◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  テネシー・ワルツ : Patti Page  ○●○
    Patti Page 更新遅くなりました。すみません。
    昨日は、木村充揮(あつき)さんのライヴでした。
    足を温め、万全の体制で行って来ました。ライヴハウスの階段も、上れました。

    開演30分前くらいに着いたので、開演時間の19:00には、もう、ハーパーのロックグラスがほとんど空いてしまってました。お代わりをもらって、すきっ腹にロックで、ガンガン行っちゃった。というか、飲んでるしかないんだもの。

    まずは、前座で、福井でBar "Jake"をやっている芹沢信治さんが、3曲ほど、聴かせてくれました。芹沢さんは、見た目はアルフィーの坂崎さんを若くして、ニット帽をかぶせた感じ。アコースティックにブルースっぽい曲をやりたいのでしょうね、いい感じなのですが、いかんせん、ちょっと声がきれい過ぎて、たぶんご自分でも多少のジレンマがありそうな気がしました。声的には尾崎豊さんみたいな曲が似合いそうなのです。
    ご出身は栃木、福井に来る前はススキノにいたとおっしゃってましたが、福井にも、こんな若者が来てくれて、福井に土着してくれたことが、とても嬉しかった。いい出会いでした。

    なかなか木村さんが出てこず、「こりゃ一体終わるの何時になるかな」と思っていた20:00頃になって、ようやく登場。ちんには、「遅くなるかも」とメールしました。当初は、22:00には家に入れると言っていたので…。

    しかし。
    やっぱりとにかく、木村さんは良かった。
    「テネシーワルツ」も良かったし、「花」「All Of Me」「嫌んなった」「上を向いて歩こう」「あたしの彼氏」…。もう、どれもどれも良かったです(涙)。
    当然のように、バーボンのピッチが上がる、あがる…。
    すでにお店で、ヘロヘロになってました。帰宅は23:00過ぎ。

    でも、今日は、ちんのバスケ部がベスト4に残れるかどうかの大切な試合。
    試合間に気楽に食べられるように、おにぎりとか、パクッとつまめるおかずをしなければ。
    だから、ヘロヘロになりながらも、お米だけ研いで、寝ました。これだけヘロヘロだから、筋弛緩剤はやめときました。

    そんなこんなで、今日は朝からひどいひどい宿酔い。
    弁当を作り、チャリンコのちんを見送ったら、もう、ダウンしてました。
    お昼ごはんも、作ったけど、ほとんど食べられなかった。
    夕方になってようやく、自分の吐息が「アセトアルデヒド」の匂いになってました。
    それまでは、まだアルコールの分解が始まってないかのような、モロ、バーボンの匂いの吐息だったのです…(痛)。

    そして夕方には、さすがに2日筋弛緩剤を飲まずにいると、身体がカチカチで、あまりの肩・首の痛みから嘔吐感が。
    スポーツクラブに行っていた茶犬が帰宅したので、筋弛緩剤をとってもらって飲みました。
    今、ようやく効いて来て、落ち着いてきたので、こうしてアップしています。

    どんなに、宿酔いで辛くとも、自分のお楽しみの後始末は納得がいきますね。
    昨日は、「こんなに飲んで、どうなるかわからないけれど、もう、死んでもいいから」という気持ちでいました。それくらい、幸せでした。

    木村さんの「テネシー・ワルツ」は、残念ながら手持ちがなく、You Tubeにもなかったのでお届けできませんが、本家本元Patti Pageのものを。
    この曲は、昔、母の目覚まし時計の目覚まし音でした。オルゴール式の目覚まし時計で、曲がテネシーワルツだったのです。
    オルゴールだけを聴くこともできたので、時計が壊れてからも、私は毎日、何度もこの曲を聴いていました。
    そんな、思い出の曲(母は、まったく覚えていない)。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

                                テネシー・ワルツ → 


    JUGEMテーマ:音楽


    0
      | Patti Page | 21:19 | comments(2) | trackbacks(0) |- pookmark