◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  For Your Precious Love : Otis Redding  ○●○
    Otis Redding昨日、TVで、今週中にコートの準備をしてください、と言っていたらしい。
    つまりは、来週から、すごく寒くなる、ということらしい。

    この間まで、まだ、「初秋」気分だったのに、
    季節は着実に冬に向かっています。


    また、身体が重くなりがちなんだろか。
    今年はインターフェロンを休薬してから、少しでも身体が軽くなった感じで、買い物などにも、今までよりは出れるようになったのに…。

    このところ、あまりにも胃腸の具合が悪く、正直、精神的にもへこみがちだった。
    その空気を察してか、それとも、茶犬なりに辛いことがあったのか、
    単に、景気が悪くて仕事が暇な間は、1人で過ごすには時間がありすぎて困ったのか、今週は、火曜・水曜と、家に帰ってきた。
    JRで、1時間程度。通おうと思えば、通えないこともない。
    私が元気で家にさえいれば、駅への送迎ができるから、
    朝も、始業時間に間に合う、早い時間の電車に乗ることができる。

    茶犬がいて助かることもあれば、
    逆に、ちんと二人だけなら簡単に済むはずの食事の支度に手間がかかることもある。
    茶犬はちんより朝、家を出るのも早いので、私はその分早起きしないといけないし。
    疲れる、といえば疲れることも。
    でも、身体の調子が悪い時は、何をしてもらうわけではなくても、
    1人が心細い時もある。
    例えば夜中に、どうしても病院へ行かないといけないような辛さに襲われても、
    ちんでは車の運転ができないし、ちんも学校があるし、
    私は、ちんの生活に支障がないようにして治療を受けるとなると、どうしたらいいか、不安になることも。

    茶犬は、仕事上の、自分の人事や、評価に関する話などはめったにしない。
    それはたぶんに、それを聞くと私が自責の念に駆られることを予想してのことだと思う。
    そんな茶犬が、昨日、食事の時に、ちらっとある上司の異動のことを話していた。
    今回も、さらっと流していたが、なんとなく、茶犬を見ていて私は、
    もしかすると、茶犬なりに、その異動について、思うところがあったり、
    毎日の、仕事が終わってからの1人の時間が長すぎて、理由もなく、どこか寂しい気分になったのかもしれない気がした。

    私は完全に、「さげまん」だ。
    でも、もしかして、茶犬なり、ちんにとって、この家が、ときどきでも帰ってきたくなる場所であるなら、嬉しいなぁと思った。
    なんでもいいから、ここで、皆でいる時間が心地よく思えることがあるなら、
    それだけでも私は、少しは生きている価値がある気がして救われる。


    今日は、完全に「のろけ話」だなぁ…。
    突っ込みどころ満載なので、今から、コメント欄で突っ込まれることが多いに予想されるけれど、まぁ、たまにはいいでしょう。こんなことがあっても(笑)。



    今日、お届けする曲は、私の大好きなオーティス・レディングのバラードです。
    オーティスは、いつ聴いても、私は身体の中からノってくるのを感じる。
    R&Bが、やっぱり好きなんですね、私は。どうにも。
    だけど、今日は、スローなブルースで。

    きっと、誰にもあるはずの、”Precious Love”に、今一度、想いを寄せてみてください…。



    ←いつも本当にありがとうございます!
     よろしければクリックお願いします!


                       For Your Precious Love → 



    JUGEMテーマ:音楽
     
    0
      | Otis Redding | 22:34 | comments(11) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  I 've been loving you too long : Otis Redding  ○●○
      Otis Redding脚の方は、順調に疲労回復してると思います。この疲労が取れれば、あとは、気をつけていれば、そんなに頻繁には連鎖発作にまでは至らないと思うので、気を緩めずに、筋肉痛が取れるのを待つばかり。
      昨日から、ファンケルの、「メリロート」という、利尿作用や血行促進作用のあるハーブサプリメントを飲み始めました。少し、水分が排出されてる感があります。
      むくみも、茶犬にリンパマッサージをしてもらって、少し戻ってきていたし、サプリメントの作用も多少はあるのか(あったとしてもこんなに速効はないと思うのですが)、一時期よりはマシな気がします。
      人間、前が見えないと不安になりますね。
      少しずつでも回復の兆しがあれば、希望を持って待つことが、そう難しくはなくなる。
      ただ、どうなっていくのか見えないと、不安で仕方なくなってしまうのです。

      仕事の方も、とりあえず電話やメールをし、もしかするともう、痛い足を引きずって、「そこそこ社会人が勤まってるよ」のフリをしてまで、行かなくても済む気がしています。良かった…。近頃は、インターネットというものが出来て本当に良かった。こうして、いろいろな方とお友達になれるし、買物も出来るし、私なんて本当に最近は、ネットのおかげでどうにか社会人を継続できているようなものです。本当にありがたい。使い方間違わなければ。

      今日・明日と茶犬は銀山で有名な(世界遺産)石見と、出雲への出張です。
      何も用事もないのに、さっき電話がかかってきた。さみしいのでしょうかね。彼、友達いないから。
      でも、さすがに私たち付き合いが長すぎて、そんな、話すこともないし、こういう時、夫婦の場合、結局強いのは女なのです。
      いつまでも電話を切ろうとしないので、私が切りました。
      世の男性諸君、母は強いのですよ、十分ご承知でしょうが。
      ただ、母も女になるときがあるとすれば(例えば昔の淡い初恋などを思い出して)、その時は弱くなってしまう。
      男も女も、ロマンには弱いのです。

      今日は、皆様の淡い初恋のような、私の大好きな Big O、”オーティス・レディング”の ” I 've been loving you too long ”をお届けします。
      「ずっとずっと長い間、私はあなたを愛していた、そして今も。」というところでしょうか。

      今宵もあなたに素敵な夢の時間が訪れますように。

                         I 've been loving you too long → 


      0
        | Otis Redding | 23:23 | comments(7) | trackbacks(0) |- pookmark