◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  シェリー:尾崎豊  ○●○
    回帰線
    高いところを見上げると桜の薄い薄い桃色、通りの傍らにはチューリップの鮮やかな色たちが、なんとなく気分を高めてくれています。

    雨さえも暖かくなってきて
    つい この間まで雪が降っていたのが
    もう 遠いことのよう…。


    新年度になって、あっという間にもう20日で、
    あれよあれよという間にGWが来て
    それが明けたら5月の中旬に差し掛かってしまうのでしょう。
    骨折した指は まだまだ思うようには動かせず
    リハビリの時間は 息も止まるような痛みとの闘いですが
    辺りが春めいて 過ごしやすくなって
    やはり 身体は軽くなって来ています。
    (体重は…(^_^;))

    外に出かけることが増えて(そう言ってもまだ、毎日ではない私ですが(^_^;))
    本屋さんへ立ち寄ることも増えました。
    私は、滅多に買い物に出ないために、
    連載物の小説雑誌は なるだけ避けているのですが
    4月号の小説新潮に「大特集 尾崎豊NOTESー肉筆版ー」とあるのを見て
    即買いしてしまいました。

    結局は 4月6日に新潮社から発売された「NOTES−僕を知らない僕ー」のPRのための特集なのですが
    発売された単行本はNoteの中身は完全版ではあるものの、活字化されていて
    この特集はピックアップされた一部だけれど、肉筆のまま掲載されていました。

    私のブログに長くお付き合いくださっている方は、ご記憶にあるかもしれませんが
    以前、ちんが中学生の頃に
    ネットで知り合った彼氏くん(私には、そういう「お付き合い」が成立するとは思えませんでしたが)に高崎まで会いに行きたいと言い出して
    相手が本当に同じ中学生かどうかさえ疑わしくて
    とても ちんひとりで会わせる気持ちにはなれなかった私は
    一路、高崎まで車を走らせて、「デート」に同行したのでした…。

    無事、等身大の同じ中学生だと知って、しかも、そう悪くもない子だったので
    少し安心しましたが
    その後、その子がドラムをやっているバンドが高崎高校の文化祭で演奏するということで
    ちんが行きたいと泣き出したので
    そんなことで受験勉強にも身が入らないのは困ると思い
    再度 高崎へ車を走らせたのでした。

    その時、高崎で「山田かまち記念館」に立ち寄ったのです。

    衝撃でした。
    かまちくんの絵、詩、
    その前で立ちすくんだまま 涙を抑えることが出来なかった…。

    今回の 尾崎豊のNoteにも おなじ空気を感じます…。


    今、少し仕事に復帰して
    フォーク酒場などへ遊びにも行くようになって
    いろんな人と交わるとき
    私は
    物が分かった顔で 適当に合わせながら
    ホントは 違うんじゃないかなと思うことにも
    どこか違和感を感じることにも
    「そうするのが フツーだろうし
     フツーのふるまいをするひとが 大人、というものなんだろうな」
    って
    そうやって 過ごしています…
    そして そのおかげで 楽しめているとも思っているし
    命を長らえるための「衣食住」を営めているのだとも思う

    でも こころの中では
    未だに 何が正しくて 何が悪いのかは 分かっていません
    今では 分かろうとさえしないで生きて行こうとしてる
    まるで 何が正しくて 何が悪いのかを
    決めずにいることが 正しいことかのように…

    ここしばらくは ずっと
    尾崎さんの世界を忘れていました
    今の私はもう 尾崎さんの歌に 以前ほど 震えないんじゃないか、
    と思っていました

    でも 今回
    このNotesの書き込みを読みながら
    あらためて 私が 尾崎さんの曲の中で1番好きなこの曲を聴いたら
    やっぱり 昔と変わらず
    どうにも泣けて仕方なかった…

    泣けた理由は 昔とは もしかしたら変わっているのかもしれないけれど

    私は尾崎さんの様に 世の中と闘う気はないけれど
    たぶん 自分の中のもろもろとは ずっと闘いながら生きていくのかもしれません
    そして尾崎さんが言うように
    「私は 街に飲まれて 少し心許しながら」
    仕事に 遊びに 
    病気やけがの治療に
    …生きていくんでしょうね…


    今日は もう とっくにアップしているとばかり思っていた
    「シェリー」を セレクトしました。
    どの動画をリンクしようか ずいぶん迷いました。
    結局 オリジナルの音源でなく ライヴ音源なので
    メロディーラインはつかみにくい動画なのですが
    12弦ギターの弦が切れたまま かっ弾き 歌っている、
    尾崎さんの魂が感じられるものを選びました。


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                          シェリー → 


    JUGEMテーマ:音楽
    0
      | 尾崎豊 | 00:36 | comments(12) | trackbacks(1) |- pookmark
      ○●○  僕が僕であるために:尾崎豊  ○●○
       17歳の地図今、関西では雪が降っているようです。
      今回の寒波は、福井にはあまり影響なし。
      立春を過ぎて、なんだか目に見えて冬がもうすぐ終わろうとしているように感じています。
      夕暮れ時、ふと気付くと、外が思ったより明るい。
      それだけで、確実に春が近づいてきていることを実感してしまう。


      ちんの高校時代のクラスメートで、東京に進学した子が、先週、京都に遊びに来たそうで。
      もともとは、これまた、ちんのクラスメートで、今も同じ大学に進学した子のところに来たそうなのですが、その子が、○○が来るから、ちんも一緒に遊ぼう、と声をかけてくれたそうです。

      2泊3日、宿泊は、ちんの下宿が1番広く、しかも、私たち親の分、ということで布団も2組も余計にありますから、ちんのところにみんなで泊っていたそうで、日中は、お買い物や京都観光。

      けれど、その間ずっと、ちんは、他の2人とことごとく趣味や感覚が違うことを実感させられていたようで、歩きながらの会話などは、人混みでは3人並んで歩くのは難しいこともあって、ちんは、常に後ろで、何を話しているのか聞こえもしない状況で、ただ、ついていった、と。

      ちんは、これまでの学校生活でも、どちらかというと友達を作るのがヘタで、いつも、いわゆる「ハジかれた子」が、一緒に過ごす子を求めて近づいてくる、その受け入れ役だったようです。
      もちろん、その子たちも、女の子のいじめなどというものは、期間が短いことが多いので、また受け入れられれば、ちんのもとを去っていく、その繰り返し。
      父兄懇談などでは、担任の先生に、「ちんには本当に感謝している、ちんのおかげで不登校やいじめが回避できる」と、いつも感謝されましたが、当の本人の心の中は、常に葛藤していました。

      大学でも、やはり、今のところ、上手くいっていないようで、ちんの、ものすごく落ち込んだ長いメールが私のところに何通も来ました。

      私自身も、昔から「変わっているね」とばかり言われて、
      高校は進学校で、もとより、真の友情がはぐくまれるような雰囲気ではなかったし、
      勉強ばかりの毎日をごまかすように、クラスメートたちは、
      休み時間に鬼ごっこのように制服のネクタイを引っ張り合ったり、
      お弁当時間に、デパ地下にあるようなブランド物のお菓子を毎日持参しておしゃべりしていたりしたけれど、
      私は、鬼ごっこは昔から嫌いだし(走るのは得意だったし、力も男並みだったので、どうせ本気でやっても勝ち負けは見えていたし、必ず勝つゲームなんて面白くもなく)、
      みんなの誘いを断って「私は見てるわ」などと言うと、決まって、
      「よぴちは、いつもそうやって、冷めてて面白くない」などと言われたりした。
      お菓子も、我が家はドビンボー、奨学金と授業料免除でやっと通っているのに、
      デパ地下のお菓子なんて持って行けるはずもなく、
      仕方なく、家でホットケーキを焼いて行ったけど、誰も食べてくれなかった。

      大学も地方の小さな大学なので、地元出身の子が多く、
      同じバレー部の仲間たちも、ほとんど福井出身、
      自宅から通っている分、親からのお小遣いが多いようで、
      大してアルバイトもしてないのに、いつも、当時はやっていたデザイナーズブランドの洋服に身を包み、「anan」などをパラパラとめくり、
      大学に入ってからは更に生活まで背負って、奨学金・授業料免除でも足りず、部活と週に1回のバンド練習のほかは、割の良い家庭教師のバイトに明け暮れる私とは、まったく話がかみ合わない。
      しかも、私は男の好みひとつとっても、いわゆるイケメンが好きでなく、
      容姿がいい男性の場合は、マイナスから始まるので、相当性格がよくないと、
      私の中ではプラスには転化せず、
      みんながキャーキャー騒ぐような男性のよさを見いだせず。

      そんな変人に育てられて、この子も同じように、
      「ちょっと変わっている子」になっちゃったんだろうか、
      そして、私と同じような疎外感や劣等感にさいなまれた大学生活を送っているんだろうか、と思うと、胸が痛んで、
      私自身、涙が止まりませんでした。


      でも、私から見たら、ちんは、全然、minorityなんかじゃない。
      前はジャニーズが好きだったし、今はEXILEで、
      洋服も、若い子が好きそうな渋谷系ブランドが好きだ。
      ただ、私に育てられたからか、と思われるのは、
      高校のクラスメートたちは1着が○万円もするようなブランドのお店ばかりを見たがるそうで、あの子は、せいぜい1着3900円までしか買う気がなく、
      靴に至っては1900円のものしか買う気がなく、
      高い店を覗く価値が見いだせない、と。
      我が家では、長く使うつもりのものは、たとえ高くてもいいものを、
      でも、流行を追いかけて、いずれ着なくなりそうなものは、高いものでなくていい、
      片付けるところに困るものは、数を多く持たない、
      という価値観をあの子にも浸透させてしまっていて、
      まぁ、いわゆる大衆的というか、「上品な」生活には遠いわけです…。

      けれど、やっぱり私には、minorityは、素敵じゃない、ということとは違う、
      と、強がりのようですが思ってしまう。

      女の子は、「群れる」存在を欲しがる。
      群れていないと、不安になったり、自分が社会性がなくてダメ人間なんじゃないかと、悩んでしまったりする。
      確かに、社会に出ても、同じ職場の人たちと、ある程度はお付き合いできないといけないし、学校でも、そう。
      でも、ちんは、それが出来ないわけではなく、「そのエネルギーを使わなくてすむ存在」を求めているだけで、それは、きっと、今に見つかるし、数も、多くなくていいと私は思うのです。

      最近になって、ちんは、やはり自分はバスケが好きだと言って、
      (ちん自身はバスケはできないのですが)
      マネージャー生活に全てをかけた高校時代のようにはなれなくても、
      大学で、バスケサークルのマネージャーに、勇気を出して申し出たようです。
      きっと、そこが、彼女の居場所になるといいなと願っています。


      世の中に、「本当に分かりあえてる人」を持っている人間なんて、
      実は少ないんじゃないでしょうか…。
      本当の自分は、やっぱり自分にしか分からない、
      私などは、自分にさえ、自分がわからないことも多い。

      いつも、何かと闘っている気がします。


      たとえ、ちんにとっては、わかってもらえてる気持ちになれなくても、
      そのままのちんを、私は、受け止める気持ちでいます。
      世界中が、みんな、ちんの敵になっても、
      私は、絶対にちんの味方でいる。
      そのことだけは、わかっていてほしい。
      そして、そのことを、最後の最後の力のもとにしてほしい…。


      今日は、私自身、いつもくじけそうになると聴く曲をお届けします。


      …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


      ←いつもありがとうございます。
       よろしければクリックお願いいたします。


                   僕が僕であるために → 




      0
        | 尾崎豊 | 17:25 | comments(20) | trackbacks(0) |- pookmark
        ○●○  太陽の破片:尾崎豊  ○●○
        Wednesday穏やかな土曜日でした。
        ちんは、来週木曜から中間テスト。だから、1週間前ということで、珍しく部活がありませんでした。2時からミーティングはありましたが。
        いつもなら、土日は平日よりも早く弁当を作り、どこかの試合会場なんかへ送らなければなりません。今日はそれがなかったので、ゆっくりと朝から炊き込みご飯を作ることができた。

        午後は、30分ほど午睡をし、そのあとお湯を張って明るいうちから入浴。
        なんと平和な、なんと幸せな1日…。

        このところ、少しインターフェロンが抜けて来て、以前ほど筋肉が痛まなくなりました。いつまで減らしていられるかはわからないけれど、少しでも減らしている今、落ちた体力を戻そうと、リハビリトレーニングに夢中でした。
        ここまで落ちると、そして、ここまで運動ができずにいると、
        少しのトレーニングでみるみる筋肉が復活してくるのがわかって、
        もう、嬉しくて半ば中毒気味。
        そのせいで少し疲れが出たのか、ここ数日、夕食後に蕁麻疹が出て、
        ちょっと食べ物は選ばないといけないのですが(痛)。
        それでも、トレーニングはやめられない。筋肉というのは、間をおくといけないのです。
        一旦壊れた筋細胞が復活する時、壊れるまえよりもさらに増大して復活するのです。
        その繰り返しで筋肉が増えていく。パワーも同様です。
        そもそも、トレーニングと言っても、普通の人から見たら「?」って思うような量。
        自分の「負担度」で調節しているので、今はまだまだその程度の量です。
        だけど、続けることが大事。
        嬉しくて仕方ないので、何があってもやめられないと妹に言ったら、
        「松岡修造みたい」と笑われました。いいですよ、松岡修造さん、好きだもの(笑)。

        今日は、久しぶりに尾崎さんの曲をお届けします。
        その人以外は何も見えなくなるような恋。
        「愛」と言う言葉を尾崎さんは使っているけれど、
        私にはやはりそれは「恋」のような気がする。
        でもそれは所詮、本当に何もかも捨ててもいい、他の何も見えない、というほどの恋をしたことがない私の考えるたわごと…。
        物心ついた時から、もうすでに私は「純粋」でなくなっていたのでしょうか…。

        …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

        ご訪問ありがとうございます!よろしければクリックお願いします!


                                      太陽の破片 → 
        JUGEMテーマ:音楽


        JUGEMテーマ:70年代・80年代


        0
          | 尾崎豊 | 20:35 | comments(13) | trackbacks(0) |- pookmark