◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  二人歩記 : 長渕剛  ○●○
    二人歩記3月17日に救急外来に駆け込んで そのまま入院になったので、もうすぐ2ヶ月
    その間に 梅が終わり
    桜が終わり
    今に つつじも終わってしまって…紫陽花には ギリギリ間に合うといいなぁ、などと思っています

    入院して 最初の1ヶ月ちょっとは
    正直 死んでいました
    抗ガン剤とステロイドのダブル攻撃に加え、重症感染症、敗血症、そもそも肝硬変…

    ベッドの上で 寝返りを打つのも辛い状況で
    その間に すっかり 歩くこともままならない体力に なってしまっていました

    今は  おかげさまで ひとつひとつ解決していって
    残すところ 抗ガン剤と、必要な血液成分の確保との調整、抗ガン剤の副作用による浮腫→腹水貯留の調整など、少し 先が見えてきたと思っています
    歩くリハビリも、私なりに頑張っています
    足も手も、やはり先の方は まだ麻痺が残っていて感覚が鈍いのですが、病室に持ち込んだサイレントギターで、少しずつギターのリハビリも 頑張っています
    このまま麻痺が残ったとしても、ギターは弾いていきたいし…

    ちんも 4月から 週4回 大阪 ・天王寺にある美容学校と、残りの日や学校終了後に、天王寺にある 美容サロンでアルバイトさせてもらえることになり、休みは少ないですが、充実した日々を送っているようです
    週に1回は茶戌と 天王寺か難波で待ち合わせをして、彼氏くんも入れて3人で飲んだりして、私も 嬉しい気持ちでいました

    その茶戌も、今の勤務地・滋賀に異動して 丸2年、そろそろ次の異動先を調整しているところでしたが、おりしも私が こんなことになり、会社側も なんとか自宅から通える範囲での異動先を考慮してくれたようで、5年の単身赴任生活を終え、今日、5月10 日に、滋賀を引き上げて 福井に引っ越しとなりました

    私はといえば、ちんの引っ越しといい、今回の茶戌の引っ越しといい、荷造りも 荷ほどきも、何ひとつ手伝うことも出来ず、何より、京都のちんのところも、滋賀の茶戌のところも、私なりに思いのある街になっていたにも関わらず、街にも部屋にも、お礼も、ご挨拶も出来ないことが 淋しかったり悔しかったりして、荷物が運び出されて がらんとした部屋の写真を見たら、涙が溢れてきて仕方ありませんでした

    きっと 元気になったら 挨拶に行こう…


    今日は、引っ越しというと頭に浮かぶ この曲をチョイスしました
    ギターアレンジ、まだ忘れてないかな…
    私も 今一度聴いて、リハビリ兼ねて 久しぶりに この曲を 早速 弾いてみようと思います


    あと少し
    あと少しで きっと 家に帰れる!
    皆さまの前に姿を出せるのには
    そこから もう少し かかりそうですが
    必ず 復活します

    いつものように
    コメントに おひとりおひとり お返事出来ないかもしれません
    申し訳ありません

    でも、コメントいただくたび、心の中で いっぱいいっぱい お返事を話しかけています
    いつか 恩返しが出来ますように☆


    今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…


    ←いつもありがとうございます
     よろしければクリックお願いいたします


                         二人歩記→ 
     


    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    JUGEMテーマ:音楽
    0
      | 長渕剛 | 12:10 | comments(25) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  長いのぼり坂:長渕剛  ○●○
      風は南からようやく、少し気温が上がってきました。
      雨が降ると、とたんに肌寒くはなりますが、もう、さすがに冬の「ごっつい」上着を着るのは、はばかられる。
      実際、そこまでの上着は必要なく…。
      若いころ、「薄手の長そで」の服なんて、最も必要ないものだった私ですが、今や、すごく重宝するようになりました。


      さて、前回の記事で、さんざん病気のことを書くのは…と、大騒ぎしておいて、さっそく今回もまた、病気ネタから…(笑)。
      17日月曜に、検査、というところで記事は終わっていましたが、とりあえず、その結果を書こうと思います。

      腹部エコー検査で、腹腔内の様子や、リンパなどを診たわけですが、
      結果は予想通り、「大したことはないんじゃないですか」でした。
      そう、主治医の思う「大したこと」になるラインと、
      私の思う「もう、手を打った方がいい」ラインが、違うのです。
      私も、腹水自体は、まだ少量だと思います。
      でも、むくみというのは、全身の細胞一つ一つに起きることなので、
      おなかに脂肪の多い私は、その脂肪細胞の1つ1つが大量の水を含んで、
      相当に重くなっている。
      でも、それは、エコーでは、そんなには映らない。

      私の実感では、内科(特に神経内科や血液内科)など、治療が長期にわたる科のドクターというのは、慎重派が多い。
      私の主治医も例にもれず、そういうタイプだと思う。
      でも、私は、性格的にはどちらかというと(いや、完全に?笑)外科系です…。
      外科系と言うのは、「とっちゃえ!」って、決断・実行、早い方ってこと…。
      いや、この「内科」「外科」のくくりは、あくまでも私の主観ですので…、
      関係者の方、異論をお持ちの方も多いと思いますが、ご容赦ください。

      今回は、どうしても私は譲らずに、主治医に強引に利尿剤を出してもらった。
      もちろん、軽いものを、ほんのわずか。
      薬の怖さはよく分かっているつもり。
      今後も、慎重に経過を見て行かなきゃいけない。
      それでも、きっと、いい方に向かうと信じたい。
      実際、服用を始めて1週間近くなりますが、おなかの膨満感や、そこからくる息苦しさ、身体の置き場のなさ(特に、まるで妊娠8カ月くらいの妊婦さんのごとく、寝る時に仰向けになるのがキツかった)など、かなり楽になった。
      むくみでしゃがめないので、前かがみになって、低いところのモノをとったり、拾ったりするしかないのですが、その動作も少しは楽に。
      こういうことは、他人様から見たら小さなことでしょうが、生活して行かなければならない当事者にとっては、1つ1つが大きいのです。日に何度も味わうことなのですから。

      次回、6月3日にまた受診、血液検査をするけれど、その時に、血中のカリウム濃度や、腎機能の指標になる酵素や、尿中のタンパクや潜血検査などの値が高くないといいのですが。
      いずれにしても、悪い影響は、長い時間をかけて出てくると思うので、今後はずっと気は抜けません…。

      利尿剤を服用し始めてから、逆に「根性が座った」状態で、気分もスッキリとして、今回の記事も、楽しく書けるかな、と思っていたのですが、
      昨日、突然に私事で、とても気になる出来事が起きて、一気にテンションが下がってしまいました。
      目下、少しずつ、気持ちを整えようと努力している途中です…。

      まったく、気持ちの抑揚が激しく、なかなか穏やかに落ち着いていられない。
      いつも、穏やかな笑みを浮かべているような人間になりたいと、
      そんな方をお見かけすると、憧れてやまない私なのですが…。
      いつになったら、その域に達することが出来るのか、
      情けない次第です…。

      …今日、お届けする曲は、中学時代によく聴き、歌った長渕さんの曲。
      あの頃は、人生を歌った曲は、まったく実感はなくて、
      むしろ「ジジくさい」イメージさえあって、
      ただ、メロディーに魅かれているだけのものも多かった。
      この曲も、そうかもしれなかった。
      でも、今、たまに、この曲が頭に流れることがあります。
      自分に「落ち着け、落ち着けよ。ゆっくり、焦らず、生きて行けよ」って、言い聞かせる時などに、ふと、流れてくるのです…。

      今週は、自分の仕事の1つの区切りを迎えます。
      これからどうなるのか、身体的にも、社会活動的にも…。
      不安だけれど、焦らず、生きて行こう。
      生きて行くしかない。


      …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

      ←いつもありがとうございます。
       よろしければクリックお願いします!


                               長いのぼり坂 → 


      JUGEMテーマ:70年代・80年代
      JUGEMテーマ:音楽
      0
        | 長渕剛 | 13:01 | comments(12) | trackbacks(0) |- pookmark
        ○●○  不快指数100%の部屋:長渕剛  ○●○
        風は南からおととい、福井も入梅しました。
        その数日前から、どこか曇り空が続き、その割に、降るのかと思うと、お湿り程度だったりで、なんだかスッキリしない日が続いていました。

        しかし!
        例によって、入梅すると、いいお天気になるのであります。
        世の中って、どうしてか、そういうものです。


        今朝、TVのワイドショーで、三沢光晴さんの死を知りました。
        生前の彼の台詞をもとに、リングの上で死ねたら本望だろう、などという人がいるかもしれない。
        でも、やっぱり私は問えるものなら問いかけたい。
        三沢さん、本当に、リングの上で逝って、幸せでしたか?

        …どうにも逃げきれない何かによって、生き続けることを断念せねばならない時、
        最期を迎える場所を選びたくなる気持ちはわかります。
        でも、たとえ、いろんなつらいことがあっても、元気に生きている時に、
        ○○で死にたい、と考える、その考えの確かさには疑問を感じてしまう。
        誰しも、まずは、生きたいんじゃないか?
        どの場所でなら、どんな状況でなら、死んでもいい、ということが本当にあるんだろうか?
        少なくとも、前向きな気持ちでそう考えることが出来るんだろうか?
        例えば、最愛の人が亡くなったその場所で、生きる気力を失った自分も、死にたいとか、毎日が辛すぎて、もう生きていくのが嫌だ、というような、後ろ向きな気持ちで考えてしまうのはある様に思うけれど…。

        そんな、小さな誰かの一言に、酔っぱらいのようにグダグダ絡んでも、見苦しいだけですね。すみません。
        ただ、私は、格闘技は基本的にそんなに好きではないのですが、三沢さんは、珍しく好感のもてるレスラーだったのです。
        だから、もっともっと、生きていてほしかった。それだけです。
        きっと、三沢さんも、もっともっと生きていたかっただろうな、
        予知能力でも持ってない限り、「え〜っ、俺、今日、こんな風に死んじゃうわけ?」って、
        リングの上で、蘇生されながら、思っていたんだろうな…、思っていたと思いたい。
        また、対戦相手だった方が、今後、リングに立つことが出来ないような傷を、心の中に負っていないことを祈ります。

        今日は、長渕さんの初期の曲、「不快指数100%の部屋」をお届けします。
        今日は、すっきりと、比較的気持ちのいい日になっていますが、これを書き始めた昨日の時点では、梅雨の、「とりあえずザーザー降りではないけれど、なんかジメジメした感じ」で、とっても不快だったので…。
        私の場合、気圧が不安定だと、メニエールの発作が出やすく、頭痛や肩こり、めまい、吐き気などで、倒れるほどでもないんだが、なんだか身の置き場がない、いわゆる「体調が悪い」感じになるのです。

        ところで、この曲、1分強の短い、ギターだけのシンプルな曲なのですが、なんとなく、ビートルズの「Blackbird」を思い出してしまうわけで…。
        結構、私が中学の頃によく聴いたミュージシャンのアルバムには、1曲くらいは、ビートルズの「Blackbird」を思い出させる曲があった気がします。あ、もちろん、それは私の勝手な連想で、作り手は、それを意識してはいないと思いますが(笑)。

        …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

        ←いつもありがとうございます!
         よろしければクリックお願いします!

                              不快指数100%の部屋 → 



        JUGEMテーマ:音楽
         
        JUGEMテーマ:70年代・80年代
        0
          | 長渕剛 | 17:36 | comments(16) | trackbacks(0) |- pookmark
          ○●○  身を捨ててこそ:長渕剛  ○●○
          Live Complete週末は西日本は荒れ模様、との予報ですが、福井の雪は大したことはなく、車の雪下ろし程度で済んでいます。
          この齢になると、冷え込み具合でわかる。今回は、さほど冷え込んでいない。
          ただ、人間の感覚は、慣れやその時の体調でも変わってしまうけれど、
          科学は確かなもので、比熱の関係上、着実に路面が凍るようになってきていて、
          昨夜はちんのお迎えで運転する時、道が滑って怖い思いをしました。
          10日ほど前の雪の時に、転倒して頭を打って脳しんとうを起こしていた母も、おかげさまで、だんだんとめまいの回数や1回あたりの時間が減ってきて、順調に回復しています。

          実家で母に付き添っていると、一緒にいる時間が長い分、いろいろ嫌な気持ちになることもありました。
          その中でも、特に私が嫌な気分になったのは、母方の祖母にもしものことがあったら、葬式代を頼む、と言われた時でした。
          母は数年前に現業職とはいえ公務員を退職し、以前に比べたらかなり少なくなったとはいえ、それなりの退職金をもらいました。それなのに、もう、それらは全く残っていないという。
          確かに、土地は借地なのにもかかわらず、それは地主がどうしても譲ってくれないので、そのまま住み続ける覚悟で、実家の一部をリフォームしたり、物置小屋を新築したりしていた。
          だから、母が、自分のためだけに遣ったわけではないのかもしれませんが、リフォームだって、私が結婚する年に1度やったところだから、私が今住んでいる家と同じ年数。でも、うちは多少の傷みは自分で補修し、積もった汚れは我慢して住んでいる。
          物置小屋だって、母と兄の車2台分のガレージを含むとはいえ、うちも妹夫婦も、「露天」で我慢してる。つまり、「どうしてもやらないと生活できない」レベルではなかったわけです。
          その上、どう考えても高いな、と思う見積もりなのに、知人の紹介で依頼した業者なので、その値段で説き伏せられたらしい。
          いや、もとい。何が言いたいか。
          「自分の親の葬式代も残らないところまで、遣いきってしまったのか」ということ…。
          そして、いつもいつも、今回の母の入院費といい、今までどこに食べに行くのもいつも、妹と母の分は私のおごりで当たり前、私が安いお勧めメニューで我慢していても、高いものを注文する二人、…とにかく、いつも彼女たちは「お金がない」と嘆いて、妹の出産費用もいったん立て替えたのは茶犬だった。
          独身の、まだ学生の頃から「奨学金」とか「アルバイト料」という稼ぎがあった私に、何かと経済的な負担が回ってきていたのですが、結婚して、もう、姓が変わってからもなお、私の足を引っ張るのか…、私が義父や義母に、どんなに負い目を感じて生きているのかわかっているのか…と思ったら、無性に腹が立ちました。
          その「いらだち」や「やるせなさ」がなかなか回復せず、自分でも、どうしたものか困っていました。

          今日、茶犬が一汗かきに、いつもの「ちょっとしたジム付き温泉(1300円なんです、エアロビなんかも受けられて)」に行き、ちんは模試、私は、ひとり、TVもラジオもつけず、静かな中で、過ごしていました。
          そうしたら、家の前で車、それも軽自動車のような車が止まる音がしました。
          いつもなら、母が、どこかにいくついでに、自分が作った野菜などを持って、ちょっと立ち寄ったりするタイミング。
          でも、今は、母はまだまだ、車を運転して出歩ける状態ではないので、ありえない。

          いつか、本当に母が、こんなふうに「突撃訪問」してくるようなことは、ありえなくなるんだろう。
          母は、母なりのやり方で、私を助けてくれている。私は、「してもらったこと」は忘れて、自分が「してあげたこと」ばかりのような気になっている…。
          妹に対しても。茶犬やちんに対しても。職場の人や、世の中の、いろんな誰に対しても…。
          そんなことを考えたら急に、本当に突然、言葉に出来ないほどのいろんな思いが突然、胸にこみ上げて来て、
          「あんたはいつから、そんなにエラくなったわけ?」って思ったら、涙が出てきました。
          生来、涙腺が弱く、しょっちゅう、大したことでもないことでウルウルする私。
          だから、いつものことで、特別焦ることもなく。
          でも、今日は違った。予想を反して、涙がポロポロとあふれて来た。
          その時の思いは、本当に言葉に出来ない。そんなに偉そうになってる自分が恥かしいやら、悔しいやら、かなしいやら、愛おしいやら。
          「あんたはいつから、そんなにエラくなったわけ?」って、次から次へと溢れて、顔も、服までも濡らす勢いの涙を、拭うことも忘れて泣いてしまいました。

          今日、お届けする曲は、長渕さんのライヴでのヴァージョンです。
          出直さなくちゃならない。天狗の鼻を自分で折って。
          このところ、体調も悪く、先行きが不安になったり、落ち込みがちだけど、
          今はまだ生きているのだから。まだまだ、生きるのだから…。
          最後の最後まで、納得できる自分でいなくては。

          …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

          ←いつもありがとうございます!よろしければクリックお願いします。

                                       身を捨ててこそ → 
          JUGEMテーマ:音楽


          JUGEMテーマ:70年代・80年代


          0
            | 長渕剛 | 18:04 | comments(11) | trackbacks(0) |- pookmark
            ○●○  友よ:長渕剛  ○●○
            Live Complete今日もまた、18歳少年による、生まれたての2か月の我が子の虐待事件が報じられていました。
            この前の、埼玉の母子家庭で、6歳の男の子に双子の赤ちゃんの面倒をみさせて母親は男と遊び歩き、そのあげく赤ちゃんの片方が死んでしまった事件の時もそうでしたが、私は、いつもそういう事件の報道は、見たくもなく聞きたくもなくて、思わずチャンネルを移動したくなります。
            そういう事件を知ったところで私には何もできず、
            ただ、悲しい、空しい気持ちになるのが嫌なのです…。

            ここ数日、体調がすぐれないこともあって、ただでさえ暗くなりがちなのに、
            もし自分が健康だったら、かわいそうな子たちを、うちで引き取りたいと思うほど。
            でも、ここでこんなことを書いたところで実行に移す勇気もなく、
            こんな事件をなくす術も見当たらず、
            こんなことを書くこと自体、所詮は偽善か…?という気持ちになって、
            最後はすごく空しくて自己嫌悪に陥ったりする…。

            私にできることは祈ることだけ。
            少しニュアンスは違うけれど、そんな曲を、今夜はお届けします。
            同名の岡林信康さんの曲は、いずれまた、アップすることにして。
            世界中のすべての子が幸せになることを祈って。

            …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

            ←いつもありがとうございます!よろしければクリックお願いします!


                                              友よ → 

            JUGEMテーマ:音楽


            0
              | 長渕剛 | 23:16 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark
              ○●○  君は雨の日に:長渕 剛  ○●○
              風は南から入梅するも、なかなか雨が降らずにいた6月。水無月といいますが、文字通りで(笑)。
              でも、昨日、とうとうまとまった雨が降りました。
              一応、天気予報では毎日のように、傘マークも見られるんです。だから、今日は降るかなと思って、朝、ちんを自転車で出さずにわざわざ車で送って行くのに、結局帰りも雨は降らず…。こんな日の連続。
              「今に雨が降るはずだから」と、花の水やりもサボっていましたが、降ってもせいぜいチラホラで、お湿りにもならず。
              いよいよ、ヤバいかと思っていたら、とうとう昨日、降りました。
              もう、雨のあたる所にせっせとプランターを移動、移動(笑)。

              昨日は、まったく落ち着く時間がなかった1日でした。
              やらなければならないことがいっぱいあって、しかも、いつやってもいいのではなく、
              時間が押していました。
              夜の11時過ぎてから、やっと朝刊を読みました。

              今日お届けする曲は、長渕さんのファーストアルバムに収録されているものです。
              声が、若い、若い。
              この頃の長渕さんのコンサートは(千春さんや拓郎さんも同じく)、女の子の黄色い声が会場に響いてたものでした。もう、アイドルだったんですね(笑)。
              今の長渕さんは絶対に作らないだろう、曲ですが、
              私は、それでいいのです。
              長渕さんと同じように、私もいくらか人生を歩んできて、
              恋愛にときめくことがなくなっている。
              生きて行って、その時その時の実感を歌ってくれればいいと思います。
              その、今の曲に、今の私がまた共鳴する。

              この頃の曲を聴くと、しばし、自分があの頃に戻ります。
              初期のころの長渕さんらしさが、とてもよく出ている曲だと思っています。

              …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

              ←いつもありがとうございます!よろしければクリックお願いします!

                                            君は雨の日に → 
              JUGEMテーマ:音楽


              JUGEMテーマ:70年代・80年代


              0
                | 長渕剛 | 18:33 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark
                ○●○  暗闇の中の言葉:長渕剛  ○●○
                乾杯今日、BSエンターテイメントで、「わが愛しのキャンディーズ」をやってました。
                山口百恵さんもそうですが、絶頂期に解散・引退すると、
                残されたものの心の中にだけ、そのままの姿で生き続ける。

                花の咲いている間に終わるか、
                ボロボロになるまで続けて、これ以上無理、というところまでやって終わるか、
                これは私の中で永遠の課題です。
                期せずして、今は、ちょっとボロボロになりかけ状態。
                でも、再起の時を待っている時、と解釈すると、やはりやめられない。
                単に決断力がないだけなのか、
                強い展望を持っているからなのか…。おそらく、前者。

                この間、「今日、私は死ぬことになっている」という、奇妙な夢を見ました。
                「こんなに今は元気だけど、やっぱり死ぬんだろうな、今日死ぬっていうことになってるんだから」と思っていつつ、なんとなく期外収縮(心拍が、規則正しいタイミングでないタイミングで収縮する)を感じている。
                一応、無駄なエネルギーを使わないようにして、横になっている。
                私の横で、小学校3年生くらいの頃のちんが、一緒に横になって泣いていた。
                つらかった。
                残していくことだけが辛かった。

                おそらく、私は決断もつかぬまま、最後の最後まであがくんだと思います。
                今日は、死ぬまでに、何度この曲をかみしめるかなぁ、と思う曲を、お届けします。

                …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

                ←いつも本当にありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


                                             暗闇の中の言葉 → 


                JUGEMテーマ:音楽


                JUGEMテーマ:70年代・80年代


                0
                  | 長渕剛 | 22:02 | comments(8) | trackbacks(0) |- pookmark
                  ○●○  泣くな,泣くな,そんなことで:長渕剛  ○●○
                  Live Complete 今日、茶犬が義父の死亡によって生じた相続その他の雑用で、平日でないとできないもの をするために有休をとって、茶犬の実家に行きました。当然ですが、義母にいろいろ使われて、朝一番に行ったのに帰宅は夕方でした。ま、それはいいとして。
                  義母は、例の義母姉から、年賀状印刷のお礼を預かっていて、茶犬がそれを持って帰ってきました。茶封筒に、一言添えるメモもなく、ただ、現金2000円と、出来上がったハガキを義母姉宅に送ったので、その送料ということで100円玉が5つ。
                  私に頼むためには、義母姉の家から私の家までタクシーだと5000円くらいかかるのに、タクシーで行くとまで言い、「こんなかんじで作ってほしい」、という印刷屋の折り込みチラシなんて、即日私の家に郵送した彼女ですが、出来上がってしまえば、お礼は「取りに来い」で、茶封筒にポンと入れた現金…。
                  金額の問題でなく、なんだかすごく嫌な気持ちになりました。
                  お礼なんて、気持ちの問題だから、金品でなくてもいい、一言の手紙の方が、よっぽど気持ちよかったです。
                  第一、私にとっては、あれだけの労力を使って職場で仕事をすれば、実際もっともらえるし。報酬は十分に出すといわれても、今の私には重荷だから仕事の方は出来るだけ断っている状態なので、本当に、お礼は金品でなく、温かい気持ちがほしかったです。

                  人生、本当にいろいろありますが、関わりたくない人でも関わらなきゃならないことほど嫌なことはないですね。

                  今日は、そんな自分を元気づけるために、この曲を選びました。
                  この曲もまた、学位論文に行き詰ったとき(たいてい、夜中1時ごろが多かったなぁ…)に、元気をもらった曲の1つなのです。
                  闘病生活は、私の長い人生の中の、ある一時期のことだと信じたい。
                  だから、病気の辛さくらいで、今まで一生懸命、家族を犠牲にしてまで積み上げてきたものを諦めたくはなかった。

                  そう、「しつこい」人間なのですよ、私は。

                  …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

                                         泣くな,泣くな,そんなことで → 
                  JUGEMテーマ:音楽


                  0
                    | 長渕剛 | 23:38 | comments(4) | trackbacks(0) |- pookmark