◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  離したくはない:TーBOLAN  ○●○
    T-BOLAN BALLADS同じ曲を2度記事にすることは、基本的にしない私ですが、今日は、この曲をもう1度聴きたくなりました。

    今日の、日テレの音楽番組で、森友さんの生歌を久しぶりに聴くことができて、
    そして、曲の前に、少しだけ自分なりの調整のつもりか、この「離したくはない」を歌ったことが、すごく印象的だったからです。



    聴きながら、「ああ、この曲は、思えば今年の年頭に、私がかみしめた曲だったなぁ」と、しみじみ思いました。
    森友さんが、突然、公の場から退いていたのも、心因性の失声症だったとのこと。
    最初の3年くらいは、カーテンも開けられず、引きこもっていたと…。

    私も、どちらかといえば「首から下」で生きてる、
    体育会系バリバリだったところから、突然、白血病などという、
    なんだか悲劇のヒロインを絵にかいたような世界に引き込まれて、
    当時、骨髄移植できなければ、4〜5年の命と考えるのが普通、という現実をなかなか受け止めることができず、毎日、ちんの世話をやっとしながら、保育園に預けた後は、部屋の電気もつけずに、ひがな1日、ボーッとしていたことを思い出した。
    いつか来る、その「死」の日まで、ただ時間を食いつぶしているだけのような気がしてた。でも、それでも、少しでもちんが成長していくのなら、それでいいから、と思っていた。

    昨日は19回目の結婚記念日で、
    いつものごとく、忘れていて、
    ちんに教えられて、いつものように、披露宴でキャンドルサービスの時に使って、持って帰らされたキャンドルに火を付けた。
    はじめて、茶犬とは別々の記念日。
    当然のように、茶犬も忘れていた。

    静かに、迎えた結婚記念日だったけれど、
    逆に、穏やかに考えることができたように思う。
    あっという間のような気もするし、
    でも、いろいろ思いだしていくと、いろんなことがあった。
    4年目にして、私の発病。
    それからずっと、茶犬とちんは、白血病患者と暮らす日々。
    本当にいろんなことがあった。
    楽しかったこともたくさん。
    辛かったことも。

    今年はまた、新たに、肝硬変という事実も突き付けられて、
    ようやく慣れてきたはずの闘病生活が、
    また1からになってしまった。
    まだ、受け入れきれてない。なんとか希望を持って立ち上がろうとしても、
    やはり、現実に打ちのめされそうになる。

    それでも、今年は、やっぱり「あきらめることなく、私は私で行く」と決めたんだ。
    そのことを、森友さんの歌を聴きながら、改めて思い出したのです。

    そんなわけで、今日は、もう1度、「離したくはない」をお届けします。
    先のことを考えると、不安や恐怖でいっぱいになる。
    でも、今日までの、この時間をくださったすべての人、すべてのものに感謝します…。



    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


    ←いつも本当にありがとうございます!
     よろしければクリックお願いします!

                            離したくはない → 



    JUGEMテーマ:70年代・80年代
     
    JUGEMテーマ:音楽
    0
      | T-BOLAN | 22:20 | comments(21) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  離したくはない:T-BOLAN  ○●○
      タンチョウヅル今年もあと数時間で終わろうとしています。
      大きな大きな時間の流れの中、1秒の長さは永遠に同じなのに、つまり、今から1分後と23時59分から0:00になるのと、同じ時間幅なのに、…なぜか、そこにとてつもない重さを感じるようになってしまっています。
      なにもかも、新しく始めたい。だからやっぱり、最低限の掃除をして、今年の分はきれいにしてしまいたい。
      なんとか、例年通りの掃除を終え、今、PCに向かっています。

      去年は、ひどいむくみと引き攣りで、体を動かせなくなってしまい、
      今年は、少しずつ、それが軽くなってきたかな、と思っていたら、
      食道静脈瘤。
      確実に、今、やっている白血病治療の限界が近づいてきている気がして、
      かなり落ち込んだ、ここ最近だった。

      暇なために、いろんなことを考えてしまう毎日ですが、
      こと、調子が悪いと、どうしても、「もし、こんな病気にさえならなかったら」と、
      元気に過ごしている人たちと比べて、悲しかったり、悔しかったりしてしまう。
      自分は、発症時点で死んだんだ、今の自分は生きなおしているもうひとりの自分、
      …そう、言い聞かせて、自分をなだめすかして、いつもと同じ自分を保とうとしているけれど。

      この間、久しぶりに、偶然、T-BOLANの「離したくはない」を聴きました。
      この曲は、沢口靖子さん主演で、関西テレビ系でやっていた「ホテル・ウーマン」というドラマのテーマソングでした。
      私は、発症前、まだ1歳くらいのちんを抱えながら、
      世間ではまだまだ「女はお茶くみコピー、どんなに頑張っても、男より下」の空気の中、仕事をしながらも、学位をとるべく、必死でいた頃のドラマ。
      忙しい中、夜10時からのこのドラマは、TVにかじりついて観ることはできなくても、
      どうにか話がわかる程度には観ることができました。
      厚かましいことですが、主人公の中に、どこか自分を投影していたのかもしれません。
      沢口さんの役に、頑張れを言いながら、自分に向けていたのかも。
      茶犬もまた、いい仕事をすべく必死だったし、
      実母は半身不随の実父を抱えながら、生活を背負って仕事をしていたし、
      義母には「仕事を辞めたら」といわんばかりに、ちんの面倒を見ることは拒まれて、
      八方ふさがりの毎日でした。
      大学では、勉強会での教授たちの討論についていけず、横文字をカタカナ表記のまま、急いでメモしては帰宅後、調べまくる日々。
      仕事を終え、ちんを預けなおし、大学へ向かう車の中で、「戦闘歌」として、この曲を聴きながら行ったのです。

      先日、この曲を聴いたら、その当時のことが思い出されて、
      我を張りすぎて、疲れきってこんな病気になったのかなと、あれほど反省したにもかかわらず、やっぱり、あの時の私を応援したいし、あれが私だ、という気持ちが心の中にわ〜っと噴き出してくるのを感じました。
      病気になって、今の自分は、全くの役立たず。
      そんなふうに、生まれてきたんだ、この私は、と考えれば楽なのかもしれないし、それが正しいのかもしれない。
      でもやっぱり、私は、あの頃の私のまま、だから今は「挫折したみじめな姿」ということになるのかもしれないけれど、それでもいいから、私はず〜っと、初めに生まれてきたままの自分を死なせたくはない。
      もう1人の私、といえども、やっぱり私なんだから、あの時点で死んだんだ、と思ったら、それまでの私の生きてきた足跡を、全部消すことになる。それが悲しすぎて、出来ない。

      というわけで、私は私のまま、やっぱり生きていくことに決めた。
      そうなると、時には挫折感にさいなまれて、泣いたり、愚痴を言ったりするでしょう。余計な苦しみを味わわなければならないこともあるでしょう。
      それでも、やっぱり私は生まれたままの自分を生きていくんだ。

      この1年間、皆様には本当にお力をいただきました。ありがとうございます。
      更新するたびに毎回、来て下さって、何かしらの言葉を残して下さる方々、
      私はありがたいと思うとともに、申し訳なさまで感じてしまうほど…。
      また、コメントはなくとも、たくさんたくさんあるブログの中から、
      こんな拙い私のブログをのぞいて下さるすべての方に、
      心から、感謝申し上げます。

      新しい年が、皆様にとって、素敵な素敵な1年でありますように。
      私も、来年は少し大きな節目になる気がしますが、
      「負ける」ことがどうしても嫌いな性分なので、必ず、勝ちます。

      …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

      ←いつもありがとうございます。よろしければクリックお願いします。

                                   離したくはない → 
      JUGEMテーマ:音楽


      JUGEMテーマ:70年代・80年代


      0
        | T-BOLAN | 17:18 | comments(12) | trackbacks(0) |- pookmark
        ○●○  LOVE:T-BOLAN  ○●○
        T-BOLAN BALLADS金曜日、部活を終えた後に、ちんの彼が我が家へ来ました。
        ちんの今の彼は、某春高バレーベスト8校のキャプテンです。
        ただでさえ狭い我が家が、なお狭く感じられました。

        これまで、ちんの恋は、いつもうまくいかず、フラれて終わることが多かった。
        今度も、そうなるのかな、と思いつつ…。

        なぜ、わざわざ夕食時に彼が来るのかと思ったら、
        なんと、3年生なので、
        「自分の状況や進学のことなどをお父さんに説明したいので」
        という。
        普通はなるだけ相手の親とは顔を合わせたくないだろう、
        茶犬と私なんて、親に隠れて悪いことすることしか考えてなかったよ、と思い、
        イマドキ、珍しい子だなと思いました。

        そして、わざわざ手土産にその子の家の近くの和菓子屋さんで菓子折まで買ってきた。私は、「あら〜、そんな気を使わなくていいのに、どうせ親のお金なんだからね」と言ってしまいましたが(痛)。子供が気を遣わなくていいんだよ、という思いなのですが、どうも私はうまく表現できなくて、毒舌や、余計なひと言を言ってしまいます…。

        で、4人で夕食を食べ、その時に、彼が進学について、今のところの状況を話してくれました。自分では、もうバレーボールからは離れて、自分で受験して大学に入りたかったようなのですが、監督に叱られて、監督の勧める大学になりそうだということでした。
        「○○くんが納得しているんなら、おばちゃんはいいと思うよ。ただ、もし納得していないのなら、他人への気遣いはすごく大事なことだけれど、自分の一生を決めることだから、今は、他人への気遣いよりも、自分の思いを優先させるべき時だと思う」と言いました。でも、彼は、監督のいうことに納得しているようだったし、正直、私も、それが1番彼にとっていい道であるような気がしました。
        ちゃんと、両親の経済的な負担についても考えていて、もう、ちんとは大違い。
        やっぱ、親の育て方?って、反省しきり…。

        どれくらい続くのか、それはよく分からない。彼がちんにとっての運命の人なのかどうかは誰にもわからない。
        でも、もうすでに、なんとなく、ほとんどのことについて、経験からある程度答えが見えているために、ついつい無難に、それ故、心の中が自分でもどうにもできないほど人を好きになる、というようなことがなくなっているおばちゃんには、まぶしく、羨ましく思いました。

        今夜は私には珍しく、恋の歌をお届けします。
        私が高校2年3年くらいから、大学1年2年の頃くらいまで、関西の大学の学園祭では、よくT-BOLANがステージに出ていました。BOØWY全盛期の頃ですね。
        あれからしばらく、BOØWYに憧れたことがありありとわかるようなミュージシャンたちが、続々登場した気がします。
        前に、高崎の「山田かまち記念館」に行った時、山田かまち君と氷室京介さんとの接点を知って、本当にかまち君の死は惜しかったなと思ったことを思い出します。

        …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

        ←ご訪問ありがとうございます。よろしければクリックお願いします。

                                          LOVE → 

        JUGEMテーマ:音楽


        0
          | T-BOLAN | 22:45 | comments(8) | trackbacks(0) |- pookmark