◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  Tears in Heaven:Eric Clapton  ○●○
    いよいよ福井にも冬将軍の到来。
    今夜は、一面、白くなる予報が出ています。
    こんな時に限って、入院、ちんを1人で置いておかなくてはなりません。
    普通でも40分ほどかかる、徒歩での通学は、足もとが悪くなればなお、大変だろうと思いますが、仕方ない。
    本人は、1人になれることを至って喜んでますが(笑)。

    この前も、義母のことを書きましたが、
    あれからさらに、いろいろいろいろいろいろいろ、ありまして。
    またもや、実母にもすごくイヤな思いをさせ、迷惑をかけた。
    結婚前、付き合っている頃から数えたら、もう、何度めのことだろう。
    実母は、「あの人はああいう人だと思っているから、気にしないで」と言ってくれるけれど、私はもう、限界だと思いました。
    彼女と交わっていると、心臓の動悸がすごく激しくなって、胃が痛くなってくる。
    症状にまで出るようになってしまっては、さすがに私も、自分の身を守らねば、と思った。

    なので、もう、彼女とは、「最低限」の接触しかしないことに決めた。
    悪い嫁だと思われようが、彼女側の親戚一同から責められようが、
    もう、かまわない、と決めた。
    今までは、やっぱり、なんやかんや言っても、いい嫁ぶっていた。
    でも、ホントは、全然、彼女たちと同じような感覚にはなれないし、
    その結果、悪い嫁だと思われるなら、仕方ないと、
    今回は、ホントに決意しました。
    茶犬は、前々から、そうした方がいいと言ってくれているし、
    今回は、なんといっても、ちんが、泣いて私に訴えてきたので、
    ちんの為にも、私は、強くなろうと思いました。


    さて、これから、入院です。
    仕事と、ミニギター(ギタレレ)を持ち込んで。
    仕事は、私にとって、全くストレスじゃなくて、
    むしろ、頑張れる要因なのです。

    短い入院になると思ってはいるものの、
    蓋を開けてみなければ分からないところはあるし、
    うまく退院できても、年末なので、
    一応、来年の祈願をしておこう。

    皆さん、今年もまた、こんな私にお付き合いくださり、
    本当にありがとうございました。
    皆さんにとっての今年は、どうでしたか?
    来る年が、あなたにとって、素敵な日々になりますように。

    私も、来年は、きっと、素敵な年になりそうな予感がしています。
    というより、これから、少しずつ、素敵な日々になっていくような気がしているのです。
    きっと、きっと。


    では、しばらくの間、更新はお休みして、
    今日は、Claptonが、亡き息子に向けて歌った、この曲を、
    アンプラグドヴァージョンでお届けします。

    全く私に当てはまってなど、いないですよ。
    私は、この曲の息子さんでもないし、
    無論、ちんも、この曲の息子さんでもない。
    ただ、この曲の中の、親(Claptonであり、"I")のように、
    まだ、こちらで生きていくよ、と、それだけです。
    強くなって、生きていくよ、って…。


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。

    ←いつもありがとうございます。
     よろしければクリックお願いします。

                           Tears in Heaven  → 




    JUGEMテーマ:音楽
     
    0
      | Eric Clapton | 11:14 | comments(9) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  Wonderful Tonight: Eric Clapton  ○●○
      Complete Clapton今日、妹から電話があって、その時に、甥っ子と変わってもらって少し甥っ子と話しました。
      甥っ子は8月27日生まれの、今、3歳4か月。
      もともと、最初の言葉が早かったし、今もよく喋る子です。
      よぴち「○○(甥っ子の名前)のところにサンタさん来たの?」
      甥っ子「うん!」
      よぴち「うわぁ、いいなぁ…。サンタさん、何持ってきてくれた?」
      甥っ子「あのお(この「お」は福井弁です)、あの…(考えている)
          …(思い出して)バカ殿!」

      甥っ子は根っからのお笑い好きで、お笑い番組に出る、あまり売れていないマニアックな芸人のまねさえします。
      最近は、妹が買ったドリフ大爆笑や、ひょうきん族のDVDばかり観ているよう。
      この前も、ブロックをしながら、何気に「♪とお〜い星から〜 や〜って〜きた〜 ひょうきんマントを な〜びか〜せ〜て〜」と口ずさんでいるのを見てビックリ!

      ちんに、サンタさんは本当はいない、ということを告白した時のことを思い出して、少し切なくなりました。
      私たちが、かなり芸コマな芝居をし続けたために、ちんは小6まで信じていて、
      いい加減本当のことを言わないと学校でいじめられるといけないと、
      カミングアウトしたのです。
      その時、ちんが声も出さずに泣いたのを忘れられません…。

      世の中はクリスマスより、クリスマス・イヴの方が盛り上がる傾向があるようで、
      今夜はもう、クリスマス気分でない方もいるんじゃないかと思いますが…。
      とりあえず、今夜は、クリスマスの幸せな夜ということで、
      ちょっとAs Time…のポリシーからは外れるのですが(だって、You Tubeでいくらでも見れるもの…)、クラプトンの有名な曲をお届けします。
      好きな女の子とパーティーにいく、幸せな、のんびりとした曲です。

      …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

      ←いつもありがとうございます。よろしければクリックお願いします。

                                 Wonderful Tonight → 


      JUGEMテーマ:70年代・80年代


      JUGEMテーマ:音楽


      0
        | Eric Clapton | 21:53 | comments(15) | trackbacks(0) |- pookmark