◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  Europe〜哀愁のヨーロッパ〜 : Santana  ○●○
    Santana今日の福井は晴れ時々曇り、程度のまずまずのお天気でした。
    当然、洗濯物はベランダに干しました。室内干しの場合は除湿機をかけますが、この電気代はかなりなものなので(実際、去年やめてみたら電気代が違うのなんの)。
    まず、そのために階段を一往復したわけです。

    夕方、そろそろ身体が固まりかけてきた頃に、ギターをちょっとだけ弾いていました。
    でも、やっぱり手が固まって来ていて、あまり思いきり弾けない。
    ちょっと調子に乗ると攣ってきてしまう。
    で、少しの間、弾いては休み、弾いては休みしていたら(←そこまでして弾きたいか(笑))、なにやら音がする。
    耳を澄ますと、2階から聞こえてくる。目覚まし時計の音。
    お〜い、ちん、きちんと朝、止めていってくれよ〜。
    死ぬ思いで目覚ましを止めに行きました。電池がなくなるのは諦めたとしても、近所迷惑なので。

    You Tubeでウッドストックのライヴ映像をいろいろ観ていたら、ウッドストックでのものではないけれど、サンタナの哀愁のヨーロッパを見つけました。
    70年代のにほひがする。ギターだけでなく、キーボードの音にさえ。

    今日載せた写真は、パッと見、CHARさんにも似て…。
    Charさんも、いつか取り上げなければ。

    もうすぐ、送別会で飲んでいる茶犬から「迎えに来て〜」の電話があるでしょう。
    で、その前にアップしました。

    今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

                               Europe → 

    JUGEMテーマ:音楽


    0
      | SANTANA | 22:26 | comments(12) | trackbacks(0) |- pookmark