◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  Say Goodbye to Hollywood:Billy Joel  ○●○
    Turnstiles2009年が、あと2時間弱で終わろうとしています。
    今年は、やはり体調がダメダメで、
    はじめて、大みそかに掃除をせずに年を越そうとしています。
    入院前に、軽い掃除はして行き、レンジ周りなどは、割と日ごろからすぐに汚れを落としているので(力を入れて踏ん張れないので、炭化した汚れをとることが出来ないため)、もう、いいか、という開き直りです。



    思えば私は、変な所にこだわり過ぎるところがあるかもしれないと思う。もう少しこだわった方がいいよ、と言うところは、いい加減なくせに…。

    こんなふうに、ちょっと開き直ったり割り切ったりできるようになれば、
    ずいぶん毎日が楽になるんじゃないか、って、
    これまでも「頭では」わかっていたことを、あらためて実感し始めています。
    それだけでも、この、「何もしない」年越しは有意義だったかも…。

    今年は、正直、すごいしんどい1年になりました。
    ここ数年、判で押したような生活ではありましたが、
    そうする中でようやく、どんどん不自由になっていく自分の身体や、病気の将来についての不安を逃しながら生活する術を得ていたのです。
    ところが今年は、その平穏な生活が大きく変わることが次々に現れて、
    正直、心も身体もついて行けてなかった。

    傍にいる家族が1番、その犠牲になって私を助けてくれましたが、
    こうしてブログを通じての皆さんの励ましも、どんなに力になったことか。
    本当にありがとうございました。


    ここ数年、来年への気持ちを見つめて、何か自分の中で来年に向けた曲をアップしていましたが、今年は、なんか、そういう「気負い」のようなものが何もない、今です。
    悪く言えば、目標とか、希望とかいうものが見いだせずにいる、とも言えます。
    でも、良く言えば、このブログタイトルのように、
    As Time Goes By の心境だともいえます…。



    今日お届けする曲は、学生時代、Billy Joelのコピーをした頃に、
    ある友達との悲しい事件があって、
    その時に、歌詞をかみしめた曲です。

    Life is a series of hellos and goodbyes…

    でも、今日まで出逢ったどんな人とも、
    今日まで体験したどんな出来事とも、別れを告げる気持ちはない。
    ただ今は、2009年という時間に、別れを告げるのみです。


    それでは、今年1年、本当にありがとうございました。
    皆さまの来る年が、幸せで素敵な日々の連続でありますように。


    …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。

    ←いつも本当にありがとうございます。
     よろしければクリックお願いします。


                    Say Goodbye to Hollywood → 

    JUGEMテーマ:70年代・80年代
     
    JUGEMテーマ:音楽
    0
      | Billy Joel | 22:14 | comments(20) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  Allentown:Billy Joel  ○●○
      Nylon Curtain毎年、桜の頃から5月ごろまでは、すっごく暑い日、すっごく寒い日、まだまだ落ち着かなくて、体調を乱し気味。
      ご多分にもれず、私も、体調を崩しがちで、どうしても体調が悪いと気分も沈みがちで、なかなかブログを更新することができずにいます。

      ところで、ブログの管理ページには、たいていどこの会社のも「ニュース」的なものが表示されています。
      まぁ、いわゆる「話題提供」という趣旨なのでしょうが、噂話から、社会ニュースまで、多種多様。
      その見出しを見ていると、「草食系男子」(肉食系、もある)だの、「ツンデレ系」だの、「○○系」という言葉がやたら目につきます。
      草食系、というのは何となく、そんなに漢字の意味から離れているわけでもなく、イメージとしてまだしも納得できるのですが、「ツンデレ系」って言われると、「どういうこと?」になっちゃう…。
      意味はといえば、太古の昔からよくいるタイプの、「好きなくせに照れくさくてツンツンしちゃうタイプ」らしいです。これらはインターネットスラングなどと言われているのですが、先日、NHKのドラマのセリフの中にまでこの言葉を聞いて、「今や、そんなにもメジャーな言葉なのか…」と、浦島太郎のような気持ちになりました。

      しかし、どうにもよく解らないのが「ガテン系」。
      どうも、職業の系列わけで使うようなのですが、今ひとつ、ハッキリとした定義がわからない。でも、ネットで職探しのサイトなどを見ると、堂々と「ガテン系」とカテゴライズされてたりする。
      で、その職業は何かと見てみると、建設作業員だったりするわけです。

      ガテン、というのはおそらく、「合点、承知だ」の、あの「合点」から来ているのだろうということは想像がつく。
      で、無理やりこじつければ、大工の棟梁さんなどが使いそうな、江戸っ子言葉のようなイメージはある。
      でも、「ガテン系」というのは、単に建築系、というだけでもないようで、
      やはり私には「???」の部分が残ってしまう…。

      今日お届けする曲は、昔、Billy Joelのコピーバンドをやっていた時にコピーした曲です。
      ご両親も、Allentownで鉄鋼か何かの現場作業員をされていて、自分も、それを背負うしかなくやっているけど、なんでここから抜け出せないかなぁ、結構毎日生きてくのって大変だよね、というような曲。
      フツーに聴いてるぶんには、とりたてて変わったメロディーラインだとも思わなかったのですが、いざコピーしてみると、細かな転調が多くて、なかなかややこしい曲でした。

      …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

      ←いつもありがとうございます!よろしければクリックお願いします!

                             Allentown → 





      JUGEMテーマ:音楽
      JUGEMテーマ:70年代・80年代
      0
        | Billy Joel | 19:42 | comments(11) | trackbacks(0) |- pookmark
        ○●○  Leave a Tender Moment Alone : Billy Joel  ○●○
        mueckこのところ、全国各地で大雨の被害に遭ったニュースが多くなりました。被害に遭われた方々、謹んでお見舞い申し上げます。
        福井は、今回はおかげさまで大雨の被害はありませんが、やはりスッキリしない空模様。時折雨が落ちるので、洗濯物は外には出せず。

        今日、体調がよかったので、金沢の「21世紀美術館」へ行ってきました。
        「ロン・ミュエック展」を観るためです。
        前々から行きたい行きたいと思っていたのですが、体調と機会があわず。
        今日やっと、行くことができました。
        すごく良かったし、製作過程のビデオを見ると、私も才能があるものならやってみたいなと思いました。どう考えても無理ですが(笑)。

        帰りは、ちんのお迎えがあったので、時間に制限があり、高速を利用しました。
        その時に、雨が時折落ちる中の、霧に包まれたような夕焼けが、
        何とも言えず不思議な世界を作っていました。
        水彩画のような、あるところは、まるで特撮映画の作り物のような…。
        「箱庭」を連想させる部分もあり、幻想的な部分もあり…。
        本当に素敵でした。

        いい加減、もう秋だと認めざるを得ないかな、という気候になってきて、
        今夜くらいは少しでも星空が望めるかも、と思いました。
        気持ちのいい風の中の星空というと、ふと頭の中に流れるメロディー、
        それを、今夜はお届けしたいと思いました。

        この曲は、学生時代、遊び心で、好きな曲をやっていた、
        そして、1度もステージの陽の目を浴びなかったバンドでコピーした曲です。
        なぜか、「夜空のモーメント」という邦題。いつもながら、邦題はユニークですね…。

        やさしい瞬間をそのままに…。
        …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

        ←いつもありがとうございます!よろしければクリックお願いします!


                              Leave a Tender Moment Alone → 




        JUGEMテーマ:音楽


        JUGEMテーマ:70年代・80年代


        0
          | Billy Joel | 00:03 | comments(8) | trackbacks(0) |- pookmark
          ○●○  You May Be Right:Billy Joel  ○●○
          You may be right昨日から、ちん達バスケット部の「夏」が始まりました。
          これまで、惜しいところまで行きながら、逃してきたベスト4。
          3年生が引退し、新チームになり、今度こそはと、テスト期間中でも朝練でシュートやウェイトトレーニングをし、週2回、朝6時半から学校近くのグラウンドで走りこみ、毎日の掲示板でも互いに練習の課題や成果をデータ化して叱咤激励し合い…。
          そうやって、満を持して臨んだ大会ではありました。

          そして、とうとう、前回先輩とともに敗れた学校に見事リベンジを果たし、ベスト4に!

          春の大会は、新任コーチの采配ミスで、楽勝ゾーンにいながらもベスト4を逃し、
          インターハイ予選は、1点差で負け、
          新任コーチは、ボランティアで、本当によくやって下さってますが、
          やはり、土日に顔を出すのが精一杯、インハイ予選は金曜日で有休が取れるはずもなく(ちなみにコーチは、新入社員です)、ちん達は、生徒だけで練習メニューを考え、試合に臨んできました。
          コーチも、春の大会で相当反省したようで、おそらく、コーチ自身も、今回はリベンジしたかったと思います。今回は、有給休暇までとって、金曜日の試合に臨んでくださいました。引退した3年生も全員、応援に駆け付けたとのこと、今回の勝利は、いろいろな人の願いをかなえてくれたと思います。

          でも、いつも言いますが、ちん達の学校は、「どれだけ合格偏差値が高い大学に入学したか」がすべて、というような校風。
          運動部の熱心な練習は歓迎されるはずもなく、特に練習熱心な男子バスケ部は、もう、先生方の目の敵のように、「終了時間を守れ」だの、「ミーティングに使うDVDプレーヤーや、パワーポイント用のプロジェクターは貸し出せない」だの、「もうすぐ部活の終了時間、という頃の氷は必要ない」だの、うるさく言われてきました。部室の鍵をかけ忘れて、1週間部活禁止になったこともありました。
          ノー勉で、成績も極悪のちんが、唯一、かけている部活。
          当然、学校側に対する愚痴はハンパなく、
          数日に1度は、私が家の中のどこに行ってもその場所まで追っかけてきて、
          とめどなく愚痴をこぼします。
          試合前日もそうでした。私は、正直、「ちん、もう寝た方がいいんじゃない?」と思いながら、終わりそうもないちんの愚痴に付き合っていました。

          そんな中、つかんだベスト4。
          本当に、本当に、バスケ部のみんなを褒めてあげたい。

          今日は、そんな、ちんの胸の内でもあり、実は、私の胸の内でもあるこの曲をお届けします。学生時代、バンドでコピーした懐しい曲です。

            "You may be right
             I may be crazy
             But it just might be a lunatic you're looking for…"

          …そう、本当は私も、Crazyな子供達を求めているのです、、、。

          …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

          ←いつもありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


                                      You May Be Right → 

          JUGEMテーマ:音楽


          JUGEMテーマ:70年代・80年代


          0
            | Billy Joel | 20:54 | comments(18) | trackbacks(0) |- pookmark
            ○●○  Billy Joel : Live on Long Island  ○●○
            Billy Joel 新年2日目。
            どうにか、行かなければならない所への訪問は終わりました。
            でも、もう明日からは、ちんは部活(OB戦)や塾で、私は弁当作りの生活が始まります。
            その上、またもや、義母から、亡義父がやっていた町内自治会の会計報告書を作ってくれとの依頼。7日が総会だという。なんで、もっと早く、準備しないんだ。
            嫌々ではあっても、茶犬がEXCELで作って、片道40分の義母の所へ持って行ったら、字が小さいだの、書式がどうのって言うものだから、茶犬は当然のようにキレて、「破り捨ててきた」。
            でも、実際、報告書がなかったら総会できない。やるしかないのです。
            どうにか茶犬を説得し、修正して、もう、郵送することにしました。
            でも、修正して送ろうと思って電話したら、「手書き原稿をコピーする」って、言うのです。そりゃ、ないでしょう。茶犬は正月早々、朝から、訳のわからない、帳尻の合わない下書きをもとに、一生懸命EXCELでやっていたのだから。
            まったく、人を何だと思っているのか、失礼な人です。

            私の母は、保育園の用務員をして私たちを育ててくれました。義母より確かに6歳も若いけれど、6歳違いで車も運転できるし、一応PCで年賀状も作るし、父が亡くなった時も、私たちは終始「お客さん」で何もしなくて済みました。
            それでも、元旦に義母の所へ行ったら、障害者手帳の、義母の写真を見せられて「なんか、これ、用務員みたいやろ、嫌んやって(嫌なんだ)」と言われて、私はとても悲しかった。
            私の目の前で、私の母のことをどうのこうのとは言わなくても、心の中で、用務員という職業は、この人から見たら、「自分がそうだとは思われたくない(つまり多分、レベルが低い、と言いたいのでしょう)」職業なんだ、と思うと、実母がなんだか惨めでかわいそうに思いました。
            そこで私が「用務員の何が悪いの?」と、実母をかばえなかったことで、自己嫌悪に陥りました。

            でも、帰宅してから、楽天でのブログのお友達の NECOさん が紹介されていたBilly Joelのライヴ映像を観て、少し、落ち着きました。
            学生時代、自分のバンドでコピーした曲オンパレードで、とっても懐かしかった。

            Bob Dylanが、ギターでメッセージを伝えるなら、Billy Joelは、ピアノでメッセージを伝える人。反戦歌や、労働者の要望を代弁するかのような曲も多いと思います。

            今年も、結局1番最初の更新は愚痴で始まってしまった…(すみません)。
            さて、どんな年になりますやら。
            皆様、疲れない程度にお付き合いいただけると嬉しいです。

                                       Billy Joel Live on Long Island → 

            JUGEMテーマ:音楽


            JUGEMテーマ:70年代・80年代


            0
              | Billy Joel | 23:38 | comments(13) | trackbacks(0) |- pookmark