◎ CALENDAR ◎
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
◎ PROFILE ◎
◎ SELECTED ENTRIES ◎
◎ RECENT COMMENTS ◎
◎ RECENT TRACKBACK ◎
◎ CATEGORIES ◎
◎ ARCHIVES ◎
◎ RECOMMEND ◎
◎ よぴち ◎
ギターと本が大好きな50歳おばさん。福井に生まれ、育ち、今も福井にいます。多分、もうずっと福井でしょう(笑)。
同級生だった夫「茶戌」と、大阪で修行中の娘「ちん」、私、の家族3人がドタバタと暮らしています。
  1995年2月に慢性骨髄性白血病を発病して20年、発病から15年間、毎日、インターフェロン投与(1200万単位/日)で、どうにか頑張ってきましたが、2009年は長年のインターフェロン投与による肝炎から肝硬変を併発し、インターフェロンを休止し、新たな闘いが始まりました。 2014年には寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。
それでも楽しく生きて生きたい。…そんな日々の思いを、昔あこがれた深夜ラジオのDJ気取りで綴っていきたいと思っています。よろしく。
*ブログの中で、私の好きなアーティストやアルバムに関する写真、歌詞、作品等を著作権保有者の方に無断でアップすることがあります。できるだけ、いい作品を紹介し、著作権保有者の方にメリットがあるようにとの思いからの行為ですが、関係者の皆様にご迷惑をおかけするようなことがあれば、即刻削除いたしますので、どうぞご容赦ください。
◎ MOBILE ◎
qrcode
◎ LINKS ◎
◎ SPONSORED LINKS ◎
◎ OTHERS ◎

As Time Goes By

慢性骨髄性白血病とお付き合いして21年目。インターフェロン投与で頑張ってきましたが、とうとう肝臓が薬剤に耐えきれず、肝硬変にまで進んでしまいました。さらに2014 年3月、寛解状態だった白血病が再発し、舌上皮内ガンの切除手術も受けました。現在は、グリベック投与で頑張っています。
医療の進歩に期待と感謝しつつ、音楽を楽しみながらHappyに過ごしていきたいと思っています。
○●○  スポンサーサイト  ○●○

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    | - | | - | - |- pookmark
    ○●○  空と海の輝きに向けて:荒井由実  ○●○
    ひこうき雲例年通りの梅雨入りでしたが、その後が続かず…
    今日も福井は曇ったり晴れたりで、今のところ雨は降っていません
    関東の方では雹が降ったり、冠水するほどの豪雨だったりするのに、降水量の多そうな福井は 元気で穏やかな毎日です
    気温が30度以上だと真夏日というらしいですが、もう、ここ数年、この時期から最高気温30度、ということには慣れてしまいました(>_<)
    季節に対する認識を、少し変えて行かないといけない時期に来ているようです


    おかげさまで 6月21日に 一旦 退院できました(*^_^*)
    一旦、というのは、また再入院しないといけないから…
    ずーっと気になっていた口内炎、入院中も治らず、生検してみたら、まだガンではないものの、前ガン状態であることが分かったのです
    今なら、放射線も化学療法も要らない、その部分を切除するだけだから2週間程度の入院で済む、とのことですが…
    生検だけでも、1週間以上痛かったし、切除手術はそれ以上だろう、と思うと、正直、つらいのはもうイヤ、という気持ちがあります(+_+)
    でも、逃げてもいられないし…
    おかげさまでガンではなかったため、一応、時期を選べるので、もう少し体力が回復して落ち着いたら、と思っています
    とはいえ、問題児を抱えているのも 気分は重いので、そう遠くないうちに、と思いますが…
    そもそも、こんなことにならなくとも、4月22日には脾臓と胆嚢を摘出する予定でした
    それは当然、延期になり、今のところ、白紙に戻しました
    退院前に、胃カメラで静脈瘤の様子を確認しましたが、入院以来、安静にだけはしていられたので(笑)、βーブロッカーがよく効いて血圧を超低く保つことが出来て(上が80とか、低すぎることも多々でしたが(^_^;))、その分、静脈瘤が育つこともなく、破裂のサインであるRCも、以前より むしろ目立たなくなっている気がしました(*^^)v


    入院中、頑張れたのは「退院したら、以前のように…」と思っていたからだと思います
    入院前の私は、本当に幸せだったので…
    でも、病院の環境下では結構 元気になってる気がしていても、家に帰ると、自分の衰えを自覚することばかり(T_T)
    5年前にインターフェロンを休薬してからは、白血病のための薬は何も使っていませんでしたが、これからは、グリベックを飲み続けなくてはいけないし、飲んでいる限り、副作用とは お付き合いして行かなくてはなりません(-"-)
    入院中の最初の1ヶ月半ほど、ほぼ寝たきりでいたため歩けなくなっていて、その衰えは分かっていたのですが、他にも、いろんなところで感じます
    腹水も、やはり増えているので、食後や、長い時間歩いていると、おなかが張ってきます
    髪は全て抜けたので、外出時はかつら
    安い割には よく出来たかつらなのですが、やっぱり「つむじ」や、おでことの境目のところとか不自然なので、帽子が必要で、
    まだ真夏でもないのに、すでに、被ると頭が蒸す気がして、かゆくなって来たりします
    また、室内で帽子をかぶっていることに慣れていない私は、なんとなく落ち着かない
    まだ、お仕事関係の人には会っていませんが、これから、そんな場面が生じたら どうしようかな、と思っています
    でも、安いかつらばかり、いくつか買ったので、髪型を簡単に変えられるのが楽しいな、と思うようにしなくちゃ(^^ゞ
    他にも手足の先のしびれで、手作業が思うように出来ないことがあったり、スリッパを履くのに もたついたり、ステロイド剤の副作用で 顔に脂肪がついて、自分の顔を見慣れた自分にとっては、まるで他人の顔のようだったり
    …あげるとキリがないですが 何より
    ”もう少し 生きていくことを許された”ということに 目を向ければ
    素晴らしい生き方をしておられながらも 天に召されていった方々、また、近い将来、召されることが約束されてしまった方々から見たら、とても贅沢な悩みでしょう
    今、戴けている お恵みに感謝したいと思います(^o^)丿

    リビングから見える、僅かな我が家の裏庭(とても庭と呼べる広さではないですが(^_^;) お隣とのスペース?)には、しばらく手を入れられなかったために伸び放題に伸びたハルジョオンが満開、そして端っこに、大きく育った沈丁花が元気に葉を広げています
    今年は沈丁花が咲いているところが見れないまま終わったなぁ、と思いましたが
    その代わりに、入院前に買っておいた くちなしが咲き始めて、いい香りをさせているし、去年、ちんとお揃いで 京都のスーパーで買った紫陽花が、少し枝を広げて花をたくさん咲かせてくれました(*^_^*)
    イチゴも、入院前に肥料をたっぷり遣っておいたし、茶戌も単身赴任で水やりが出来なかったのが功を奏したのか、去年より甘くて美味しく実りました
    病院に持って来てもらって、しっかり、戴きました(^_-)-☆


    生きることに執着すると、必ず 何か起こってきた これまでの私の人生
    …あまり執着せずに ゆるゆると行きたい、行かなければ、と自分に言い聞かせています


    入院中、皆さまのお心遣いが とても支えになりました
    こんな私のことを 心の片隅に置いていただいたこと、本当に ありがとうございました


    今日、チョイスしたのは 懐かしいユーミンの曲
    なぜか私にとって、この曲は昔から「7月」のイメージ
    過ごしやすい初夏の海辺で 凪いだ海を見ている気がしてくる…
    退院してから、毎日「ブログで ご報告しなきゃ」、と思いながら、生活ペースもつかめず、むくみなど体調の変化に落ち込むことも多くて書けなかった
    落ち込む要素は何もない!
    この程度の不安材料は、誰しも抱えながら 頑張って生きてる!
    そう 自分に言い聞かせたら
    この曲が 窓からのお陽さま越しに 浮かんできました

    本当に
    ありがとうございます (*^_^*)


    今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…


    ←いつもありがとうございます
     よろしければクリックお願いいたします


                     空と海の輝きに向けて → 

    JUGEMテーマ:音楽
    JUGEMテーマ:70年代・80年代
    0
      | 荒井由実 | 15:10 | comments(16) | trackbacks(0) |- pookmark
      ○●○  晩夏〜ひとりの季節〜:荒井由実  ○●○
       14番目の月さすがの日照りに、玄関前にわずかに置いてある花々も、元気がない様子。
      我が家は、唯一、玄関前だけが南向きで日当たりがよく、けれど僅かなスペースしかないので、ほんの少しプランターを置くのみですが、その代わり、玄関前の花はたいてい、良く育つのです。
      でも、今年はなんだか…。陽が当たればよい、というものでもないようです。


      蝉の声も、まだあまり変化が感じられず、
      実感としては、「秋の気配」は、まだまだという感じ。
      けれど、薬が少なくなってきて、あぁ、来週は受診日か、と思い、
      そこから初めて、来週はもう、9月なんだと気付いたのでした。
      暦も忘れているにもかかわらず、どうしてか気持ちが滅入る、夏の終わり、、、。

      原因の大きな大きなものは、わかっています。
      お盆休みの過ごし方があまりに不摂生だったために、
      さすがに身体にツケが回って来て、むくみ(腹水)の状態が、深刻だということ。
      退院してから1ヶ月で、すでにもう、体重は5kg増し。そのほとんどが、水だと考えられます。
      もちろん、今の状態で、入院して腹水を抜かなければならないようなことはないのですが、また、あおむけでは眠れない、「妊娠8カ月」状態になってしまう、、。
      だから、入院して水を抜く、なんてことをせずとも、自宅でコントロールできる状態でいたい。
      そのために、利尿剤を服用し始め、むくみが少しは軽くなったのに、
      今また、服用前の状態に戻ろうとしています。
      利尿剤をそんなに増やしていくわけにもいかず、
      かといって、自分でできる程度の減塩で、対処できるかどうか、、。
      それが、私の気持ちを滅入らせている…。

      でも、これは自分でまいた種で、
      誰にも責められたくもないし、後悔もしたくない。
      だから、なんとかせねばと思っています。
      相変わらず、意地っ張りです。


      ただ、ちんが帰省する時に、帰ってくる途中に夕食として(といっても、もう夜の9時をとうに回ってましたが)立ち寄ったラーメン屋さんで、BGMに、「稲村ジェーン」のアルバムが流れていたのです。
      あの中に、「暑かったけど、短かったよね、夏。」という台詞があって、そこから続けて「真夏の果実」が流れるところがあります。
      あれを聞いて、ふと、「そっか、夏、終わるんだな、、」と、ちょっと、心が立ち止まってしまった。

      なんとなく、気持ちが沈んだように感じるのは、夏が行くのを、無意識に感じているからかもしれないな、と、その時、思いました。

      ちんは、帰省する前から、
      「帰省したら、毎日、朝から晩まで自動車学校に行くだけで、
       特にゆっくりも出来ず、
       高校の部活に顔を出すくらいしか予定もなく、
       それだけで、夏休みが終わってしまう、、」
      と、嘆いていました。
      それを聞きながら、「何、言ってんの。サークルの合宿にも行ったし、彼氏クンとも過ごして、十分、夏休みしてるじゃん」と思ってましたが、
      たぶん、ちんの「嘆き」は、若さゆえ、夏が行くこと自体が、どこか淋しくて仕方ないのでしょうね…。

      今日お届けする曲は、私も好きですが、珍しく茶戌も好きな曲。
      茶戌は、私の影響でユーミンの曲のほとんどを聴かされ、結果、知っていると思うのですが、好きだというのは、あまり、ない。
      そのわずかな「好きな曲」は、荒井由実時代の曲がほとんどです。
      茶戌はもともと、ケイトウの花が好きだそうで、
      特に、最近のかわいい小さめの、カラフルな色合いのケイトウではなくて、
      昔からある、ニワトリのとさかのような、深紅や濃いピンクのケイトウを好むらしいのです。
      で、この「晩夏」の中に、「葉鶏頭」という花の名前が出てくる。
      これは、その、ニワトリのとさかのようなケイトウの花ではなくて、違う植物なのにもかかわらず、どうしても、茶戌も私も、これを聴くと、ケイトウの花を思い出してしまうのです、、。

      ユーミンは、昔はアルバムの最後の曲はたいてい、静かなバラードが多い。
      私にとって、ユーミンのアルバムで夏のイメージが1番強いのは ”REINCARNATION” で、
      そのラストの ”経る時(ふるとき)” も、こんなふうに静かなバラードなので、
      頭の中で時々混同してしまいがちなのですが、
      断然、この ”晩夏” が好きです。


      昔に比べ、夏の終わりを惜しむよりも、
      涼しくて過ごしやすい秋の到来を歓迎してしまうのは、
      やっぱり、齢だからなのでしょうか…(笑)。

      でも、秋が来たら食べ物がおいしすぎて、減塩・節制生活に乱れが、、(-_-;)

      …頑張ります、、。



      …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。


      ←いつもありがとうございます。
       よろしければクリックお願いいたします。


                        晩夏〜ひとりの季節〜 → 


      JUGEMテーマ:70年代・80年代
      JUGEMテーマ:音楽
      0
        | 荒井由実 | 17:11 | comments(16) | trackbacks(0) |- pookmark
        ○●○  卒業写真:荒井由実  ○●○
        コバルト・アワー寒の戻りと思われるほど
        信じられないくらい冷え込んでいます。

        もうすぐ4月だと言うのに、
        今日もまだ、夕方には雪で一瞬、道路が真っ白になりました。車の窓も真っ白…。

        スノータイヤを交換するタイミングも見つけられず。


        この前の3連休で、ちんの引っ越しをしました。
        しかしまだ、完全ではなく、明日・明後日もまた、行く予定。
        京都と、小松とを往復し、今週は、昨日初めて自宅の布団で寝ました。
        疲れている、相当に…。
        でも、それを実感する余裕さえ、今はないと言うのが本当のところです。
        なかなか皆さまのところに遊びに行くことが出来ず、ご心配をおかけして申し訳ありません。


        前に、私はmixiにも登録している旨を(そして、そこでの記述にイヤな気分になることが多いことを)書きましたが、mixiで、一応、母校登録なるものをしており、自分の母校の同級生が新たに登録すると、知らせが来ます。
        少し前に、M君という新しい同級生が登録した知らせが来て、そのハンドルネームを見ただけで、「もしかして?」という思いがこみ上げて、さっそく、M君のところに行ってみました。
        M君は、プロフィールには本名を書いていたので、私は間違いないと確信して、すぐに、メッセージを出しました。
        彼は、長いこと私が、久しぶりに会いたい会いたいと思っていた、学生時代にビリージョエルのコピーバンドをやった時の、ドラマーだったのです。
        実は、高校でも、2年の時に、M君と、茶犬と私は、同じクラスだったのです…。


        長いブランクの間に、彼も私もそれぞれに病を患っていました。
        彼は大学を卒業した後、大手自動車メーカーに就職し、横浜にいることは知っていたのですが、その後はどうしているのかさっぱり知らず、アメリカに2度にわたって数年行っていたそうで、今は、神奈川に住んでいるとのことでした。未だ、独身。

        お互い、肩に力を入れずに生きていけたら、と思いました。
        病があっても、たとえそれが完治しなくても、
        持ったまま、漂うように生きて行くのもいいんじゃないか、って…。
        GWに帰省してきた時には、必ず連絡をくれるようにと言いました。
        茶犬と3人で飲もう、って。
        もっとも、私はもう、アルコールは飲めない身体になってしまいましたが。


        彼は高校時代の2年の時のクラスの女子は、もう全く記憶にないと言っていた。
        私のことは、もしかして、大学で一緒にビリージョエルをやった、あの「よぴち」か?と…。
        本当言うと、私も、高校時代はそんなにいい思い出はないのです。
        全く覚えていないわけではないけれど、覚えていたいと思うようなことが、あまりなかった。
        似たようなことを、卒業式が終わってから、ちんも言っていた。
        ああ、ちんも、私と同じように、あまりいい思い出がないんだな、って、かわいそうに思った。
        ちんは、引っ越しの荷物の中に、高校時代の卒業アルバムを入れてなかった。

        ただ、バスケ部の後輩たちが、寄せ書きしてくれたバスケットボールだけは、持って行った。
        ちんにとって、あのボールが3年間のすべて。
        1人の新しい生活の中にも、持って行きたくなった、そんな素敵な時間を、ちんにくれたバスケ部に、私は本当に感謝します…。


        そんなわけで、今日は、ユーミンの曲にしては非常にベタな、「卒業写真」をお届けします。この間、久しぶりにしみじみと聴いたら、やっぱり、染みてくるものを感じて…。

        卒業写真に帰りたくなるのは、あの写真に思い出の時間が凝縮されているからだとすれば、私はいつまでも過去にばかり留まっているのかもしれません。
        でも、未来が、ほんの少し、普通の人よりも薄い絵の具でしか描けない状態の私が、せめて過去の時間を楽しみながら日々を過ごしていたって、誰に迷惑をかけるものでもないのなら、許して欲しいと思います…。
        前を向いて、とか、元気出して、とか、
        そんなこと言われなくても、自分で命を殺めない限り、時は流れて、結果的に私は前に進んでいくのだから…。
        1日1日、やらなければならないことをやりながら、どんな形ででも楽しみながら生きていくことを、「生きると言うことは、こうあるべき」みたいな型にはめないでほしい。


        …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように…。


        ←いつも本当にありがとうございます!
         よろしければクリックお願いします!


                                卒業写真 → 

        *追記:ずっと、紹介する曲の著作権所有者の方に申し訳ない思いで
            このブログを続けています。
            こんなことで、著作権所有者の方に許諾いただけるとは思っていませんが、
            せめて今後は、紹介する曲が入っているアルバムなどを購入するサイトを、
            写真にリンクしようと思います。
            これまで、アフィリエイトで、さらに曲を利用して私に利益があるように
            思われるのが嫌で避けてきたのですが、アフィリエイトなしで、
            とにかく、リンクさせていただこうと思います。
            皆さま、よい曲だと思われた際には、ぜひご購入を!



        JUGEMテーマ:70年代・80年代
         
        JUGEMテーマ:音楽
        0
          | 荒井由実 | 00:20 | comments(16) | trackbacks(0) |- pookmark
          ○●○  私のフランソワーズ:荒井由実  ○●○
          ミスリム涼しいですね、ここのところ。雨がひどい地域もあるようです。
          でも、天気予報では、福井も金曜にはまた暑くなるような予報になっています。予想最高気温32度。まぁ、一時期の37度とかに比べたら、涼しいのでしょうけれど、ちょっとエアコンが必要になるかも。
          インターフェロンというのは免疫系に働きかけるので、長年の投与で私の免疫バランスは以前とは違ったものになってしまっています。軽いアレルギーが出てきたし、あせもなどもできるようになって、ちょっとでも汗ばむと、皮膚の柔らかい所が赤くなってかゆい。それで、除湿だけでもしちゃうんですよね…。
          かといって冷えすぎると、ただでさえ滞りがちなリンパの流れがますます悪くなって、引きつりやメニエールの発作がでたり、むくみがひどくなったりして困ります。
          なんと、贅沢にも、膝から下に毛布をかけながら、エアコンつけているのです…。

          今日お届けする「私のフランソワーズ」は、昔、夏から秋にかけての西陽の当たる、少し蒸し暑い部屋で聴くのが好きだった曲。
          フランソワーズは、もちろん、フランソワーズ・アルディのことであると、信じて疑いません。事実、ユーミンの、特に初期の曲には、端々にフランソワーズ・アルディっぽさを感じます。

          ユーミンは、ミュージシャンとしての歴史が長く、それぞれの時代に常にトップ・アーティストであったために、80年代には80年代らしい曲がたくさん並んでいるし、90年代、2000年代もしかり。
          故に、初期、特に荒井由実の時代の曲には、70年代の匂いがして、それがとてもいいのです…。

          …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

          ←いつもありがとうございます!よろしければクリックお願いします!


                                     私のフランソワーズ → 
          JUGEMテーマ:音楽


          JUGEMテーマ:70年代・80年代


          0
            | 荒井由実 | 22:44 | comments(10) | trackbacks(0) |- pookmark
            ○●○  空と海の輝きに向けて:荒井由実  ○●○
            春空昨日、今日と福井は春爛漫。桜の開花も一気に速まり、お花見でどこも盛り上がっていました。
            あいにく、我が家は茶犬の従兄弟の結婚式と、茶犬のおじさんのお葬式、義父の納骨が重なり、京都だし、私は長い距離を歩いたり階段を上ったり、お寺で正座したりできないので、集団行動では迷惑をかけるだけ、ということで、ちんと二人でお留守番です。
            ちんも部活もあって、花見どころではなく、いつもと変わらない週末。
            でも、火曜日に運び込まれる予定の冷蔵庫を迎えるため、家は大掃除、フローリングの痛んだ所に敷く簡易カーペットや、いったん冷蔵庫内のものを収納するためのクーラーボックスなどの準備のため、昨日は実家に寄りました。
            その時、当然のことですが、妹も甥っ子を連れてきており(ま、彼女たちはいつもいるんです笑)、甥っ子と、ちんと3人でお散歩&ミニドライヴに行きました。
            そうしたら、実家は海まで車で10分ほどのところなのですが、その海のあたりの夕焼け空がピンク色でとてもきれいでした。
            甥っ子に、「お空がピンク色できれいだね、あのお空の所に海もあるよ」と言いつつ、1枚。甥っ子は言ってることの半分も分かってなかったと思いますが。
            妹夫婦はアウトドアライフが嫌いなので、多分、甥っ子は海にはまだデヴューしてないと思います。

            あまりの美しさに、頭の中をユーミンの「空と海の輝きに向けて」が流れ始めました。
            尤も、甥っ子はカーステレオから流れていた、ちんの「藍坊主」のCDの「鞄の中、心の中」に夢中で、「アイボンパン」とか訳の分からないバンド名を言いながら、何度も何度も「もいっかい、もいっかい」と聞いてました。
            で、私もノリノリで、サビに入る前に「4・3・2・1!」と「おかず」を入れては、振付をつけて甥っ子に踊らせていましたが。

            「空と海の彼方に
             永遠の命がある
             永遠の輝きに
             命の舵を取ろう…」

            70年代らしい、キーボードの音と、初期のユーミンに特徴的な、少しアンニュイな感じのメロディーライン。
            今は、体が思うようにならず、元気だけが売りだった私は、時として痛切な挫折感を味わうことがあるけれど、少しずつ、命の舵を取りながら頑張ろうと思います。

            ←いつもありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


                                      空と海の輝きに向けて → 


            JUGEMテーマ:音楽


            JUGEMテーマ:70年代・80年代


            0
              | 荒井由実 | 23:29 | comments(14) | trackbacks(0) |- pookmark
              ○●○  花紀行:荒井由実  ○●○
              コバルト・アワー福井も、いよいよ春めいてきました。
              昨日、今日と雨降りでしたが、やさしい雨。
              今日は、少し冷たい風が吹いて、昨日よりは寒い1日でした。
              ちんの部活の送り迎えで、車に乗った時、フロント・ガラスが黄砂で汚れていました。

              こうして、三寒四温を繰り返して、ゆっくりと、しかし着実に、季節がめぐって行きます。早い種の桜は、もう咲いているものもあるようです。
              福井のソメイヨシノの開花予想は、確か4月6日だったように思いますが、なんだかそれも、早くなったり。

              今日お届けする「花紀行」は、ユーミンの初期のアルバム「コバルト・アワー」に収録されています。このアルバムでは、なんといっても「卒業写真」が有名で、あとは、「航海日誌」とか、「少しだけ片想い」とか。
              「花紀行」は、それらに隠れた地味な曲ですが、日本人なら「花」といえば「桜」。
              「桜」と言う言葉は歌詞にはありませんが、肩に降り積もる花びらは、桜だとしか想像できません。

              花びらが、肩に降り積もるほど散った中を歩いてみたい。
              時折ハラハラと、という程度しか経験したことがない。
              なんだか、人生の大舞台の花道を歩くようで、きっと、素敵なんだろうな…。

              …今宵もあなたに素敵な夢が訪れますように。

              ←いつもありがとうございます。よろしければクリックお願いします。


                                               花紀行 → 


              JUGEMテーマ:音楽


              JUGEMテーマ:70年代・80年代


              0
                | 荒井由実 | 18:37 | comments(12) | trackbacks(0) |- pookmark