◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  Woman "Wの悲劇”より:薬師丸ひろ子  ○●○
    Woman”Wの悲劇”より夏至が近づき、1日が本当に長くなりました。
    19時頃でも、まだうっすら明るい。
    暑い日は、夕方、玄関前の花に水やりをしながら、気持ち良い夕風にあたって、しみじみ「夕涼み」を実感します。
    生前、実父が、夏になると、晩御飯がすんだ後に、よく外物置の前の土盛りをしたコンクリートの段に腰かけて、涼んでいたのを思い出しながら…。


    昨年の今頃の、このブログでも書きましたが、
    行きつけの金沢・フォーク酒場「ぷかぷか」が、3周年を迎え、その記念に、昨年に引き続き、「青い文化祭2」が開催されました。

    1組15分の持ち時間で(私は1組2曲だと思っていたのですが)、エントリー数は32組。
    私は今年はひとり語りをやめ、サイドギターとコーラス、茶戌がボーカルと、初めてエレキギターで間奏でリードをとる、という形で、サザンの"涙のアベニュー"と"YaYa〜あの時代を忘れない"をやりました。
    19時から始まって、終了したのは翌3時半…。
    もちろん、終了したからと言ってすぐに席を立つ人も少なく…。
    …好きなことをやる時の、中高年パワーを実感したひとときでした。


    で、私はといえば、すっかり酔っぱらってヘロヘロになった茶戌を伴って、
    福井まで帰るわけです…。
    あたりはすっかり白ばんで、久しぶりの「朝帰り」を味わいました…。

    けれど、単調な「朝の地方国道の運転」は、やっぱり、いつ眠気が襲いかかるかわからない。
    だから、BGMは、自分が一緒に歌えるものに限る!


    加えて、白い朝の空気の中、運転する、というシチュエーションは決まって、

    私にとって、若い日、就職のことで実母に半年ほども口をきいてもらえず、
    良かれと思ってしたことで友達やそのお母さまから恨まれて、
    本当に価値観があうなぁと思える友達も大学では見つけることが出来ず、
    もう、自分の居場所が見つからなくて、
    でも、とやかく言う大人のいない、大丈夫な場所は茶戌の下宿しか思い当たらず、
    飲んだ勢いで(若いころは無茶をしました、もう、時効ですよね(^_^;))
    神戸の茶戌の下宿に逃げ込んだあの日を、思い出させるのです…。

    あの時、午前6時前に琵琶湖西岸の国道161号を走っていたら、
    湖だけれど、まるでオーシャン・ビューのような景色が…。
    思わず、BGMは稲垣潤一:オーシャン・ブルーにしたのを覚えてる…。


    今は、稲垣さんのものより、ユーミンが、セルフカバーアルバム”Faces”に収録した”オーシャン・ブルー”の、なんと、Facesには”オーシャン・ブルー”が2Vresion収録されているのですが、そのスローなVersionが好きで、それが聴きたくて、金沢からの朝帰りのBGMも、Facesをセレクトしました。
    Facesは、ユーミンが、他の方のために書いた作品をセルフカバーしたアルバム。

    なので、中に、今日セレクトした“Woman "Wの悲劇”より”も収録されているのです。

    この曲がまた、私にとっては思い出深く、本当に好きな曲…。
    大学時代、雪の頃の思い出です…。
    オーシャン・ブルーを聴こうとセレクトしたら、
    思いがけず、この曲に出会って、また感慨深い思いに…。
    この曲に関しては、やっぱり薬師丸さんのものが好きで、
    でも、ユーミンのVersionでも、この曲を聴いただけで、帰り道は、涙・涙で帰りました…(←バカ・笑)


    過去ばっかり振り返って、
    やっぱり私は甘えているんだろか、
    もっと前を見て、生きていかなくちゃいけないんだろうな、
    …そう思いつつも、正直、今の私には、あまり未来が描けない。
    もちろん、「こんなふうになりたい」という思いはあります。
    でも、本音を言うと、やっぱりそれは、夢物語。
    必ずそうしてみせる、と強がってみたところで、
    自分の力ではどうにも出来ない夢もある…。

    1日1日、幸せに生きていきます。
    積み重なって、「幸せな人生」になるはずだから…。
    それは、「夢」ではなくて、間違いのない、真実です。



    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いいたします。


                       Woman "Wの悲劇”より → 


    JUGEMテーマ:音楽
    JUGEMテーマ:70年代・80年代 
    0
      | 薬師丸ひろ子 | 00:18 | comments(14) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  探偵物語:薬師丸ひろ子  ○●○
      探偵物語 今日は、友達の多い私の母が、猟をする友達からもらった、という猪肉をたくさん持ってきてくれました。しかも、療養中の私のために、すでに肉をスライスし、白菜、ねぎ、えのき茸などの鍋用具材もつけて。ありがたいことです。
      さっそく今夜、いただきました。おいしかったです。

      夕方6時ごろ、茶犬に「今日は牡丹鍋」メールをしました。
      で、7時ごろ、そろそろ、ちんが帰る頃だから玄関の外灯をつけておかなくちゃ、と、玄関の方に向かったら、茶犬の車の音が。
      あ、茶犬が帰ってきたな、と思っていたら、ドアを開けて帰ってきたのは、茶犬とちんの二人連れでした。ふたりとも嬉しそうにニヤニヤ笑っていました。
      「な〜に、ふたり、どこで一緒になったの?」
      (ふたりがあまりに嬉しそうなので)「ふたりで、なんか、あったの?」
      茶犬は、ふたりが会ってからの会話を続けるべく、ちんに、
      「で、今日のご飯は…」と言い続けている。
      ちんは、それをさえぎり、私の質問に答えるべく、
      「別に何も。そこで偶然一緒になっただけ。『偶然がくれた贈り物』です」

      私は、どちらかというと、いつもは、ちんはポーズとしては茶犬を煙たがったりするので、偶然一緒になったことに「贈り物」という表現を使ってくれたのを嬉しく思いました。
      そしたら、今、ケーブルTVの「M-ON!(Music On TV)」に、ミスチルの「旅立ちの歌」が出たときに、
      「ほら、この歌詞。偶然がくれた贈り物、って。」と、ちんが私に話してきました。

      なぁんだ。やっぱり、こういうオチか。
      やけに素直に、茶犬と会ったことを喜んでるなと思った私が、まだまだまだまだ甘かった(笑)。

      今日は、探偵物語を選曲しました。この曲は、私が大学の新歓コンパで、初めて人前カラオケで歌った曲です。
      なんたって、大滝詠一さんの曲。アイドルの曲で終わるのは勿体ないと思うほど、いい曲です。
      当時、私が入学した大学の学科では、1年生(新入生)が、二次会以降にいるのはどヒンシュクで、一次会の時点で潰されるのが当たり前だったのです。また、それが半分先輩に対する礼儀のような空気さえあった。二次会以降は必ず、4年生の先輩のおごりでしたから。
      だから、「なんで、この場に1年生がいるんだ」と言いつつも、先輩たちは、私に「何か歌え」といってカラオケのカタログをまわしては、もう、強引に飲ませることもなく、かわいがってくれたのでした。
      そして、その夜は、田舎住まいの私が帰れないだろう、ということで、下宿している1つ上の先輩が「私のところに泊まったらいいわ」と言って、6畳一間の下宿(トイレ炊事場共同、大家さんの家の二階の一角」に泊めてくれて、次の朝、「ここの朝定食がいいんや」といって、大学近くの喫茶店で朝定食をおごってくれました。
      私には何もかも初めての事で、すごく嬉しかった。
      いつもいつも思うのですが、私は人に恵まれる。
      友達も、恩師も、茶犬やちんも、みんな私に優しく、私のために骨を折ってくれます。
      それなのに、ちっともお返しできないのです…。
      このしっぺ返しが、いつか来る気がして怖い〜。

                                     探偵物語 → 
                                 




      JUGEMテーマ:音楽


      JUGEMテーマ:70年代・80年代


      0
        | 薬師丸ひろ子 | 22:51 | comments(6) | trackbacks(0) |- pookmark