◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  涙のシークレット・ラブ:ダウンタウン・ブギウギバンド  ○●○
    台風一過。
    今は、穏やかな福井です。
    昨日の今頃も、穏やかに雨が降っていました。
    ところが夜中2時半過ぎから、暴風が吹き始め、
    朝9時ごろまで続いたかな…。

    そんななか、今日は消化器科の胃カメラ検査と、
    いつもの血液内科の受診予約が入っていて、
    病院通いだった私です。



    結果は、あまりよくなかった。
    いつも気になる、食事療法が反映される検査値は、とてもいい値だった。
    白血球数も、肝機能値も、悪いままキープ。今の私は、これで十分なのです。

    でも、胃カメラの結果は…。
    静脈瘤は、この前の治療で少しは状態が良くなっている感じはあるも、当然、まだあって、今後のことを考えるといずれ治療が必要になる。
    けれど、今日のカメラでは、新たに、胃が非常に炎症を起こしていて、おそらくそれは、肝硬変から来るものだろうと思われた。
    これさえなければ、主治医は、続けて静脈瘤を処置してしまおうと考えていたようだったのですが(実際、それがBetterな方法だし)、今回、この胃の荒れ方を見ると、やはり、静脈瘤の処置によって肝臓に負担をかけた可能性が否定できず、だとすれば、やみくもに静脈瘤を処置すると、更に肝機能を悪化させる恐れがある…。

    白血病治療の方のインターフェロンを止めているにもかかわらず、血小板の値はちっとも上昇してこないし、また、白血病細胞が騒ぎ出してくれば、肝機能に負担がかかるのを承知の上で、白血病治療をせざるを得ないだろう。
    大抵の場合、慢性骨髄性白血病というものは、休薬するとまた悪くなるのが常なので、今は、受診のたびに染色体検査をして、動向を監視している。

    消化器科の医師も、正直、まいった、という様子だった。
    私の場合、ウィルス性のB型とかC型の肝炎から来る肝硬変と違うので、教科書通りにいかない…。
    結果、少し様子を見てみようということになった。

    深読みかもしれないけれど、消化器科の主治医は、白血病の併発である以上、白血病治療を優先すべきで、結果としてそれで肝硬変によって死に至ることになっても仕方ないのではないか、というような、あきらめに似た気持ちを抱えてしまったのではないか、
    …私には、そんな気がして仕方なかった。

    病気の話は、なるべくこのブログではしないでおこう、と思っているのですが、
    今の気持ちは、病気の話なしで書くには、すべて作り話のウソになってしまう程、
    落ち込んでいるので、今夜はお許しください。

    あきらめたくはないのですが、あきらめないといけないのかもしれない。
    命ある限りは、生きていかなくちゃいけない。
    生きていく限りは、悲しんでばかりもいれず、楽しく過ごしたい。
    そのために、「あきらめる」という、私にとっては前向きな選択肢なのです。


    今日は、ダウンタウンブギウギバンドの中でも、私が特に好きな曲の一つ、
    「涙のシークレットラブ」をお届けします。
    この曲の女性のように、私も、なぜかこの曲は、
    部屋で一人で聴いていると泣けてきてしまう。
    恋愛の上では、そんな経験はないのですが。

    このところ、毎日、テープやレコードの音源をディジタル化する作業に追われて、
    ブログ巡りもままならず、VDT作業(PCなどでの作業のことを言います)の
    グッタリする疲れに襲われています。
    それでも、まるで何かに憑かれたように、生き急いでいるかのように、
    また次の日も、朝からその作業をやってしまっている…。
    少し、ゆっくりしなければ。
    たいてい、状態が悪くなる時、「生き急ぐように」生きてきた気がするので…。

    そんなわけで、カセットテープから起こしたものなので、
    音質は少し劣りますが、私の技術および設備では、これが精一杯でした。

    懐かしい70年代の音をお楽しみください。


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます!
     よろしければクリックお願いします!
                             
                          涙のシークレットラブ → 
    JUGEMテーマ:音楽

    JUGEMテーマ:70年代・80年代


     
    0
      | ダウンタウン・ブギウギバンド | 21:50 | comments(18) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  涙のシークレット・ラヴ:ダウンタウン・ブギウギバンド  ○●○
      ダウンタウンブギウギバンド昨日、BS-iで、南こうせつさんと世良公則さんのライヴセッションをやってました。
      その時、こうせつさんは、自分に影響を与えた音楽・ミュージシャンとして、サイモン&ガーファンクルを、世良さんは、ダウンタウン・ブギウギバンドをあげてました。
      こうせつさんが、ポール・サイモンに憧れてやまなかった話は、前から知っていましたが、世良さんがダウンタウン・ブギウギバンド、というのは初耳でした。
      私も、ダウンタウン・ブギウギバンド、中学・高校時代、よく聴きました。
      チョイ悪な感じ、って、ちょっと憧れた。
      2つ上の私の兄貴は、完全にそっちに走ってたし。ただし、兄貴はナヨナヨで、カッコだけ一生懸命、頭を竜童さんや永ちゃんのように、ポマードつけてサイドバックにして、バイクに乗ってただけですが。
      いつものごとく、ダウンタウン・ブギウギバンドの曲でもいろいろ好きなのがあるのですが、やっぱり、この1曲は、と言われたら、「涙のシークレット・ラヴ」になると思います。今でも、時々、ギター弾きながら歌っています。
      竜童さんの奥様、阿木耀子さんが、また、いいんですよね。かわいい人なのに、詞を書かせると、意外にかっこいい、粋な詞を書くという…。
      昔、「ミセスと僕とセニョールと」で、郷ひろみさんに「まちこさ〜ん!」と言われてましたよね。あの頃、藤達也さんも渋かったなぁ…。

      …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

                              涙のシークレット・ラヴ → 


      JUGEMテーマ:70年代・80年代


      0
        | ダウンタウン・ブギウギバンド | 23:40 | comments(4) | trackbacks(0) |- pookmark