◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  初恋:村下孝蔵,Acid Black Cherry  ○●○
    Black Cherry誰に似たのか、娘のちんはビジュアル系バンド好き。
    今日、お昼にテストが終わって学校に迎えに行く時は、秋晴れの空が嬉しくて、車の中で聴くCDは松任谷由実さんの「悲しいほどお天気」をチョイスしました(この中の「緑の町に舞い降りて」が聴きたかった)。
    が、夕方には、ちんにCDの交換を迫られて、「確かに、お昼のいいお天気に似合う曲だからな…」と思って、ちんのCDを聴きました。なんでも、ジャンヌダルク(ビジュアル系バンド)のボーカルが、別のユニットを作って出した曲だという。
    ところが、スピーカーから流れてきたのは、私にとって想い出深い「初恋」。
    「何、これ!?」って、もうビックリしちゃいました。
    イマドキの、若者の象徴みたいに感じている「ビジュアル系バンド」が、私の青春時代の曲に還っている。ちんが最近ボケている「シド」というビジュアル系バンドの曲も、懐かしい昭和歌謡の香り漂う、私たちにもなじみやすい音楽です。
    ただ、ボーカルが、やっぱり今風の歌い方、というだけで、音楽自体はなじみやすいのです。
    いい歳になって、「青春時代って、やっぱ、あるんだ…」ということがわかり、それは世代が違っても同じだということも判りました。だから、自分が若い頃、親が青春時代の話をすると「お母さんの青春時代と私の今は違うから」と、心の中で思っていましたが、今は「おんなじだったんだな」って感じてます。
    今のちん達、若者にとっては「同じだ」と言ったらきっと否定するか、不快感をあらわにすると思う。でも、多分本質は同じ。
    だから、「イマドキの若者」を色眼鏡で見て、考えてることがわからないとか、実感できないとか決め付けちゃだめだな、ってしみじみ思った出来事でした。

                               視聴はこちらです→
    0
      | Acid Black Cherry | 22:01 | comments(9) | trackbacks(0) |- pookmark