」が埋まらなくて
    じゃ 何しようかな と 持て余してしまうのです…


    でも 昨日あたりから
    ようやく 少し気持ちが落ち着いて
    「待つしかないんだ」と思うことが出来て来たようです。

    今はまだ 残った中指さえも痛いので
    ピアノも我慢
    でも 中指の痛みが取れたら 骨折した指には ちゃんと副木を当てて固定してあるので
    ピアノで 弾き語ろうと思っています。

    おりしも 土曜日から
    仕事と ちんの引っ越しとで 3月いっぱい 京都にいる予定なので
    ギターもピアノもない京都で
    ゆっくり 指を休められたら いいな と思っています。


    万一 4月の半ばから 抗がん剤が始まることになってしまったら…。
    でも それまでには ある程度 骨が形成されているはずなので
    少しでも 抗がん剤が 骨形成に悪影響を及ぼさないといいな と思っています…。

    副木がとれたら また 元通りにギターが弾けるように
    リハビリ 頑張ります!
    そして その頃には かなり具体的になってくる お仕事の方も…(^_^;)


    「恋のゆくえ」…Bossanova Cassanovaのデビュー曲であるこの曲は
    当時 FM福井で プッシュ曲になっていて 1か月間 毎日よく流れていました
    ライヴにも1度行きましたが もう 目の前で奏でられるギターに感動したのを覚えています
    ライヴでは 基本的には ギター2本のみ。
    私はやっぱり、バンドでやるより ギター1本か2本の編成が好きなんだと思う

    だから 必ず ギター 復帰して
    これからも ギター1本か せいぜい2本の 「弾き語り」にこだわって行きたいと思います…


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                     恋のゆくえ → 

    JUGEMテーマ:音楽
    0
      | Bossanova Cassanova | 02:48 | comments(14) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  砂に書いたさよなら:Bossanova Cassanova  ○●○
      Naturalすっかり秋らしくなりました。
      私の実家の近くの休耕田に、コスモスがたくさん植えられているところがあります。
      バレーボールの現・堺ブレイザーズ監督、中垣内さんのご実家のほんの近くで、中垣内さんのお父様が、町おこしのために最初にこれをやろうと立ち上がった中のリーダー的存在でした。
      今、まさに満開。年賀状用の写真撮影もあるのか、家族連れ、カップル、多い、多い。
      入場無料だし。コスモスをお持ち帰りしてもいい場所も作ってあるので、おばさま方は皆、コスモスをいっぱい抱えています。
      実家へ行くのに、いつもはガラガラの道なのに、今だけ交通量が多い。
      ま、いいことなのですが。何もない所なんで。

      もう、いくらなんでも海へ行って黄昏るには肌寒い時期まで来てしまいました。
      それでも、晴れた日の海はやっぱりいいです。
      おとといも、ちんを誘って海岸線を少しドライヴしましたが、
      まぶしい光が海に反射して、それは綺麗でした。

      今日お届けするのは、Bossanova Cassanova(ボサノヴァ・カサノヴァ)の曲です。
      砂に書いた…というと、つい「ラブレター」というのが浮かんでしまいますが、
      これは、「さよなら」。
      サザンの「真夏の果実」にも「砂に書いた名前消して波はどこに還るのか」というフレーズがあるし、他にも、砂に書いた、シリーズは割と多いと思うのですが…。

      Bossanova Cassanovaのお二人は、ボチボチと、ご自分の音楽を守りつつ、活動をしておられる、私の好きなアーティストです。
      ライヴにも行きましたが、ヴォーカルとギターの二人組で、ギターの人はとことん無口で照れ屋っぽいんですね。照れ屋、ではないかもしれませんが、ギター弾きに多い、「表現は言葉じゃなく、音で」って感じの人です。
      ヴォーカルは、また、対照的に明るくて洒落ていて、バランスのとれたいいデュオです。
      「花を買って帰ろう」という曲が、一時期、シチューか何かのCMに使われていた気がする。

      3拍子の曲とか、4拍子だけれど1拍が3蓮符で構成されている曲って、それだけで弱い私。
      この曲も、そういう意味ではちょっとオールディーズの香りもし、
      70年代フォークの音も感じ、
      …なんだか好きな曲です。

      …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

      ←いつもありがとうございます!よろしければクリックお願いします!


                                 砂に書いたさよなら → 



      JUGEMテーマ:音楽


      0
        | Bossanova Cassanova | 22:47 | comments(8) | trackbacks(0) |- pookmark