◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  Knockin' on Heaven's Door : Bob Dylan  ○●○
    MTV Unplugged暦の上では「大寒」の今日。
    小節というのは、「昔の人は、うまいこと定めたものだなぁ」と思う日も、「暦の上では、でしょ」と思う日との2つしかありませんが、
    今日は、後者でした。
    福井は暖かく、冬には珍しく、天気予報が晴れマーク。
    穏やかな1日でした。

    福井県は、オタマジャクシのような形をしていて、北の方の「頭」の部分を「嶺北」、敦賀より南のしっぽの部分を「嶺南」と呼んでいます。
    その嶺南地方にある「小浜(おばま)」、ちりとてちんで一躍有名になりましたが、おいしいものがたくさんあって、気候も嶺北に比べたら穏やかな、とてもいいところです。今日は、バラク・オバマ氏が大統領に就任する日。
    小浜市も、いろんなイベントで、盛り上がっていたわけです…。

    アメリカの政治的課題について、私はアメリカ在住でもないし、よくはわかりませんが、ここのところ、何となく続いていた「よその国への過剰な政治的干渉→戦争」という流れだけは、どうしても改めていただきたい。
    確かに、弱い人たちを助けることは大切だし、いいことです。
    でも、それぞれの国には、それぞれの歴史、文化があって、他からは測れないものもある。日本人だって、日本はいい国ですかと訊かれたら、それほどいいとも答えないくせに、オリンピックになると盛り上がってしまうような、やはり、育ってないようで、誰の心にも潜在する「愛国心」。
    そこに、宗教が加わると、本当に他からは理解できない深い事情があるように思います。
    「宿命」ということに、どうしても弱い私だけれど、戦争は宿命ではない。
    人為的なものだと思ってしまう。
    それなのに、弱き人々はそれに屈さざるを得ない。
    私は、「火垂るの墓」も、「私は貝になりたい」も、「さとうきび畑」も、
    途中から観ていられなくなる。好きでない映画。
    悲しいだけでなく、悔しくなってくるのです。腹が立ってくるのです。
    どうして、こういう人達を、どうにか救ってあげられないのか…。

    今日は、反戦を歌ったBob Dylanの名曲をお届けします。
    この曲、TOKIOの長瀬さんがMTVに出演して、アンプラグドで歌ったと、朝のニュースワイドで報じられてました。
    クラプトンもカヴァーしてますが、クラプトンヴァージョンは、後々のお楽しみとして。まずは、本家本元Bob Dylanの曲をお楽しみください。

    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

    ←いつもありがとうございます!よろしければクリックお願いします。

                           Knockin' on Heaven's Door → 

    JUGEMテーマ:音楽


    JUGEMテーマ:70年代・80年代


    0
      | Bob Dylan | 21:40 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  Just Like a Woman : Bob Dylan  ○●○
      Blonde on Blonde


      急に寒くなりました。
      急に秋になりました。
      着るものを、そろそろ変えなくてはいけません。
      今までは、夏の格好にはおり物で調節してましたが、今日などは、もう、ベースを変えなくちゃならない程。


      少し大きな仕事が舞い込んできました。
      久しぶりの緊張感。
      でも、「どうせ、顔つなぎに使われてるだけでしょ、一生懸命、労力使うと、拍子抜けするんじゃないか」という戸惑いがどうしてもぬぐえない。
      この劣等感は、どうしたらなくなるのでしょう。

      それとは別に、もうひとつ。
      先日、ちんの進路のことで恩師のもとを訪ねた時に、
      新しくできる実験室を使って、何か一緒に研究しようと持ちかけられた。
      即座に「やりましょう」と返答した自分がいました。
      やっぱり、恩師のもとが私のホームタウンなんだな、と思いました。
      劣等感もなにもなく、胸をお借りできる。
      自分のままでいれる。

      あいかわらずの「せつない病」ですが、少しずつ、落ち着いてきています。
      落ち着かないといけない。

      今日お届けする曲は、ボブ・ディランが、ドラッグで逝ってしまった恋人に送った曲と言われています。同性愛に寄せた曲といううわさもありますが。
      かなしい愛の歌。
      佐野元春さんも、「SOMEDAY」で引用しています。

      …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

      ←いつも本当にありがとうございます!よろしければクリックお願いします。


                                 Just Like a Woman → 
      JUGEMテーマ:音楽


      JUGEMテーマ:70年代・80年代


      0
        | Bob Dylan | 19:45 | comments(11) | trackbacks(0) |- pookmark
        ○●○  With God on Our Side : Bob Dylan  ○●○
        MTV Unpluggedボブ・ディランの生涯を描く映画ができたそうで…。今朝、ニュースワイドでやってました。
        今日は、"With God on Our Side"をお届けします。

        どの曲にしようか、選びきれないほど、名曲ぞろいの彼の作品。
        素晴らしい詩人である彼の、曲だけでなく「詩」に思いを寄せて、
        彼を好きだと言う人も多いのではないでしょうか。

        私の中では、やはり、"Like a Rolling Stone"から始まって、そこからなぜか(いや、本当は理由がある)、尾崎豊さんの"シェリー"を思い、そして、この、"With God on Our Side"に至るのがいつものコースです(←なんのコースや!笑)。

        あるところに、貧しい家に生まれた人がいました。
        その人の家は小屋のようで、彼はそこに出入りする姿を友達には見られたくないと思うほど。友達が当たり前に持っているものも、彼の家では買えませんでした。
        そんなことの繰り返し。
        いつしか、彼は、地位と名誉があれば、この生活から抜け出せると考えるようになりました。地位と名誉があれば…。
        その家にはたくさんの愛がありましたが、おなかのすいた彼の目には、食べることが出来ないその愛は、見えなかったのです。

        彼は一生懸命に頑張って、地位と名誉を手に入れ、何度もタイトルを防衛しました。
        彼は一生懸命頑張って…。
        時々、小屋のような家を思うと、なぜだか恋しいような気もしましたが、
        おなかがいっぱいの彼は、
        「小屋のような家には帰りたくないだろ?」
        …そう、自分に言い聞かせてしまったのです。

        そして、彼は決定的な敗北を味わう時が来ました。
        彼はおなかがいっぱいだったけれど、
        心の中に、大きな穴があいているのを見つけました。
        その穴からのぞいてみると、自分が転がる石のようになっていました。
        どこまでも転がって行ってしまう…、そう思った時、そのむこうに、
        広い広い大地の上が2か所だけ盛り上がって、堰になっているのを見つけました。
        転がる石はその堰にたどりついて、それ以上、転がらずにすみました。
        その堰は、時々、転がる石が「ここは居心地が悪い」とわがままを言っても、
        黙って、しっかりと石を受け止めていました。

        ある時、転がる石は、堰の向こうのはるか遠い所に、
        あたたかな光を放っている場所があるのを見つけました。
        その光は、石のことも、堰のことも、大地の上でざわめく他のいろいろな者たちも、
        すべてを同じように温かく照らしていました。
        石は、堰に受け止められ、温かな光の中で、つぶやきました。
        "Is there any more fortunate thing than this? "

        …今宵もあなたに、素敵な夢が訪れますように。

        ←いつもありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


                                  With God on Our Side → 

        JUGEMテーマ:音楽


        JUGEMテーマ:70年代・80年代


        0
          | Bob Dylan | 22:27 | comments(6) | trackbacks(0) |- pookmark